HOME > 万葉集 > 万葉集 うらうらに照れる春日にひばり上がり 品詞分解と訳

万葉集 うらうらに照れる春日にひばり上がり 品詞分解と訳

Sponsored Links
 今回は、「万葉集」収録和歌の現代語訳(口語訳・意味)・品詞分解・語句文法解説・修辞法(表現技法)・おすすめ書籍などについて紹介します。


万葉集 巻19・4292 大伴家持(おおとものやかもち)

二十五日、作る歌一首
(二十五日に、作った歌一首)


うらうらに照れる春日にひばり上がり情悲しもひとりし思へば


・左注
春日遅々として鶬鶊(ひばり)正に啼く。悽惆(せいちう)の意、歌にあらずは撥ひ(はらひ)難し。よりて此の歌を作り、式ち(もち)て締緒(ていしょ)を展ぶ(のぶ)。
(春の日はうららかになかなか暮れず、ひばりは今しも鳴いている。痛み悲しむ心は歌でなくては払い難い。そこでこの歌を詠んで、それによって鬱屈した気持ちを散じようとする。)


<平仮名> (歴史的仮名遣い)

うらうらに てれるはるひに ひばりあがり こころかなしも ひとりしおもへば


<万葉仮名>

宇良々々尓 照流春日尓 比婆理安我里 情悲毛 比登里志於母倍婆


<現代語訳>

うららかに照っている春の日にひばりが空高く舞い上がり、私の心は悲しいことよ。一人で物思いにふけっていると。

(上の句はのどかな春の日の趣だが、下の句は失意と孤独感が漂う。二月二十三日の二首と連作との印象も受ける。)


<作者>

大伴家持(おおとものやかもち)
718頃~785。奈良時代の歌人。万葉集第四期歌人。大伴旅人の子。中納言従三位。三十六歌仙の一人。
越中守などを経て中納言となったが、晩年は藤原氏の隆盛により政治的には不遇であった。繊細で優雅な歌風。万葉集の最終的編者といわれている。


<語句文法解説> 題詞

二十五日 :天平勝宝五年(753年)二月二十五日
大伴家持は751年秋に国守を務めた越中(今の富山県)から都に戻っている。

※「題詞(だいし)」=和歌の前書き。万葉集以外では「詞書(ことばがき)」。

※左注(和歌の注記)の語句解説は省略。
Sponsored Links
<品詞分解・語句文法解説> 歌

うらうらに :副詞 うららかに。のどかに。

照れ :動詞ラ行四段活用「照る」の已然形

る :存続の助動詞「り」の連体形

春日(はるひ) :名詞

に :格助詞

ひばり(雲雀) :名詞

上がり :動詞ラ行四段活用「上がる」の連用形
※「中止法」=連用形で文を一旦中止して、さらにあとに続けて行く用法で、あとの文には対等の関係で続くことが多い。

情(心) :名詞

悲し :形容詞シク活用「悲し」の終止形

も :詠嘆の終助詞

ひとり :名詞

し :強意の副助詞 (無理に訳出しなくてもOK)

思へ :動詞ハ行四段活用「思ふ」の已然形

ば :順接確定条件(偶然的条件)の接続助詞 ~すると。
※強意の副助詞「し」~接続助詞「ば」=「AしBば構文」(「し」が強意の副助詞であることを識別できる形)

