HOME > 枕草子 > 枕草子(151段) うつくしきもの 品詞分解と現代語訳

枕草子(151段) うつくしきもの 品詞分解と現代語訳

Sponsored Links
 今回は、「枕草子 うつくしきもの」の原文・現代語訳(口語訳)・品詞分解(文法的説明)・語句の意味・文法解説・鑑賞・おすすめ書籍などについて紹介します。


 「枕草子(まくらのそうし) うつくしきもの 151段(全146段)(能155段)」(清少納言)

 ※枕草子は伝本・注釈書によって章段の区切り方が違うことを常識として知っておいて下さい。
   代表的な「日本古典文学大系」の他に「日本古典全書 枕冊子」「能因本」の段数もカッコ内に示す。
   枕草子は作品名や冒頭の文章で検索しましょうね。段数で検索をすると損をしますよ。


<原文>

◇全文の「現代仮名遣い・発音・読み方(ひらがな)」は下記の別サイトからどうぞ。
《⇒現代仮名遣いサイトへ行く》

 うつくしきもの 瓜にかきたるちごの顔(かほ)。雀の子の、ねず鳴きするにをどり来る。二つ三つばかりなるちごの、急ぎてはひ来る道に、いと小さき(ちひさき)塵のありけるを目ざとに見つけて、いとをかしげなる指(および)にとらへて、大人などに見せたる、いとうつくし。頭(かしら)は尼そぎなるちごの、目に髪のおほへるをかきはやらで、うちかたぶきて物など見たるも、うつくし。

 大きに(おほきに)はあらぬ殿上童(てんじやうわらは)の、装束きたて(さうぞきたて)られてありくもうつくし。をかしげなるちごの、あからさまに抱きて遊ばしうつくしむほどに、かいつきて寝たる、いとらうたし。

 雛(ひひな)の調度(てうど)。蓮(はちす)の浮き葉のいと小さきを、池よりとりあげたる。葵(あふひ)のいと小さき。なにもなにも、小さきものはみなうつくし。

 いみじう白く肥えたるちごの二つばかりなるが、二藍(ふたあゐ)の薄物(うすもの)など、衣長に(きぬながに)てたすき結ひ(ゆひ)たるがはひ出で(はひいで)たるも、また、短きが袖がちなる着てありくも、みなうつくし。八つ、九つ、十ばかりなどの男児(をのこご)の、声(こゑ)はをさなげにて書(ふみ)読みたる、いとうつくし。

 にはとりのひなの、足高(あしだか)に、白うをかしげに衣(きぬ)みじかなるさまして、ひよひよとかしがましう鳴きて、人のしりさきに立ちてありくもをかし。また親の、ともにつれて立ちて走るも、みなうつくし。かりのこ。瑠璃の壺(るりのつぼ)。
 

<現代語訳>

 かわいらしいもの(と言えば)、瓜にかいてある幼児の顔。雀の子が、(人が)ねずみの鳴き声のまねをすると(ぴょんぴょん)飛び跳ねて(近寄って)来るの(がかわいらしい)。二、三歳ほどである幼児が、急いではって来る途中に、とても小さいごみがあったのを目ざとく見つけて、とてもかわいらしい指でつまんで、大人などに見せたのは、じつにかわいらしい。頭はおかっぱである幼児が、目に髪がかぶさっているのを、かきのけもせずに、首をかしげて物などを見ているのも、かわいらしい。

 大きくはない殿上童が、きれいに着飾らせられて歩きまわるのもかわいらしい。かわいらしい幼児が、ちょっと抱いて遊ばしかわいがる間に、抱きついて寝てしまったのは、たいそうかわいらしい。

 人形遊びの道具。蓮の浮き葉でごく小さいのを、池から取り上げたの。葵でごく小さいの。なにもかも小さいものは皆かわいらしい。
 
 とても色が白く、太っている幼児で二歳くらいなのが、二藍の薄物など、着物の丈が長くてたすきを掛けているのが這い出てきたのも、また(逆に)、丈が短い着物で、袖ばかりが目立つのを着て歩きまわるのも、皆かわいらしい。八歳、九歳、十歳ぐらいなどの男の子が、声は子供っぽいのに漢籍を朗読しているのは、たいそうかわいらしい。

