HOME > 古今和歌集 > 古今集 蓮葉のにごりに染まぬ心もて 品詞分解と訳

古今集 蓮葉のにごりに染まぬ心もて 品詞分解と訳

Sponsored Links
 今回は、「古今和歌集」収録和歌の現代語訳(口語訳・意味)・品詞分解・語句文法解説・修辞法(表現技法)・おすすめ書籍などについて紹介します。


古今集・巻3・夏歌・165 僧正遍昭(そうじょうへんじょう)

蓮(はちす)の露を見てよめる
(蓮の露を見て詠んだ歌。)


蓮葉のにごりに染まぬ心もてなにかは露を玉とあざむく


<平仮名> (歴史的仮名遣い)

はちすばの にごりにしまぬ こころもて なにかはつゆを たまとあざむく


<現代語訳>

蓮(はす)の葉は、泥水の中に生えながら濁りに染まらない清らかな心を持っているのに、その心でどうして葉の上に置く露を真珠と見せて人をだますのか。

(蓮の葉が宿す露の美しさと、清浄の象徴である蓮が人を欺くという意表をついた表現が評価されているのですね。上の句は、法華経の教文を典拠(本説)としている。)

この歌の典拠(本説)=法華経の教文(第十五章・従地涌出品)
「世間の法に染まざること蓮華の水に在るが如し」
(世間の汚れに染まらないことは、蓮華が泥水の中でも濁りに染まらないのと同じである。)

※典拠(てんきょ)=もとになった確かなより所。
※本説(ほんぜつ・ほんせつ)=和歌を詠む時に、より所とした和歌以外の物語、漢詩文、経文など。


<作者>

僧正遍昭(そうじょうへんじょう)・良岑宗貞(俗世時代の名:よしみねのむねさだ)
816年~890年。平安前期の歌人、僧。六歌仙、三十六歌仙の一人。桓武天皇の孫。
仁明天皇の寵を受けて左近衛少将、蔵人頭に昇進したが、その崩御によって850年に出家。比叡山で円仁に学び、京都花山に元慶寺を創立して座主となり僧正の位に至った。


<語句文法解説> 詞書

よめ :動詞マ行四段活用「詠む」の已然形

る :完了の助動詞「り」の連体形
※準体法なので、この場合は「歌」を補って解釈する。

現代語訳は、「詠んだ歌」

※準体法、「る」の識別については、下にリンクを付けてある「古典文法の必須知識」を読んでね。
Sponsored Links
<品詞分解・語句文法解説> 歌

蓮葉(はちすば) :名詞 ※蓮葉は、清浄の象徴

の :格助詞

にごり :名詞 ※泥水の濁りの意味

に :格助詞

染ま(しま) :動詞マ行四段活用「染む(しむ)」の未然形

ぬ :打消の助動詞「ず」の連体形

心 :名詞

もて :連語 持って。
※「持ち」(タ行四段活用・連用形)+「て」(接続助詞)の促音便「持って」が変化した形。
※音便については、下段のリンクから参照のこと。

なに :副詞 どうして。

かは :疑問の係助詞 ~か。
※「か」疑問の係助詞+「は」強調の係助詞とする立場もある。
※「なにかは」(疑問の副詞)とする立場もある。

露 :名詞

を :格助詞

玉 :名詞 宝石。真珠。

と :格助詞

あざむく :動詞カ行四段活用「欺く(あざむく)」の連体形

Sponsored Links


<古典文法の基礎知識>

「古文」を苦手科目から得意科目にする古典文法の基礎知識です。

◇「現代仮名遣い」のルールについては、「現代仮名遣い・発音(読み方)の基礎知識」の記事をどうぞ。

◇「用言の活用と見分け」については、「用言(動詞・形容詞・形容動詞)の活用と見分け方」の記事をどうぞ。

◇「助動詞・助詞の意味」や「係り結び」・「準体法」などについては、「古典文法の必須知識」 の記事をどうぞ。

◇「助動詞の活用と接続」については、「助動詞の活用と接続の覚え方」の記事をどうぞ。

◇「音便」や「敬語(敬意の方向など)」については、 「音便・敬語の基礎知識」の記事をどうぞ。


<和歌の基礎知識>

◎和歌の文法、用語、和歌集、歌風などについては、「和歌の文法・用語の基礎知識」をどうぞ。

◎和歌の修辞法(表現技法)については、「和歌の修辞法(表現技法)の基礎知識」をどうぞ。


<修辞法(表現技法)・係り結び>

見立て :露を玉に見立てている。

本説取り :法華経の教文
※本説取り=和歌以外の物語、漢詩文、教文などを典拠として歌を詠む技法。
ちなみに、本歌取りは、有名な古歌の表現を取り入れて歌を詠む技法。

係り結び :「かは」or「か」→「あざむく」
※「なにかは」を、疑問の副詞(陳述の副詞)とした場合は、疑問の副詞に呼応した結び。


<和歌索引>

◆ブログ内の和歌を探す時は、カテゴリーではなく下に示す各一覧を利用してね。

和歌:ブログ収録・歌別一覧
和歌:ブログ収録・作者別一覧
万葉集:ブログ収録和歌一覧
古今集:ブログ収録和歌一覧
新古今集:ブログ収録和歌一覧
小倉百人一首:歌番号順一覧
伊勢物語:ブログ収録和歌一覧
ヨルタモリ:日本古典文学講座:百人一首一覧


<古文や和歌の学習書と古語辞典>

古文や和歌を学ぶための学習書や古語辞典については、おすすめ書籍を紹介した下の各記事を見てね。
《古文・和歌の学習書の記事へ⇒》

《品詞分解付き対訳書の記事へ⇒》

《古語辞典の記事へ⇒》
Sponsored Links
◇関連記事 (前後の7記事を表示)
 その他の記事は、右サイドメニューの「カテゴリ」(和歌などは索引)からどうぞ。
 

Comment (コメント)

 (任意) 未入力時 = よみ人しらず
 (任意) 入力時もコメント欄には非表示
 (必須) 管理人承認後に表示
Private

Categories (カテゴリ)
Search This Blog (ブログ内検索)
Featured Posts (特集・古典の基礎知識)
◆ 古典を得意科目にする記事
My Recommended Books (おすすめ書籍)
◆ 辞書と学習書の記事
Popular Posts (人気記事)
All Posts (すべての記事)
This and That (あれこれ)
  • ブログ記事に誤字や記述間違い等がある場合は、コメント欄から教えてください。
  • このブログのリンクはご自由にどうぞ。
    その際に連絡の必要はありません。
  • 古典作品の解説や和歌の鑑賞文などを目的とした中学生の読者さんもいるようですね。

    このブログの古典文法などは、詳しい文法的説明を求める高校生以上の読者を想定して書いています。一般の中学生には必要のない知識なので、わからなくても気にしないでね。
About This Blog (このブログについて)

んば

Author:んば
Since May 9,2014


くらすらん
暮らす欄くらすらむClass Run

この絵は私のお気に入りで
アンリ・ルソー『眠るジプシーの女』