HOME > 小倉百人一首 > 百人一首(25) 名にし負はば逢坂山のさねかづら 品詞分解と訳

百人一首(25) 名にし負はば逢坂山のさねかづら 品詞分解と訳

Sponsored Links
 今回は、「小倉百人一首」収録和歌(歌番号 25番)の現代語訳(口語訳・意味)・品詞分解・語句文法解説・修辞法(表現技法)・作者・出典・英訳・MP3音声・おすすめ書籍などについて紹介します。


小倉百人一首 歌番号(25) 三条右大臣(藤原定方)
  
  
名にし負はば逢坂山のさねかづら 人に知られでくるよしもがな


<平仮名> (歴史的仮名遣い)

なにしおはば あふさかやまの さねがづら ひとにしられで くるよしもがな


<読み(発音)>

ナニシオワバ オーサカヤマノ サネカズラ ヒトニシラレデ クルヨシモガナ


<音声> ※音声はDownloadして自由に使って下さい。

百人一首025.mp3
(クリックすると、ちょっと音痴なカワイイ棒読みちゃんが歌を読んでくれます。)


<現代語訳>

逢坂山のさねかづらが逢って共寝をするという名を持っているのなら、そのさねかづらを手繰り寄せるように、人に知られないで、あなたのもとへ来る方法があればよいのになあ。

(サネカヅラとともに女性に贈った歌)


<英訳>

If your name is true,
Trailing vine of "Meeting Hill,"
Isn't there some way,
Hidden from people's gaze,
That you can draw her to my side?
  
『University of Virginia Library Japanese Text Initiative, Ogura Hyakunin Isshu 100 Poems by 100 Poets 』 より英訳を引用


<出典>

後撰集・巻11・恋歌3・701 「女のもとにつかはしける・三条右大臣」


<作者>

藤原定方(ふじわらのさだかた)
873年~932年。平安前期の廷臣、歌人。藤原高藤の子。朝忠の父。邸宅が三条にあったので、三条右大臣とも称される。管弦の道にも長じ従弟の兼輔とともに歌人たちの庇護者としての役割を果たした。右大臣従二位。
Sponsored Links
<品詞分解・語句文法解説>

名 :名詞

に :格助詞

し :強意の副助詞 ※強意の副助詞「し」は、無理に訳出しなくてもOK。

負は(おは) :動詞ハ行四段活用「負ふ」の未然形

ば :順接仮定条件の接続助詞  ※「名にし負はば」は、下の文法特記を参照

逢坂山(あふさかやま) :歌枕
近江国(滋賀県)と山城国(京都府)との境界付近にある山。逢坂の関がある。
            
の :格助詞

さねかづら :名詞 モクレン科のつる性の常緑低木。今のビンナンカヅラ。

人 :名詞

に :格助詞

知ら :動詞ラ行四段活用「知る」の未然形

れ :受身の助動詞「る」の未然形

で :打消の接続助詞 ~ないで。

くる :動詞カ行変格活用「来(く)」の連体形 (行くの意味) / 動詞ラ行四段活用「繰る」の連体形

よし :名詞 方法

もがな :願望の終助詞 ~あったらなあ。

Sponsored Links


<文法特記>

『 名にし負はば 』
名にし負は :名(名詞)+に(格助詞)+し(強意の副助詞)+負は(ハ行四段「負ふ」の未然形)
         「名に負ふ」は、名として持っている。
         ※強意の副助詞「し」は、無理に訳出しなくてもOK。
※強意の副助詞「し」~接続助詞「ば」=「AしBば構文」(「し」が強意の副助詞であることを識別できる形)