 鶏のひなが、足だけが長い感じで、白くかわいらしい様子で、着物を短く着たような姿をして、ぴよぴよとやかましく鳴いて、人の後や前に立って歩きまわるのも愛らしい。また親鳥が、一緒に連れて立って走るのも、皆かわいらしい。かるがもの卵。瑠璃の壺(もかわいらしい)。
Sponsored Links
<品詞分解(文法的説明=文法解釈)>

◇主要な品詞を色別表示にした見やすい品詞分解を別サイトに作成しました。
《⇒品詞色別表示の品詞分解サイトへ行く》

 ※活用の基本形を、ひらがなで示した。動詞は、品詞名を省略した。
 
 うつくしきもの 瓜にかきたるちごの顔。雀の子の、ねず鳴きするにをどり来る。
 うつくしき【形容詞・シク活用「うつくし」の連体形】 もの【名詞】。  瓜【名詞】 に【格助詞】 かき【カ行四段活用「かく」の連用形】 たる【存続の助動詞「たり」の連体形】 ちご【名詞】 の【格助詞】 顔【名詞】。 すずめ【名詞】 の【格助詞】 子【名詞】 の【格助詞】、 ねず鳴き【名詞】 する【サ行変格活用「す」の連体形】 に【接続助詞】 をどり来る【カ行変格活用「をどりく」の連体形】。  

二つ三つばかりなるちごの、急ぎてはひ来る道に、いと小さき塵のありけるを目ざとに見つけて、
二つ【名詞】 三つ【名詞】 ばかり【副助詞】 なる【断定の助動詞「なり」の連体形】 ちご【名詞】 の【格助詞】、 急ぎ【ガ行四段活用「いそぐ」の連用形】 て【接続助詞】 はひ来る【カ行変格活用「はひく」の連体形】 道【名詞】 に【格助詞】、 いと【副詞】 小さき【形容詞・ク活用「ちひさし」の連体形】 塵【名詞】 の【格助詞】 あり【ラ行変格活用「あり」の連用形】 ける【過去の助動詞「けり」の連体形】 を【格助詞】 目ざとに【形容動詞・ナリ活用「めざとなり」の連用形】 見つけ【カ行下二段活用「みつく」の連用形】 て【接続助詞】、

いとをかしげなる指にとらへて、大人などに見せたる、いとうつくし。
いと【副詞】 をかしげなる【形容動詞・ナリ活用「をかしげなり」の連体形】 指【名詞】 に【格助詞】 とらへ【ハ行下二段活用「とらふ」の連用形】 て【接続助詞】、 大人【名詞】 など【副助詞】 に【格助詞】 見せ【サ行下二段活用「みす」の連用形】 たる【存続の助動詞「たり」連体形】、 いと【副詞】 うつくし【形容詞・シク活用「うつくし」の終止形】。

頭は尼そぎなるちごの、目に髪のおほへるをかきはやらで、
頭【名詞】 は【係助詞】 尼そぎ【名詞】 なる【断定の助動詞「なり」の連体形】 ちご【名詞】 の【格助詞】、 目【名詞】 に【格助詞】 髪【名詞】 の【格助詞】 おほへ【ハ行四段活用「おほふ」の已然形】 る【存続の助動詞「り」の連体形】 を【格助詞】 かき【カ行四段活用「かく」の連用形】 は【係助詞】 やら【ラ行四段活用「やる」の未然形】 で【接続助詞】、 

うちかたぶきて物など見たるも、うつくし。
うちかたぶき【カ行四段活用「うちかたぶく」の連用形】 て【接続助詞】 もの【名詞】 など【副助詞】 見【マ行上一段活用「みる」の連用形】 たる【存続の助動詞「たり」の連体形】 も【係助詞】、 うつくし【形容詞・シク活用「うつくし」の終止形】。

