HOME > 新古今和歌集 > 新古今集 春の夜の夢の浮橋とだえして 品詞分解と訳

新古今集 春の夜の夢の浮橋とだえして 品詞分解と訳

Sponsored Links
 今回は、「新古今和歌集」収録和歌の現代語訳(口語訳・意味)・品詞分解・語句文法解説・修辞法(表現技法)・おすすめ書籍などについて紹介します。


新古今集・巻1・春歌上・38 藤原定家朝臣(藤原定家:ふじわらのさだいえ・ていか)
※朝臣(あそん)は、五位以上の人の姓名につける敬称。

守覚法親王、五十首歌よませ侍りけるに
(守覚法親王(後白河天皇の皇子)が、五十首の歌を詠ませました中に)


春の夜の夢の浮橋とだえして峰にわかるる横雲の空


<平仮名>

はるのよの ゆめのうきはし とだえして みねにわかるる よこぐものそら


<現代語訳>

浮橋のようにはかない春の夜の夢がふと途切れて、目にするのは、峰のあたりから横にたなびく雲が離れてゆく曙の空よ。

(上の句は、恋に思い悩む短い春の夜の浅い眠りの中で、はかなく途切れた夢、それに加えて、悲恋に終わる源氏物語の最終巻「夢の浮橋」も連想され、はかない恋の物語的な趣を感じさせる。
下の句では、枕草子「春はあけぼの」をも連想させ、春の明け方の空の美しい様子が浮かんでくる。
また、下の句は本歌の序詞の表現を生かしているので、離れてゆく雲(人)により、下の句でも、はかなさを感じ取ることができる。
単に、上の句の心情と下の句の自然美(情前景後)というだけではなく、全体が複雑に融合した重層的かつ幻想的な歌であり、新古今集の歌風である《幽玄(いうげん・ゆうげん)=言外の深い余剰美》、《有心体(うしんてい)=妖艶で風雅な趣・余情・美》を感じさせる、まさに新古今集を代表する歌ですね。)


<作者>

藤原定家(ふじわらのさだいえ・ていか)
1162年~1241年。藤原俊成の子。権中納言正二位。中世歌壇の第一人者。新古今集、新勅撰集の撰者。新古今時代の代表的歌人で、俊成の「幽玄(ゆうげん)」をさらにおし進めた「有心(うしん)」を唱え、華麗な歌風を創出した。歌論書に「近代秀歌」「毎月抄」、秀歌撰に「小倉百人一首」、物語に「松浦宮物語」、日記に「明月記」など。京極中納言とも呼ばれる。


<古典文法の基礎知識>

「古文」を苦手科目から得意科目にする古典文法の基礎知識です。

◇「現代仮名遣い」のルールについては、「現代仮名遣い・発音(読み方)の基礎知識」の記事をどうぞ。

◇「用言の活用と見分け」については、「用言(動詞・形容詞・形容動詞)の活用と見分け方」の記事をどうぞ。

◇「助動詞・助詞の意味」や「係り結び」・「準体法」などについては、「古典文法の必須知識」 の記事をどうぞ。

◇「助動詞の活用と接続」については、「助動詞の活用と接続の覚え方」の記事をどうぞ。

◇「音便」や「敬語(敬意の方向など)」については、 「音便・敬語の基礎知識」の記事をどうぞ。
Sponsored Links
<品詞分解・語句文法解説>

春 :名詞

の :格助詞

夜 :名詞 
※「春の夜」は、秋の夜長との対比で、短い夜を表す。(※恋に悩んでいるので眠りも浅い。)

の :格助詞

夢 :名詞

の :格助詞

浮橋 :名詞 水上に船や筏を並べて板を渡した仮の橋。

※「夢の浮橋」 :夢の中の通い路。はかない夢。
源氏物語の最終巻と同名であることから、もうすぐ終わる悲恋も連想させる。
※「春の夜の夢」も、「はかないもの」のたとえ。平家物語の祇園精舎でも有名なフレーズ。

