HOME > 古今和歌集 > 古今集・伊勢 月やあらぬ春や昔の春ならぬ 品詞分解と訳

古今集・伊勢 月やあらぬ春や昔の春ならぬ 品詞分解と訳

Sponsored Links
 今回は、「古今和歌集」と「伊勢物語 月やあらぬ」収録和歌の現代語訳(口語訳・意味)・品詞分解・語句文法解説・修辞法(表現技法)・おすすめ書籍などについて紹介します。


古今集・巻15・恋歌5・747 在原業平朝臣(在原業平) & 伊勢物語 第4段 「月やあらぬ(西の対)」


古今集 詞書

五条后宮の西の対に住みける人に、本意にはあらでものいひわたりけるを、むつきの十日あまりになむ、ほかへ隠れにける。あり所は聞きけれど、えものもいはで、又の年の春、梅の花さかりに、月のおもしろかりける夜、去年をこひて、かの西の対に行きて、月のかたぶくまで、あばらなる板敷にふせりてよめる

(五条の后の宮の西の対の屋に住んでいた人と、本来そのつもりはなかったけれど、情を通わせていたのだが、正月の十日過ぎに、他の所へ姿を隠してしまった。居場所は聞いたが、言葉を交わすことも出来ないでいて、次の年の春、梅の花が盛りで、月が明るく照っていた夜、去年のことを恋しく思って、あの西の対の屋へ行って、月が傾くまで、がらんとした荒れた板敷に横になって詠んだ歌。)


月やあらぬ春や昔の春ならぬわが身ひとつはもとの身にして


<平仮名>

つきやあらぬ はるやむかしの はるならぬ わがみひとつは もとのみにして


<現代語訳>

この月は、以前と同じ月ではないのか。春は去年の春と同じ春ではないのか。私一人だけが、昔のままであって、あたりのものはみな変わってしまった。

(女がいなくなったことによって、まわりのすべてが変わったように感じられる中で、自分だけが取り残されているという深い嘆きを表している。※下の解釈特記も参照のこと。)


<解釈特記>

初句の「月やあらぬ」は、「月や昔の月ならぬ」の意味で、「春や昔の春ならぬ」と対句的表現になっている。

「や」を反語と解釈して、「この月は、以前と同じ月ではないのか、いや、同じ月だ。春は去年の春と同じ春ではないのか、いや、同じ春だ。月も春も自分も昔と変わっていないのに、女の境遇は変わってしまって、もう会うことができない」と解釈する説もある。

疑問の解釈・・・変わらないもの=自分、変わったもの=月・春・女
反語の解釈・・・変わらないもの=月・春・自分、変わったもの=女

「や」の解釈の他に、「もとの身にして」以下の省略についても諸説あるため、古くから難解な歌と言われているようで、古今和歌集の撰者である紀貫之が、仮名序の六歌仙評の中で在原業平を批評して、

「その心あまりて、詞たらず。しぼめる花の、色なくて、匂ひのこれるがごとし。」
(その心が余るほどあるのに、それを表現する言葉が足りない。しぼんだ花の、色つやがなくて、匂いが残っているようなものだ。)

しかし、新古今の藤原俊成や藤原定家に再評価されて、新古今の歌風である「幽玄(いうげん・ゆうげん)=言外の深い余剰美」、「有心体(うしんてい)=妖艶で風雅な趣・余情・美」へと繋がって行ったのでしょうね。

※「しぼめる」や「のこれる」の品詞分解で悩んでしまう人は、「る」の識別の知識がないのでしょうから、下段にリンクを付けてある「古典文法の必須知識」を読んでね。
Sponsored Links
<品詞分解・語句文法解説>