 大きにはあらぬ殿上童の、装束きたてられてありくもうつくし。
 大きに【形容動詞・ナリ活用「おほきなり」の連用形】 は【係助詞】 あら【ラ行変格活用「あり」の未然形】 ぬ【打消の助動詞「ず」の連体形】 殿上童【名詞】 の【格助詞】、 装束きたて【タ行下二段活用「さうぞきたつ」の未然形】 られ【受身の助動詞「らる」の連用形】 て【接続助詞】 ありく【カ行四段活用「ありく」の連体形】 も【係助詞】 うつくし【形容詞・シク活用「うつくし」の終止形】。

をかしげなるちごの、あからさまに抱きて遊ばしうつくしむほどに、
をかしげなる【形容動詞・ナリ活用「をかしげなる」連体形】 ちご【名詞】 の【格助詞】、 あからさまに【形容動詞・ナリ活用「あからさまなり」の連用形】 抱き【カ行四段活用「いだく」の連用形】 て【接続助詞】 遊ばし【サ行四段活用「あそばす」の連用形】 うつくしむ【マ行四段活用「うつくしむ」の連体形】 ほど【名詞】 に【格助詞】、 

かいつきて寝たる、いとらうたし。
かいつき【カ行四段活用「かいつく」の連用形】 て【接続助詞】 寝【ナ行下二段活用「ぬ」の連用形】 たる【完了の助動詞「たり」の連体形】、 いと【副詞】 らうたし【形容詞・ク活用「らうたし」の終止形】。

Sponsored Links

 
 雛の調度。蓮の浮き葉のいと小さきを、池よりとりあげたる。
 雛【名詞】 の【格助詞】 調度【名詞】。  蓮【名詞】 の【格助詞】 浮き葉【名詞】 の【格助詞】 いと【副詞】 小さき【形容詞・ク活用「ちひさし」の連体形】 を【格助詞】、 池【名詞】 より【格助詞】 とりあげ【ガ行下二段活用「とりあぐ」の連用形】 たる【完了の助動詞「たり」の連体形】。

葵のいと小さき。なにもなにも、小さきものはみなうつくし。
葵【名詞】 の【格助詞】 いと【副詞】 小さき【形容詞・ク活用「ちひさし」の連体形】。 なに【代名詞】 も【係助詞】 なに【代名詞】 も【係助詞】、 小さき【形容詞・ク活用「ちひさし」の連体形】 もの【名詞】 は【係助詞】 みな【名詞】 うつくし【形容詞・シク活用「うつくし」の終止形】。
 
 いみじう白く肥えたるちごの二つばかりなるが、二藍の薄物など、
 いみじう【形容詞・シク活用「いみじ」の連用形:「いみじく」のウ音便】 白く【形容詞・ク活用「しろし」の連用形】 肥え【ヤ行下二段活用「こゆ」の連用形】 たる【存続の助動詞「たり」の連体形】 ちご【名詞】 の【格助詞】 二つ【名詞】 ばかり【副助詞】 なる【断定の助動詞「なり」の連体形】 が【格助詞】、 二藍【名詞】 の【格助詞】 薄物【名詞】 など【副助詞】、

衣長にてたすき結ひたるがはひ出でたるも、
衣長に【形容動詞・ナリ活用「きぬながなり」の連用形】 て【接続助詞】 たすき【名詞】 結ひ【ハ行四段活用「ゆふ」の連用形】 たる【存続の助動詞「たり」の連体形】 が【格助詞】 はひ出で【ダ行下二段活用「はひいづ」の連用形】 たる【完了の助動詞「たり」の連体形】 も【係助詞】、 

また、短きが袖がちなる着てありくも、みなうつくし。
また【接続詞】 短き【形容詞・ク活用「みじかし」の連体形】 が【格助詞】 袖がちなる【形容動詞・ナリ活用「そでがちなり」の連体形】 着【カ行上一段活用「きる」の連用形】 て【接続助詞】 ありく【カ行四段活用「ありく」の連体形】 も【係助詞】 みな【名詞】 うつくし【形容詞・シク活用「うつくし」の終止形】。

八つ、九つ、十ばかりなどの男児の、声はをさなげにて書読みたる、いとうつくし。
八つ【名詞】、 九つ【名詞】、 十【名詞】 ばかり【副助詞】 など【副助詞】 の【格助詞】 男児【名詞】 の【格助詞】、 声【名詞】 は【係助詞】 をさなげに【形容動詞・ナリ活用「をさなげなり」の連用形】 て【接続助詞】 書【名詞】 読み【マ行四段活用「よむ」の連用形】 たる【存続の助動詞「たり」の連体形】、 いと【副詞】 うつくし【形容詞・シク活用「うつくし」の終止形】。