※この他の「AしBば構文」の和歌としては、「唐衣きつつなれにし~」「年ふればよはひは老いぬ~」「名にし負はばいざ言問はむ~」などなど。

※この構文の接続助詞「ば」の意味については、文脈に応じて4つの意味の中から選択する。

※接続助詞「ば」については、下にリンクを付けてある「古典文法の必須知識」を読んでね。


<古典文法の基礎知識>

「古文」を苦手科目から得意科目にする古典文法の基礎知識です。

◇「現代仮名遣い」のルールについては、「現代仮名遣い・発音(読み方)の基礎知識」の記事をどうぞ。

◇「用言の活用と見分け」については、「用言(動詞・形容詞・形容動詞)の活用と見分け方」の記事をどうぞ。

◇「助動詞・助詞の意味」や「係り結び」・「準体法」などについては、「古典文法の必須知識」 の記事をどうぞ。

◇「助動詞の活用と接続」については、「助動詞の活用と接続の覚え方」の記事をどうぞ。

◇「音便」や「敬語(敬意の方向など)」については、 「音便・敬語の基礎知識」の記事をどうぞ。


<和歌の基礎知識>

◎和歌の文法、用語、和歌集、歌風などについては、「和歌の文法・用語の基礎知識」をどうぞ。

◎和歌の修辞法(表現技法)については、「和歌の修辞法(表現技法)の基礎知識」をどうぞ。

Sponsored Links


<修辞法(表現技法)>

・序詞 :第三句までの上の句が、「くる」を導く序詞

・掛詞 :「逢坂山」が、「逢う」との掛詞
     :「さねかづら」が、「さ寝」(男女が共に寝る)との掛詞
     :「くる」が、「来る」と「繰る」との掛詞

・縁語 「さね」が、「逢う」との縁語

・歌枕 :逢坂山


<私の一言>

逢坂山と言えば、歌番号10番の「これやこの~」を思い出しますね。 

相手の女性は、関所を越えなければ逢えないような立場の人だったのでしょうかね。

ご苦労なことです(笑)


<和歌索引>

◆ブログ内の和歌を探す時は、カテゴリーではなく下に示す各一覧を利用してね。

和歌:ブログ収録・歌別一覧
和歌:ブログ収録・作者別一覧
万葉集:ブログ収録和歌一覧
古今集:ブログ収録和歌一覧
新古今集:ブログ収録和歌一覧
小倉百人一首:歌番号順一覧
伊勢物語:ブログ収録和歌一覧
ヨルタモリ:日本古典文学講座:百人一首一覧


<古文や和歌の学習書と古語辞典>

古文や和歌を学ぶための学習書や古語辞典については、おすすめ書籍を紹介した下の各記事を見てね。
《古文・和歌の学習書の記事へ⇒》

《品詞分解付き対訳書の記事へ⇒》

《古語辞典の記事へ⇒》
Sponsored Links
◇関連記事 (前後の7記事を表示)
 その他の記事は、右サイドメニューの「カテゴリ」(和歌などは索引)からどうぞ。
 

Comment (コメント)

 (任意) 未入力時 = よみ人しらず
 (任意) 入力時もコメント欄には非表示
 (必須) 管理人承認後に表示
Private

Categories (カテゴリ)
Search This Blog (ブログ内検索)
Featured Posts (特集・古典の基礎知識)
◆ 古典を得意科目にする記事
My Recommended Books (おすすめ書籍)
◆ 辞書と学習書の記事
Popular Posts (人気記事)
All Posts (すべての記事)
This and That (あれこれ)
  • ブログ記事に誤字や記述間違い等がある場合は、コメント欄から教えてください。
  • このブログのリンクはご自由にどうぞ。
    その際に連絡の必要はありません。
  • 古典作品の解説や和歌の鑑賞文などを目的とした中学生の読者さんもいるようですね。

    このブログの古典文法などは、詳しい文法的説明を求める高校生以上の読者を想定して書いています。一般の中学生には必要のない知識なので、わからなくても気にしないでね。
About This Blog (このブログについて)

んば

Author:んば
Since May 9,2014


くらすらん
暮らす欄くらすらむClass Run

この絵は私のお気に入りで
アンリ・ルソー『眠るジプシーの女』