HOME > 小倉百人一首 > 百人一首(33) ひさかたの光のどけき春の日に 品詞分解と訳

百人一首(33) ひさかたの光のどけき春の日に 品詞分解と訳

Sponsored Links
 今回は、「小倉百人一首」(歌番号 33番)および「古今和歌集」収録和歌の現代語訳(口語訳・意味)・品詞分解・語句文法解説・修辞法(表現技法)・作者・出典・英訳・MP3音声・おすすめ書籍などについて紹介します。


小倉百人一首 歌番号(33) 紀友則
 

ひさかたの光のどけき春の日に しづ心なく花の散るらむ


<平仮名> (歴史的仮名遣い)

ひさかたの ひかりのどけき はるのひに しづごころなく はなのちるらむ


<読み(発音)>

ヒサカタノ ヒカリノドケキ ハルノヒニ シズゴコロナク ハナノチルラン


<音声> ※音声はDownloadして自由に使って下さい。

百人一首033.mp3
(クリックすると、ちょっと音痴なカワイイ棒読みちゃんが歌を読んでくれます。)


<現代語訳>

日の光がのどかな春の日に、どうして落ち着いた心もなく桜の花が散ってゆくのだろう。

(のどかな春の日に、慌ただしく散る桜の花を惜しむ気持を詠んだ歌。)


<英訳>

In the peaceful light
Of the ever-shining sun
In the days of spring,
Why do the cherry's new-blown blooms
Scatter like restless thoughts?
  
『University of Virginia Library Japanese Text Initiative, Ogura Hyakunin Isshu 100 Poems by 100 Poets 』 より英訳を引用


<出典>

古今集・巻2・春歌下・84 
「桜の花の散るをよめる・紀友則」
(桜の花が散るのを詠んだ歌)


<作者>

紀友則(きのとものり)
生年不明~905年頃。平安前期の歌人。貫之のいとこ。三十六歌仙の一人。古今集の撰者の一人だが完成前に没した。
Sponsored Links
<品詞分解・語句文法解説>

ひさかたの(久方の) :枕詞

光 :名詞

のどけき :形容詞ク活用「のどけし」の連体形 のどかだ。

春 :名詞

の :格助詞

日 :名詞

に :格助詞

しづ心(しづごころ) :名詞 落ち着いた心。

なく :形容詞ク活用「なし」の連用形
※「なく」は、「花」ではなく、「散るらむ」にかかるから連用形。

花 :名詞

の :主格の格助詞

散る :動詞ラ行四段活用「散る」の終止形

らむ :現在の原因推量の助動詞「らむ」の連体形 どうして~なのだろう。

※「らむ」が連体形になる理由
「花の」の「の」が主格を表す格助詞(~が。)であり、主格の格助詞「が」「の」が用いられて文が終始する場合は、それに呼応して述語は連体形となり余情・詠嘆を表す。「連体形止め(連体止め)」の一形態。

このブログで取り上げた同じ用法の和歌としては、「春の色のいたりいたらぬ~」

「主格の格助詞~連体形」の例として有名な和歌は、
み吉野の山の白雪踏み分けて入りにし人おとづれもせ (古今集・冬歌・327・壬生忠岑)

※助動詞「らむ」などについては、下にリンクを付けてある「古典文法の必須知識」を読んでね。

Sponsored Links


<古典文法の基礎知識>

「古文」を苦手科目から得意科目にする古典文法の基礎知識です。

◇「現代仮名遣い」のルールについては、「現代仮名遣い・発音(読み方)の基礎知識」の記事をどうぞ。

◇「用言の活用と見分け」については、「用言(動詞・形容詞・形容動詞)の活用と見分け方」の記事をどうぞ。

◇「助動詞・助詞の意味」や「係り結び」・「準体法」などについては、「古典文法の必須知識」 の記事をどうぞ。

◇「助動詞の活用と接続」については、「助動詞の活用と接続の覚え方」の記事をどうぞ。

◇「音便」や「敬語(敬意の方向など)」については、 「音便・敬語の基礎知識」の記事をどうぞ。


<和歌の基礎知識>

◎和歌の文法、用語、和歌集、歌風などについては、「和歌の文法・用語の基礎知識」をどうぞ。

◎和歌の修辞法(表現技法)については、「和歌の修辞法(表現技法)の基礎知識」をどうぞ。


<修辞法(表現技法)>

枕詞 :「ひさかたの」が「光」に係る枕詞

擬人法 :「花」 ※「花」を、「しづ心なく」と擬人化している。

頭韻(とういん)=句の頭の音が「ハ行」(第四句を除いて)


<私の一言>

のどかな日なのに、慌ただしく散っていく桜。それを惜しむ人を尻目に、まるで「散るのは私の勝手でしょ」と言っているかのようですね。
浪漫のようなものを感じるところもあって、私はこの歌が好きですね。


<和歌索引>

◆ブログ内の和歌を探す時は、カテゴリーではなく下に示す各一覧を利用してね。

和歌:ブログ収録・歌別一覧
和歌:ブログ収録・作者別一覧
万葉集:ブログ収録和歌一覧
古今集:ブログ収録和歌一覧
新古今集:ブログ収録和歌一覧
小倉百人一首:歌番号順一覧
伊勢物語:ブログ収録和歌一覧
ヨルタモリ:日本古典文学講座:百人一首一覧


<古文や和歌の学習書と古語辞典>

古文や和歌を学ぶための学習書や古語辞典については、おすすめ書籍を紹介した下の各記事を見てね。
《古文・和歌の学習書の記事へ⇒》

《品詞分解付き対訳書の記事へ⇒》

《古語辞典の記事へ⇒》
Sponsored Links
◇関連記事 (前後の7記事を表示)
 その他の記事は、右サイドメニューの「カテゴリ」(和歌などは索引)からどうぞ。
 

Comment (コメント)

 (任意) 未入力時 = よみ人しらず
 (任意) 入力時もコメント欄には非表示
 (必須) 管理人承認後に表示
Private

Categories (カテゴリ)
Search This Blog (ブログ内検索)
Featured Posts (特集・古典の基礎知識)
◆ 古典を得意科目にする記事
My Recommended Books (おすすめ書籍)
◆ 辞書と学習書の記事
Popular Posts (人気記事)
All Posts (すべての記事)
This and That (あれこれ)
  • ブログ記事に誤字や記述間違い等がある場合は、コメント欄から教えてください。
  • このブログのリンクはご自由にどうぞ。
    その際に連絡の必要はありません。
  • 古典作品の解説や和歌の鑑賞文などを目的とした中学生の読者さんもいるようですね。

    このブログの古典文法などは、詳しい文法的説明を求める高校生以上の読者を想定して書いています。一般の中学生には必要のない知識なので、わからなくても気にしないでね。
About This Blog (このブログについて)

んば

Author:んば
Since May 9,2014


くらすらん
暮らす欄くらすらむClass Run

この絵は私のお気に入りで
アンリ・ルソー『眠るジプシーの女』