とだえし :動詞サ行変格活用「とだえす」の連用形 
※「とだえ」(名詞)+す「サ変」の複合動詞
※「夢が途切れる」・「橋が途切れる」・「男女の仲が途切れる」の意味。

て :接続助詞

峰 :名詞

に :格助詞

わかるる :動詞ラ行下二段活用「わかる」の連体形
※雲を擬人化して「わかるる」としている(男女の別れ)。

横雲 :名詞 明け方の東の空に横にたなびく雲。
※下の句の「峰にわかるる横雲の空」は、雲が夜は山間に宿り、夜明けとともに峰から離れる様子だけではなく、本歌の序詞からの本歌取りでもあるので、上の句と同様に「はかなさ」をも表現したもの。

の :格助詞

空 :名詞

Sponsored Links


<和歌の基礎知識>

◎和歌の文法、用語、和歌集、歌風などについては、「和歌の文法・用語の基礎知識」をどうぞ。

◎和歌の修辞法(表現技法)については、「和歌の修辞法(表現技法)の基礎知識」をどうぞ。


<修辞法(表現技法)>

・体言止め :空

・縁語 :「とだえ」が、「橋」の縁語

・擬人法 :雲

・本歌取り :古今集・壬生忠岑の歌を本歌とする本歌取り


■本歌

古今集・巻12・恋歌2・601 壬生忠岑(みぶのただみね)

題しらず

※この歌は、別の記事で詳しく紹介していますので、歌につけているリンクから参照してください。

風吹けば峰にわかるる白雲のたえてつれなき君が心か


<現代語訳>

風が吹くと峰のところで別れていく白雲のように、すっかり途絶えてしまって、つれないあなたの心であるよ。


<私の一言>

定家の歌のように新古今集の和歌は、難解であることや本歌取りなどの関連項目が多くて面倒臭いので、小倉百人一首に収録されている歌以外は積極的に取り上げてこなかったのですが、このブログのラインナップとしては必要不可欠なので頑張ってみました。


<和歌索引>

◆ブログ内の和歌を探す時は、カテゴリーではなく下に示す各一覧を利用してね。

和歌:ブログ収録・歌別一覧
和歌:ブログ収録・作者別一覧
万葉集:ブログ収録和歌一覧
古今集:ブログ収録和歌一覧
新古今集:ブログ収録和歌一覧
小倉百人一首:歌番号順一覧
伊勢物語:ブログ収録和歌一覧
ヨルタモリ:日本古典文学講座:百人一首一覧


<古文や和歌の学習書と古語辞典>

古文や和歌を学ぶための学習書や古語辞典については、おすすめ書籍を紹介した下の各記事を見てね。
《古文・和歌の学習書の記事へ⇒》

《品詞分解付き対訳書の記事へ⇒》

《古語辞典の記事へ⇒》
Sponsored Links
◇関連記事 (前後の7記事を表示)
 その他の記事は、右サイドメニューの「カテゴリ」(和歌などは索引)からどうぞ。
 

Comment (コメント)

 (任意) 未入力時 = よみ人しらず
 (任意) 入力時もコメント欄には非表示
 (必須) 管理人承認後に表示
Private

Categories (カテゴリ)
Search This Blog (ブログ内検索)
Featured Posts (特集・古典の基礎知識)
◆ 古典を得意科目にする記事
My Recommended Books (おすすめ書籍)
◆ 辞書と学習書の記事
Popular Posts (人気記事)
All Posts (すべての記事)
This and That (あれこれ)
  • ブログ記事に誤字や記述間違い等がある場合は、コメント欄から教えてください。
  • このブログのリンクはご自由にどうぞ。
    その際に連絡の必要はありません。
  • 古典作品の解説や和歌の鑑賞文などを目的とした中学生の読者さんもいるようですね。

    このブログの古典文法などは、詳しい文法的説明を求める高校生以上の読者を想定して書いています。一般の中学生には必要のない知識なので、わからなくても気にしないでね。
About This Blog (このブログについて)

んば

Author:んば
Since May 9,2014


くらすらん
暮らす欄くらすらむClass Run

この絵は私のお気に入りで
アンリ・ルソー『眠るジプシーの女』