 にはとりのひなの、足高に、白うをかしげに衣みじかなるさまして、
 にはとり【名詞】 の【格助詞】 ひな【名詞】 の【格助詞】 足高に【形容動詞・ナリ活用「あしだかなり」の連用形】、 白う【形容詞・ク活用「しろし」の連用形:「白く」のウ音便】 をかしげに【形容動詞・ナリ活用「をかしげなり」の連用形】、 衣【名詞】 みじかなる【形容動詞・ナリ活用「みじかなり」の連体形】 さま【名詞】 し【サ行変格活用「す」の連用形】 て【接続助詞】、

ひよひよとかしがましう鳴きて、人のしりさきに立ちてありくもをかし。
ひよひよと【副詞】 かしがましう【形容詞・シク活用「かしがまし」の連用形:「かしがましく」のウ音便】 鳴き【カ行四段活用「なく」の連用形】 て【接続助詞】、 人【名詞】 の【格助詞】 しりさき【名詞】 に【格助詞】 立ち【タ行四段活用「たつ」の連用形】 て【接続助詞】 ありく【カ行四段活用「ありく」の連体形】 も【係助詞】 をかし【形容詞・シク活用「をかし」の終止形】。

また親の、ともにつれて立ちて走るも、みなうつくし。かりのこ。瑠璃の壺。
また【接続詞】 親【名詞】 の【格助詞】、 ともに【副詞(連語)】 連れ【ラ行下二段活用「つる」の連用形】 て【接続助詞】 立ち【タ行四段活用「たつ」の連用形】 て【接続助詞】 走る【ラ行四段活用「はしる」の連体形】 も【係助詞】、 みな【名詞】 うつくし【形容詞・シク活用「うつくし」の終止形】。 かり【名詞】 の【格助詞】 こ【名詞】。 瑠璃【名詞】 の【格助詞】 壺【名詞】。
※ともに【副詞】または【とも(名詞)+に(格助詞)の連語】

Sponsored Links


<古典文法の基礎知識>

「古文」を苦手科目から得意科目にする古典文法の基礎知識です。

◆「現代仮名遣い」のルールについては、「現代仮名遣い・発音(読み方)の基礎知識」の記事をどうぞ。

◆「用言の活用と見分け」については、「用言(動詞・形容詞・形容動詞)の活用と見分け方」の記事をどうぞ。

◆「助動詞・助詞の意味」や「係り結び」・「準体法」などについては、「古典文法の必須知識」 の記事をどうぞ。

◆「助動詞の活用と接続」については、「助動詞の活用と接続の覚え方」の記事をどうぞ。

◆「音便」や「敬語(敬意の方向など)」については、 「音便・敬語の基礎知識」の記事をどうぞ。


<語句・文法解説>

■準体法、完了・存続の助動詞「たり」など主な助動詞の意味については、上にリンクを付けてある「古典文法の必須知識」を読んでね。

うつくしき :(小さい、幼いものに愛着を感じて)かわいらしい。

ちご(児) :乳児、幼児。 枕草子では四歳までをいう。 

「瓜にかきたるちごの顔。」 :余情感を表す「体言止め」。

ねず鳴き :ネズミの鳴き声のまねをすること。

をどり来る(踊り来る) :(ぴょんぴょん)飛び跳ねて(近寄って)来る。

◆「雀の子、~をどり来る。」
「子の」の「の」が主格の格助詞なので、主格の格助詞「が」「の」が用いられて文が終始する場合は、それに呼応して述語は連体形「をどり来る」となり余情・詠嘆を表す。「連体形止め」の一形態。
※「来る」は準体法なので、あとに「様子」や体言の代用をする準体格の格助詞「の」などを補う。
また、さらに、「うつくし」を補って解釈するのが一般的。
「春はあけぼの」の「紫だちたる雲の細くたなびきたる。」と同じパターン。

