HOME > 索引(和歌・漢詩・論語・品詞分解) > 万葉集:ブログ収録和歌一覧

万葉集:ブログ収録和歌一覧

Sponsored Links
 このブログに収録済みの万葉集の五十音順(歴史的仮名遣い)和歌一覧ページです。
 記事ページでは、それぞれの歌の現代語訳・品詞分解・語句文法解説・修辞(表現技法)などについて紹介しています。

 ※メイン記事以外で取り上げた和歌は<関連><下段>など掲載場所を示してあります。

 なお、万葉集については、「和歌の基礎知識」の記事をを参照してください。


あ行

あが恋ふる妹は逢はさず玉の浦に衣片敷きひとりかも寝む (万葉集・柿本人麻呂) <下段>

あかねさす紫野行き標野行き野守は見ずや君が袖振る (万葉集・額田王)
 
秋田刈るかりほを作りわがをれば衣手寒く露ぞ置きにける (万葉集・作者不明) <関連>

あしひきの山鳥の尾のしだり尾のながながし夜をひとりかも寝む (拾遺集・小倉百人一首・柿本人麻呂)
※万葉集では作者不明

あしひきの山のしづくに妹待つとわれ立ち濡れぬ山のしづくに (万葉集・大津皇子)

あな醜賢しらをすと酒飲まぬ人をよく見ば猿にかも似る (万葉集・大伴旅人)

あな醜賢しらをすと酒飲まぬ人をよく見れば猿にかも似る (万葉集・大伴旅人)

淡海の海夕波千鳥汝が鳴けば情もしのに古思ほゆ (万葉集・柿本人麻呂)

天地の分かれし時ゆ神さびて高く貴き駿河なる布士の高嶺を天の原振り放け見れば渡る日の影も隠らひ照る月の光も見えず白雲もい行きはばかり時じくそ雪は降りける語り継ぎ言ひ継ぎ行かむの不尽の高嶺は (万葉集・山部赤人)

新しき年の始めの初春の今日降る雪のいや重け吉事 (万葉集・大伴家持)

青丹よし奈良の都は咲く花の匂ふがごとく今盛りなり (万葉集・小野老)

あをによし寧楽の京師は咲く花の薫ふがごとく今盛りなり (万葉集・小野老)

吾を待つと君が濡れけむあしひきの山のしづくにならましものを (万葉集・石川郎女) <中段>

磐代の浜松が枝を引き結び真幸くあらばまた還り見む (万葉集・有間皇子)

石走る垂水の上のさわらびの萌え出づる春になりにけるかも (万葉集・志貴皇子)

家にあれば笥に盛る飯を草枕旅にしあれば椎の葉に盛る (万葉集・有間皇子)

妹と来し敏馬の崎を還るさに独りして見れば涙ぐましも (万葉集・大伴旅人) <下段>

うらうらに照れる春日にひばり上がり情悲しもひとりし思へば (万葉集・大伴家持)

瓜食めば 子ども思ほゆ 栗食めば まして偲はゆ 何処より 来たりしものそ 眼交に もとな懸かりて 安眠し寝さぬ (万葉集・山上憶良)

憶良らは今は罷らむ子泣くらむそれその母も吾を待つらむそ (万葉集・山上憶良)

大名児を彼方野辺に刈る草の束の間もわれ忘れめや (万葉集・草壁皇子) <下段>

大船の津守が占に告らむとはまさしに知りてわが二人寝し (万葉集・大津皇子) <下段>

思へども思ひもかねつあしひきの山鳥の尾の長きこの夜を (万葉集・作者不明) <関連>
Sponsored Links
か行

韓衣裾に取りつき泣く子らを置きてそ来ぬや母なしにして (万葉集・他田舎人大島・防人歌)

君があたり見つつも居らむ生駒山雲なたなびき雨は降るとも (万葉集・作者不明) <中段>

君が行く道の長手を繰り畳ね焼き滅ぼさむ天の火もがも (万葉集・狭野弟上娘子)

君待つとわが恋ひをればわが屋戸の簾動かし秋の風吹く (万葉集・額田王)

苦しくも降り来る雨か神の崎狭野の渡りに家もあらなくに (万葉集・長奥麻呂)

この世にし楽しくあらば来む世には虫に鳥にも我はなりなむ (万葉集・大伴旅人)

来むといふも来ぬ時あるを来じといふを来むとは待たじ来じといふものを (万葉集・大伴坂上郎女)


さ行

防人に行くは誰が背と問ふ人を見るが羨しさ物思ひもせず (万葉集・作者未詳・防人歌)

信濃道は今の墾道刈株に足踏ましなむ沓はけわが背 (万葉集・作者未詳・東歌)

信濃道は今の墾道刈株に足踏ましむな沓はけわが背 (万葉集・作者未詳・東歌)

白珠は人に知らえず知らずともよし知らずともわれし知れらば知らずともよし (万葉集・元興寺僧)

験なき物を思はずは一坏の濁れる酒を飲むべくあるらし (万葉集・大伴旅人)