※この他に「AしBば構文」の歌としては、「唐衣きつつなれにし~」「名にし負はば逢坂山の~」「年ふればよはひは老いぬ~」などなど。

※この構文の接続助詞「ば」の意味については、文脈に応じて4つの意味の中から選択する。

※助動詞「り」、接続助詞「ば」などについては、下にリンクを付けてある「古典文法の必須知識」を読んでね。

Sponsored Links


<古典文法の基礎知識>

「古文」を苦手科目から得意科目にする古典文法の基礎知識です。

◇「現代仮名遣い」のルールについては、「現代仮名遣い・発音(読み方)の基礎知識」の記事をどうぞ。

◇「用言の活用と見分け」については、「用言(動詞・形容詞・形容動詞)の活用と見分け方」の記事をどうぞ。

◇「助動詞・助詞の意味」や「係り結び」・「準体法」などについては、「古典文法の必須知識」 の記事をどうぞ。

◇「助動詞の活用と接続」については、「助動詞の活用と接続の覚え方」の記事をどうぞ。

◇「音便」や「敬語(敬意の方向など)」については、 「音便・敬語の基礎知識」の記事をどうぞ。


<和歌の基礎知識>

◎和歌の文法、用語、和歌集、歌風などについては、「和歌の文法・用語の基礎知識」をどうぞ。

◎和歌の修辞法(表現技法)については、「和歌の修辞法(表現技法)の基礎知識」をどうぞ。


<修辞法(表現技法)>

句切れ :四句切れ

倒置


<私の一言>

 いくら藤原氏の隆盛によって、名門の大伴氏が衰退したといっても、家持は完全に根暗ですねぇ。
プラス思考で前向きに生きようっていう感覚はないのでしょうかね(笑)
お父さん(旅人)のある意味では楽しい投げやりな和歌を受け継いでいないのかなぁ・・・。

 お父さんである大伴旅人の歌、「あな醜賢しらをすと~」

 しかしながら、家持の歌を見ると、万葉集の歌風である「丈夫ぶり(ますらおぶり)」(男性的でおおらかな歌風)から古今集の歌風である「手弱めぶり(たおやめぶり)」(女性的で繊細・優美な歌風)へと移り変わる過程において、大伴家持が大きな影響を与えていることが解りますね。


<和歌索引>

◆ブログ内の和歌を探す時は、カテゴリーではなく下に示す各一覧を利用してね。

和歌:ブログ収録・歌別一覧
和歌:ブログ収録・作者別一覧
万葉集:ブログ収録和歌一覧
古今集:ブログ収録和歌一覧
新古今集:ブログ収録和歌一覧
小倉百人一首:歌番号順一覧
伊勢物語:ブログ収録和歌一覧
ヨルタモリ:日本古典文学講座:百人一首一覧


<古文や和歌の学習書と古語辞典>

古文や和歌を学ぶための学習書や古語辞典については、おすすめ書籍を紹介した下の各記事を見てね。
《古文・和歌の学習書の記事へ⇒》

《品詞分解付き対訳書の記事へ⇒》

《古語辞典の記事へ⇒》
Sponsored Links
◇関連記事 (前後の7記事を表示)
 その他の記事は、右サイドメニューの「カテゴリ」(和歌などは索引)からどうぞ。
 

Comment (コメント)

 (任意) 未入力時 = よみ人しらず
 (任意) 入力時もコメント欄には非表示
 (必須) 管理人承認後に表示
Private

Categories (カテゴリ)
Search This Blog (ブログ内検索)
Featured Posts (特集・古典の基礎知識)
◆ 古典を得意科目にする記事
My Recommended Books (おすすめ書籍)
◆ 辞書と学習書の記事
Popular Posts (人気記事)
All Posts (すべての記事)
This and That (あれこれ)
  • ブログ記事に誤字や記述間違い等がある場合は、コメント欄から教えてください。
  • このブログのリンクはご自由にどうぞ。
    その際に連絡の必要はありません。
  • 古典作品の解説や和歌の鑑賞文などを目的とした中学生の読者さんもいるようですね。

    このブログの古典文法などは、詳しい文法的説明を求める高校生以上の読者を想定して書いています。一般の中学生には必要のない知識なので、わからなくても気にしないでね。
About This Blog (このブログについて)

んば

Author:んば
Since May 9,2014


くらすらん
暮らす欄くらすらむClass Run

この絵は私のお気に入りで
アンリ・ルソー『眠るジプシーの女』