いと :たいそう。非常に。

目ざとに :目ざとく。

をかしげなる :愛らしい様子。かわいらしい様子。
※げなり :形容詞の語幹などに付いて形容動詞化する接尾語 ~のように見える。~のようである。
※後の文章で出て来る「をさなげに」も同じ。

尼そぎ :おかっぱ。

かきはやらで :かきのけもせずに。 「で」=打消の接続助詞 ~ないで。~ずに。
※動詞「掻き遣る(かきやる)=かきのける。払いのける。」の間に係助詞「は」が入り込んだもの。

◆無理に訳出しなくてもよい主な接頭語 :「うち」、「たち」、「かき」、「さし」
うちかたぶき :(ちょっと)首をかしげる
※うち :接頭語:①語調を整える語②ほんの少し


殿上童 :公卿の子で、元服前に清涼殿の殿上の間に作法見習いのために出仕する少年。

装束きたて :他動詞:きれいに着飾らせる。
※「装束く(さうぞく)」カ行四段(着飾る。)+「立つ」補助動詞:タ行下二段(特に~する。)

ありく :歩きまわる。

あからさまに :ほんのちょっと。

遊ばし :ここでは尊敬語ではなく、単に「遊ばせる」の意味。

うつくしむ :かわいがる。

かいつき :しがみつく。抱きつく。
※「かきつき」のイ音便。

らうたし :(弱々しく無力なものをいたわる気持ち)かわいらしい。いとしい。

雛 :紙や木で作った小さな人形。
調度 :人形に合わせて小さく作った鏡台、几帳などの道具。
雛の調度 :人形遊びの道具。

◆「蓮の浮き葉いと小さきを」
「浮き葉の」の「の」 :同格の格助詞 ~で。
「蓮の浮き葉のいと小さき(浮き葉)を」(蓮の浮き葉で、ごく小さいのを)
「小さき」のあとは「浮き葉を」と訳すとクドイので体言の代用をする準体格の格助詞「の」で代用。
◇ただし、試験のときは、「蓮の浮き葉、ごく小さい浮き葉を」とクドク訳して、私は同格の格助詞を知ってますよぉってアピールしてね。
次の文章、「葵のいと小さき。」の「の」も同格の格助詞で、「葵のいと小さき(葵)。」のこと。

いみじう :並々でない。非常に。 ※「いみじく」のウ音便 (他に、「かしがましう」、「白う」もウ音便)。
◇「いみじう」の現代仮名遣いは・・・OK? 分からない人は上のリンクからルールを勉強してね。

◆「肥えたるちご二つばかりなるが」の「の」 :同格の格助詞 ~で。
※「肥えたるちごの二つばかりなる(ちご)が」(太っている幼児で、二歳くらいなのが)

二藍 :紅色がかった紫色。夏秋に用いる。

薄物 :薄い絹織物。羅、紗、絽のたぐい。夏に用いる。

衣長に :着物の丈の長い状態で。

袖がちなる :袖ばかりが目立つようになる。
※がちなり :接尾語:~することが多い。目立つようになる。

◆「短き袖がちなる着て」の「が」 :同格の格助詞 ~で。
※「短き(衣)が袖がちなる(衣)着て」(丈が短い着物で、袖ばかり目立つのを着て)
※「短き」は準体法なので、この場合は「衣」などを補う。