銀も金も玉も何せむに勝れる宝子に及かめやも (万葉集・山上憶良)


た行

田子の浦ゆうち出でて見れば真白にそ不尽の高嶺に雪は降りける (万葉集・山部赤人)

多摩川にさらす手作りさらさらに何そこの児のここだ愛しき (万葉集・作者未詳・東歌)

父母が頭かきなで幸くあれて言ひし言葉ぜ忘れかねつる (万葉集・丈部稲麻呂・防人歌)

Sponsored Links


な行

なかなかに人とあらずは酒壺になりにてしかも酒に染みなむ (万葉集・大伴旅人)

熟田津に船乗りせむと月待てば潮もかなひぬ今は漕ぎ出でな (万葉集・額田王)

ぬばたまの夜の更けゆけば久木生ふる清き川原に千鳥しば鳴く (万葉集・山部赤人)


は行

春過ぎて夏来るらし白妙の衣干したり天の香具山 (万葉集・持統天皇)

春の苑紅にほふ桃の花下照る道に出で立つ少女 (万葉集・大伴家持)

春の野に霞たなびきうら悲しこの夕かげに鶯鳴くも (万葉集・大伴家持)

春の野にすみれ摘みにと来しわれそ野をなつかしみ一夜寝にける (万葉集・山部赤人)

ひさかたの天の香具山この夕べ霞たなびく春立つらしも (万葉集・柿本人麻呂の歌集)

東の野に炎の立つ見えてかへり見すれば月傾きぬ (万葉集・柿本人麻呂)


ま行

み吉野の象山の際の木末にはここだもさわく鳥の声かも (万葉集・山部赤人)

紫草のにほへる妹を憎くあらば人妻ゆゑに我恋ひめやも (万葉集・大海人皇子)

もののふの八十宇治川の網代木にいさよふ波の行くへ知らずも (万葉集・柿本人麻呂)

もののふの八十少女らが汲みまがふ寺井の上の堅香子の花 (万葉集・大伴家持)

黄葉する時になるらし月人の楓の枝の色づく見れば (万葉集・作者不明) <関連>


や行

夕されば小倉の山に鳴く鹿は今夜は鳴かずい寝にけらしも (万葉集・舒明天皇)

夕されば小倉の山に臥す鹿の今夜は鳴かずい寝にけらしも (万葉集・雄略天皇)

よき人のよしとよく見てよしと言ひし芳野よく見よよき人よく見 (万葉集・天武天皇)

世の中を憂しとやさしと思へども飛び立ちかねつ鳥にしあらねば (万葉集・山上憶良)

世の中を何にたとへむ朝開き漕ぎ去にし船の跡なきごとし (万葉集・沙弥満誓) <下段>


わ行

わが背子を大和へ遣るとさ夜ふけて暁露にわが立ち濡れし (万葉集・大伯皇女)

わが園に梅の花散るひさかたの天より雪の流れ来るかも (万葉集・大伴旅人)

わが園の李の花か庭に降るはだれのいまだ残りたるかも (万葉集・大伴家持)

若の浦に潮満ち来れば潟をなみ葦辺をさして鶴鳴き渡る (万葉集・山部赤人)

わが屋戸のいささ群竹吹く風の音のかそけきこの夕べかも (万葉集・大伴家持)


<古文や和歌の学習書と古語辞典>

古文や和歌を学ぶための学習書や古語辞典については、おすすめ書籍を紹介した下の各記事を見てね。
《古文・和歌の学習書の記事へ⇒》

《品詞分解付き対訳書の記事へ⇒》

《古語辞典の記事へ⇒》
Sponsored Links
◇関連記事 (前後の7記事を表示)
 その他の記事は、右サイドメニューの「カテゴリ」(和歌などは索引)からどうぞ。
 

Comment (コメント)

 (任意) 未入力時 = よみ人しらず
 (任意) 入力時もコメント欄には非表示
 (必須) 管理人承認後に表示
Private

Categories (カテゴリ)
Search This Blog (ブログ内検索)
Featured Posts (特集・古典の基礎知識)
◆ 古典を得意科目にする記事
My Recommended Books (おすすめ書籍)
◆ 辞書と学習書の記事
Popular Posts (人気記事)
All Posts (すべての記事)
This and That (あれこれ)
  • ブログ記事に誤字や記述間違い等がある場合は、コメント欄から教えてください。
  • このブログのリンクはご自由にどうぞ。
    その際に連絡の必要はありません。
  • 古典作品の解説や和歌の鑑賞文などを目的とした中学生の読者さんもいるようですね。

    このブログの古典文法などは、詳しい文法的説明を求める高校生以上の読者を想定して書いています。一般の中学生には必要のない知識なので、わからなくても気にしないでね。
About This Blog (このブログについて)

んば

Author:んば
Since May 9,2014


くらすらん
暮らす欄くらすらむClass Run

この絵は私のお気に入りで
アンリ・ルソー『眠るジプシーの女』