月 :名詞

や :疑問の係助詞 ※反語とする説もある。

あら :動詞ラ行変格活用「あり」の未然形

ぬ :打消の助動詞「ず」の連体形

春 :名詞

や :疑問の係助詞 ※反語とする説もある。

昔 :名詞

の :格助詞

春 :名詞

なら :断定の助動詞「なり」の未然形

ぬ :打消の助動詞「ず」の連体形

わ :代名詞

が :格助詞

身 :名詞

ひとつ :名詞

は :係助詞

もと :名詞

の :格助詞

身 :名詞

に :断定の助動詞「なり」の連用形

して :接続助詞 ~の状態で。

Sponsored Links


<古典文法の基礎知識>

「古文」を苦手科目から得意科目にする古典文法の基礎知識です。

◇「現代仮名遣い」のルールについては、「現代仮名遣い・発音(読み方)の基礎知識」の記事をどうぞ。

◇「用言の活用と見分け」については、「用言(動詞・形容詞・形容動詞)の活用と見分け方」の記事をどうぞ。

◇「助動詞・助詞の意味」や「係り結び」・「準体法」などについては、「古典文法の必須知識」 の記事をどうぞ。

◇「助動詞の活用と接続」については、「助動詞の活用と接続の覚え方」の記事をどうぞ。

◇「音便」や「敬語(敬意の方向など)」については、 「音便・敬語の基礎知識」の記事をどうぞ。


<作者>

在原業平(ありわらのなりひら)
825年~880年。六歌仙、三十六歌仙の一人。平城(へいぜい)天皇の皇子である阿保(あぼ)親王の第五子、母は桓武天皇の皇女である伊都(いと)内親王。在原の姓を賜って皇族の身分を離れ臣籍に下る。在原行平の異母弟。容姿端麗、奔放でおおらかな性格であったといわれており、「伊勢物語」の主人公「昔男」のモデル。また、「源氏物語」の主人公「光源氏」のモデルとする説も一部にはある。蔵人・右馬頭などを経て蔵人頭・右近権中将・美濃権守に至る、従四位上。在五中将(在原家の五男の意味)、在中将と呼ばれた。朝臣(あそん)は、五位以上の人の姓名につける敬称。

《参考》 二条の后(にじょうのきさき)
842年~910年。藤原長良(ふじわらのながら)の娘で高子(たかいこ)。清和天皇の即位に伴う大嘗祭(859年)において、五節の舞姫を務め、清和天皇が東宮であった時に女御(866年)となり、貞明親王(後の陽成天皇)を生んで(869年)、中宮(877年)を経て皇太后(882年)となった。


<和歌の基礎知識>

◎和歌の文法、用語、和歌集、歌風などについては、「和歌の文法・用語の基礎知識」をどうぞ。

◎和歌の修辞法(表現技法)については、「和歌の修辞法(表現技法)の基礎知識」をどうぞ。


<修辞法(表現技法)・係り結び>

・句切れ :初句切れ、三句切れ

・係り結び :「や」→「ぬ」(初句)、「や」→「ぬ」(第二句~第三句)


<和歌索引>

◆ブログ内の和歌を探す時は、カテゴリーではなく下に示す各一覧を利用してね。

和歌:ブログ収録・歌別一覧
和歌:ブログ収録・作者別一覧
万葉集:ブログ収録和歌一覧
古今集:ブログ収録和歌一覧
新古今集:ブログ収録和歌一覧
小倉百人一首:歌番号順一覧
伊勢物語:ブログ収録和歌一覧
ヨルタモリ:日本古典文学講座:百人一首一覧


<古文や和歌の学習書と古語辞典>

古文や和歌を学ぶための学習書や古語辞典については、おすすめ書籍を紹介した下の各記事を見てね。
《古文・和歌の学習書の記事へ⇒》

《品詞分解付き対訳書の記事へ⇒》

《古語辞典の記事へ⇒》
Sponsored Links
◇関連記事 (前後の7記事を表示)
 その他の記事は、右サイドメニューの「カテゴリ」(和歌などは索引)からどうぞ。
 

Comment (コメント)

 (任意) 未入力時 = よみ人しらず
 (任意) 入力時もコメント欄には非表示
 (必須) 管理人承認後に表示
Private

コメント、失礼します。
いつも古文や漢文の勉強をするときに活用させていただいております。
ここのサイトは分かりやすくて好きです。ありがとうございます。
今、古典の予習で「月やあらぬ(伊勢物語)」をやっているのですが、ここのサイトで調べてみた結果、文全体がなく、和歌のみの解説しか掲載されていませんでした。
もしよろしければですが、他の古文の品詞分解や現代語訳のように、「月やあらぬ」の解説も載せていただけるとありがたいのですが…。
至急ですっ。よろしくお願いします。

桜さんへ

こんばんは。
当ブログをご覧いただき有難うございます。
ご要望の件ですが、現在出張中で多忙のため、すぐに対応することができません。
1週間程度の猶予をいただければ第四段「月やあらぬ」の全文解説をアップすることも可能なのですが、
至急ということですので申し訳ありませんが、ご容赦ください。
ごめんなさい。
Categories (カテゴリ)
Search This Blog (ブログ内検索)
Featured Posts (特集・古典の基礎知識)
◆ 古典を得意科目にする記事
My Recommended Books (おすすめ書籍)
◆ 辞書と学習書の記事
Popular Posts (人気記事)
All Posts (すべての記事)
This and That (あれこれ)
  • ブログ記事に誤字や記述間違い等がある場合は、コメント欄から教えてください。
  • このブログのリンクはご自由にどうぞ。
    その際に連絡の必要はありません。
  • 古典作品の解説や和歌の鑑賞文などを目的とした中学生の読者さんもいるようですね。

    このブログの古典文法などは、詳しい文法的説明を求める高校生以上の読者を想定して書いています。一般の中学生には必要のない知識なので、わからなくても気にしないでね。
About This Blog (このブログについて)

んば

Author:んば
Since May 9,2014


くらすらん
暮らす欄くらすらむClass Run

この絵は私のお気に入りで
アンリ・ルソー『眠るジプシーの女』