■同格の格助詞「の」と「が」の違い
◇同格の格助詞「の」の前は「体言」、同格の格助詞「が」の前は「連体形(準体法)」であるのが違い。

をさなげに :子供っぽい。幼く見える。

書(ふみ) :中国の書物。漢籍。

足高に :足が長い感じに見える。 ※ひなは、身体に比べて足が長く見えるということ。

ひよひよと :ぴよぴよと(擬声語)。
※半濁点は江戸時代初期から用いられた。

かしがましう :やかましい。うるさい。 ※「かしがましく」のウ音便。
※古くは「かしかまし」と清音で、室町以降に濁音となる。

しりさき :後ろや前。

かりのこ :かるがもの卵。水鳥の卵。
※諸説あるが、雁が日本で繁殖することは、まれだったと言われている。

瑠璃の壺 :青いガラスの壷。
瑠璃は仏教の七宝(しっぽう)の一つで、青色の宝石。または、ガラスの古称。


<作者>

清少納言(「現」せいしょうなごん・「歴」せいせうなごん)
966年頃~1020年代頃。平安時代中期の歌人・随筆文学作者。枕草子は随筆文学の傑作。父は清原元輔、曾祖父は清原深養父。清少納言は女房名で姓の「清」と家格を表す「少納言」に由来するといわれる。橘則光と結婚し則長を生むが離婚。993年頃から一条天皇の中宮定子に仕えた。和漢の才能に優れ、約10歳年下の定子に愛されたが、定子の父である関白藤原道隆の死とともに権力は道長に移り、定子は24歳の若さで悲運の死を遂げる。定子の死後は宮仕えを辞し、藤原棟世と再婚したというが、晩年は不遇であったともいわれている。


<枕草子の文学ジャンル・内容分類>

「枕草子」(平安時代中期)の文学ジャンル=「随筆」(日本最古の随筆)。
「方丈記」(鎌倉時代初期)、「徒然草」(鎌倉時代末期)とともに日本三大随筆のひとつ。
「をかし」の文学(枕草子) ⇔ 「あはれ」の文学(源氏物語)

枕草子の内容は、大きく分類すると3つの章段から構成されている。

「類聚的章段」 :類聚(るいじゅ・るいじゅう)=同じ種類の事柄を集めること。
「随想的章段」 :四季折々の自然や人事などを観察。
「日記的章段」 :中宮定子周辺の宮廷生活の様子を回想。「回想的章段」ともいう。

類聚的章段は、「ものづくし」または「ものはづくし」ともいわれ、さらに「もの型」の章段と「は型」の章段に分類できる。

「もの型」の章段 :「うつくしきもの」、「すさまじきもの」、「にくきもの」など
「は型」の章段 :「木の花は」、「鳥は」、「虫は」など

「随想的章段」 :「春はあけぼの」、「九月ばかり」など
※「春はあけぼの」は、趣のあるものを集めた類聚的章段とも言える。

「日記的章段」 :「中納言参りたまひて」、「雪のいと高う降りたるを」など


<鑑賞・私の一言>

「何も何も、小さきものはみなうつくし」が主題。

体言止め、連体形止めを多用して、「うくしきもの」を列挙しているんですね。

予想テスト問題は、気分が乗ったらいずれ追記します。


<このブログに収録済みの品詞分解作品>

 品詞分解:ブログ収録作品一覧


<古文の学習書と古語辞典>

 古文を学ぶための学習書や古語辞典については、おすすめ書籍を紹介した下の各記事を見てね。
 《⇒古文学習書の記事へ》 

 《⇒品詞分解付き対訳書の記事へ》 

 《⇒古語辞典の記事へ》
Sponsored Links
◇関連記事 (前後の7記事を表示)
 その他の記事は、右サイドメニューの「カテゴリ」(和歌などは索引)からどうぞ。
 

Comment (コメント)

 (任意) 未入力時 = よみ人しらず
 (任意) 入力時もコメント欄には非表示
 (必須) 管理人承認後に表示
Private

Categories (カテゴリ)
Search This Blog (ブログ内検索)
Featured Posts (特集・古典の基礎知識)
◆ 古典を得意科目にする記事
My Recommended Books (おすすめ書籍)
◆ 辞書と学習書の記事
Popular Posts (人気記事)
All Posts (すべての記事)
This and That (あれこれ)
  • ブログ記事に誤字や記述間違い等がある場合は、コメント欄から教えてください。
  • このブログのリンクはご自由にどうぞ。
    その際に連絡の必要はありません。
  • 古典作品の解説や和歌の鑑賞文などを目的とした中学生の読者さんもいるようですね。

    このブログの古典文法などは、詳しい文法的説明を求める高校生以上の読者を想定して書いています。一般の中学生には必要のない知識なので、わからなくても気にしないでね。
About This Blog (このブログについて)

んば

Author:んば
Since May 9,2014


くらすらん
暮らす欄くらすらむClass Run

この絵は私のお気に入りで
アンリ・ルソー『眠るジプシーの女』