HOME > 新古今和歌集 > 新古今集・伊勢 君があたり見つつを居らむ生駒山 品詞分解と訳

新古今集・伊勢 君があたり見つつを居らむ生駒山 品詞分解と訳

Sponsored Links
 今回は、「新古今和歌集」と「伊勢物語 筒井筒」収録和歌の現代語訳(口語訳・意味)・品詞分解・語句文法解説・修辞法(表現技法)・おすすめ書籍などについて紹介します。

◇筒井筒の第五首目「君来むと~」は、「こちらのリンク(君来むと~)」からどうぞ。

◇「筒井筒」のこの他の和歌は、「リンク(筒井つの~)」「リンク(風吹けば~)」からどうぞ。

◇筒井筒(全文)の品詞分解・訳・解説は、「こちらのリンク筒井筒(全文)」からどうぞ。


新古今集・巻15・恋歌5・1369 よみ人しらず & 伊勢物語 第23段 「筒井筒」(第四首目)


君があたり見つつを居らむ生駒山雲なかくしそ雨は降るとも


<現代語訳>

あなたの(いらっしゃる大和の)あたりを見続けていましょう。生駒山を、雲よ隠さないでおくれ。たとえ雨は降っても。

(自分で飯を盛って嫌われた高安の女が詠んだ歌。)


<品詞分解・語句文法解説>

君 :名詞 あなた。

が :連体格の格助詞 ~の。

あたり :名詞

見 :動詞マ行上一段活用「見る」の連用形

つつ :反復継続の接続助詞 何度も~して。~し続けて。~ながら。

を :間投助詞 (この場合は語調を整える役割)

居ら :動詞ラ行変格活用「居り(をり)」の未然形 いる。ある。

む :意志の助動詞「む」の終止形

生駒山(いこまやま) :歌枕

雲 :名詞 ※擬人化している

な :副詞(陳述の副詞) 終助詞「そ」と呼応して禁止を表す。

かくし :動詞サ行四段活用「隠す」の連用形

そ :終助詞 副詞「な」と呼応して禁止を表す。
※「な~そ」は、(懇願するイメージの穏やかな禁止を表す)禁止構文 ~してくれるな。~しないでくれ。

雨 :名詞

は :係助詞

降る :動詞ラ行四段活用「降る」の終止形

とも :逆接仮定条件の接続助詞 たとえ~ても。
Sponsored Links
<古典文法の基礎知識>

「古文」を苦手科目から得意科目にする古典文法の基礎知識です。

◇「現代仮名遣い」のルールについては、「現代仮名遣い・発音(読み方)の基礎知識」の記事をどうぞ。

◇「用言の活用と見分け」については、「用言(動詞・形容詞・形容動詞)の活用と見分け方」の記事をどうぞ。

◇「助動詞・助詞の意味」や「係り結び」・「準体法」などについては、「古典文法の必須知識」 の記事をどうぞ。

◇「助動詞の活用と接続」については、「助動詞の活用と接続の覚え方」の記事をどうぞ。

◇「音便」や「敬語(敬意の方向など)」については、 「音便・敬語の基礎知識」の記事をどうぞ。


<和歌の基礎知識>

◎和歌の文法、用語、和歌集、歌風などについては、「和歌の文法・用語の基礎知識」をどうぞ。

◎和歌の修辞法(表現技法)については、「和歌の修辞法(表現技法)の基礎知識」をどうぞ。


<修辞法(表現技法)>

・歌枕 :生駒山 奈良県生駒市と大阪府東大阪市の境にある生駒山地の主峰。

・句切れ :二句切れ、四句切れ

・倒置

・擬人法 :雲

Sponsored Links


<原歌>

万葉集・巻12・3032 作者未詳


君があたり見つつも居らむ生駒山雲なたなびき雨は降るとも


※新古今集の歌とは第二句と第四句が異なる


<現代語訳>

あなたの(いらっしゃる)あたりを見続けていましょう。生駒山に、雲よ、たなびかないでおくれ。たとえ雨は降っても。


たなびき :動詞カ行四段「たなびく」の連用形 雲や霞などが横に長く引く。


<私の一言>

当時は、飯を盛るのは侍女のすることであって、高貴な女性のすることではないんですね。
高安の女は自分で飯を盛ったので、風雅で高貴な女性ではなくて、侍女程度の女だったのかと思われて嫌われたんですね。

業平から見れば、現代の一般女性のほとんどが下品な女になってしまいますねぇ(笑)

まぁ、現代の女性なら、「メイドを雇えるだけ稼いできなさいよ、ダメ男」と反論するでしょうが・・・。

前にも書きましたが、当時は女の家が男を養う通い婚ですからねぇ。


<和歌索引>

◆ブログ内の和歌を探す時は、カテゴリーではなく下に示す各一覧を利用してね。

和歌:ブログ収録・歌別一覧
和歌:ブログ収録・作者別一覧
万葉集:ブログ収録和歌一覧
古今集:ブログ収録和歌一覧
新古今集:ブログ収録和歌一覧
小倉百人一首:歌番号順一覧
伊勢物語:ブログ収録和歌一覧
ヨルタモリ:日本古典文学講座:百人一首一覧


<古文や和歌の学習書と古語辞典>

古文や和歌を学ぶための学習書や古語辞典については、おすすめ書籍を紹介した下の各記事を見てね。
《古文・和歌の学習書の記事へ⇒》

《品詞分解付き対訳書の記事へ⇒》

《古語辞典の記事へ⇒》
Sponsored Links
◇関連記事 (前後の7記事を表示)
 その他の記事は、右サイドメニューの「カテゴリ」(和歌などは索引)からどうぞ。
 

Comment (コメント)

 (任意) 未入力時 = よみ人しらず
 (任意) 入力時もコメント欄には非表示
 (必須) 管理人承認後に表示
Private

Categories (カテゴリ)
Search This Blog (ブログ内検索)
Featured Posts (特集・古典の基礎知識)
◆ 古典を得意科目にする記事
My Recommended Books (おすすめ書籍)
◆ 辞書と学習書の記事
Popular Posts (人気記事)
All Posts (すべての記事)
This and That (あれこれ)
  • ブログ記事に誤字や記述間違い等がある場合は、コメント欄から教えてください。
  • このブログのリンクはご自由にどうぞ。
    その際に連絡の必要はありません。
  • 古典作品の解説や和歌の鑑賞文などを目的とした中学生の読者さんもいるようですね。

    このブログの古典文法などは、詳しい文法的説明を求める高校生以上の読者を想定して書いています。一般の中学生には必要のない知識なので、わからなくても気にしないでね。
About This Blog (このブログについて)

んば

Author:んば
Since May 9,2014


くらすらん
暮らす欄くらすらむClass Run

この絵は私のお気に入りで
アンリ・ルソー『眠るジプシーの女』