HOME > 索引(和歌・漢詩・論語・品詞分解) > 古今集:ブログ収録和歌一覧

古今集:ブログ収録和歌一覧

Sponsored Links
 このブログに収録済みの古今和歌集の五十音順(歴史的仮名遣い)和歌一覧(仮名序を含む)ページです。
 記事ページでは、それぞれの歌の現代語訳・品詞分解・語句文法解説・修辞(表現技法)などについて紹介しています。

 ※メイン記事以外で取り上げた和歌は<関連><下段>など掲載場所を示してあります。

  なお、古今和歌集については、「和歌の基礎知識」の記事をを参照してください。


仮名序

古今和歌集 仮名序 やまと歌は 品詞分解と訳


あ行

飽かなくにまだきも月のかくるるか山の端逃げて入れずもあらなむ (古今集・伊勢物語・在原業平)

秋来ぬと目にはさやかに見えねども風の音にぞおどろかれぬる (古今集・藤原敏行)

秋の野に置く白露は玉なれやつらぬきかくる蜘蛛の糸筋 (古今集・文屋康秀) <関連>

朝ぼらけ有明の月と見るまでに吉野の里に降れる白雪 (古今集・小倉百人一首・坂上是則)

浅緑糸よりかけて白露を玉にもぬける春の柳か (古今集・僧正遍照)

天つ風雲の通ひ路吹き閉ぢよをとめの姿しばしとどめむ (古今集・小倉百人一首・僧正遍昭)

天の原ふりさけ見れば春日なる三笠の山に出でし月かも (古今集・小倉百人一首・阿倍仲麻呂)

有明のつれなく見えし別れより暁ばかり憂きものはなし (古今集・小倉百人一首・壬生忠岑)

いとせめて恋しきときはむばたまの夜の衣を返してぞ着る (古今集・小野小町)

今来むと言ひしばかりに長月の有明の月を待ち出でつるかな (古今集・小倉百人一首・素性法師)

今はとてかへす言の葉拾ひおきておのがものから形見とやみむ (古今集・源能有)

色見えでうつろふものは世の中の人の心の花にぞありける (古今集・小野小町)

うたた寝に恋しき人を見てしより夢てふものは頼みそめてき (古今集・小野小町)

老いぬればさらぬ別れもありといへばいよいよ見まくほしき君かな (古今集・在原業平の母)

老いらくの来むと知りせば門さしてなしとこたへてあはざらましを (古今集・よみ人しらず) <関連>

起きもせず寝もせで夜を明かしては春のものとてながめ暮らしつ (古今集・伊勢物語・在原業平)

奥山にもみぢ踏み分け鳴く鹿の声聞く時ぞ秋は悲しき (古今集・小倉百人一首・猿丸大夫)

思ひ出でて恋しき時は初雁のなきて渡ると人知るらめや (古今集・大伴黒主)

思ひつつ寝ればや人の見えつらむ夢と知りせば覚めざらましを (古今集・小野小町)
Sponsored Links
か行

かきくらす心の闇にまどひにき夢うつつとは世人さだめよ (古今集・在原業平)

春日野の雪間をわけて生ひ出でくる草のはつかに見えし君はも (古今集・壬生忠岑)

風吹けば沖つ白波たつた山夜半にや君がひとり越ゆらむ (古今集・伊勢物語・よみ人しらず)

風吹けば落つるもみぢ葉水清み散らぬ影さへ底に見えつつ (古今集・凡河内躬恒)

風吹けば峰にわかるる白雲のたえてつれなき君が心か (古今集・壬生忠岑)

唐衣きつつなれにしつましあればはるばるきぬる旅をしぞ思ふ (古今集・伊勢物語・在原業平)

狩り暮らしたなばたつめに宿からむ天の河原に我は来にけり (古今集・伊勢物語・在原業平)

君がため春の野に出でて若菜摘むわが衣手に雪は降りつつ (古今集・小倉百人一首・光孝天皇)

君や来し我や行きけむ思ほえず夢かうつつか寝てか覚めてか (古今集・伊勢物語・よみ人しらず)

君をおきてあだし心をわが持たば末の松山波も越えなむ (古今集・よみ人しらず)

心あてに折らばや折らむ初霜の置きまどはせる白菊の花 (古今集・小倉百人一首・凡河内躬恒)

このたびは幣も取りあへず手向山紅葉の錦神のまにまに (古今集・小倉百人一首・菅原道真)

木の間よりもりくる月の影見れば心づくしの秋は来にけり (古今集・よみ人しらず)

恋ひわびてうち寝るなかに行き通ふ夢の直路はうつつならなむ (古今集・藤原敏行) <関連>


さ行

桜花散りかひくもれ老いらくの来むといふなる道まがふがに (古今集・伊勢物語・在原業平)

桜花散りぬる風のなごりには水なき空に波ぞ立ちける (古今集・紀貫之)

さつき待つ花橘の香をかげば昔の人の袖の香ぞする (古今集・伊勢物語・よみ人しらず)

さむしろに衣片敷き今宵もや我を待つらむ宇治の橋姫 (古今集・よみ人しらず) <下段>

住の江の岸に寄る波よるさへや夢の通ひ路人目よくらむ (古今集・小倉百人一首・藤原敏行)

袖ひちてむすびし水のこほれるを春立つけふの風やとくらむ (古今集・紀貫之)

Sponsored Links


た行

立ち別れいなばの山の峰に生ふるまつとし聞かば今帰り来む (古今集・小倉百人一首・在原行平)

たのめこし言の葉今は返してむわが身ふるればおき所なし (古今集・藤原因香)

たむけにはつづりの袖も切るべきに紅葉に飽ける神やかへさむ (古今集・素性法師) <関連>

たれこめて春のゆくへも知らぬまに待ちし桜も移ろひにけり (古今集・藤原因香)

誰をかも知る人にせむ高砂の松も昔の友ならなくに (古今集・小倉百人一首・藤原興風)

ちはやぶる神代も聞かず竜田川からくれなゐに水くくるとは (古今集・小倉百人一首・伊勢物語・在原業平)

月見ればちぢに物こそ悲しけれわが身ひとつの秋にはあらねど (古今集・小倉百人一首・大江千里)

月やあらぬ春や昔の春ならぬわが身ひとつはもとの身にして (古今集・伊勢物語・在原業平)

つひにゆく道とはかねて聞きしかど昨日今日とは思はざりしを (古今集・伊勢物語・在原業平)

年のうちに春は来にけりひととせを去年とやいはむ今年とやいはむ (古今集・在原元方)

年ふればよはひは老いぬしかはあれど花をし見れば物思ひもなし (古今集・藤原良房)


な行

夏の夜はまだ宵ながら明けぬるを雲のいづこに月宿るらむ (古今集・小倉百人一首・清原深養父)

名にし負はばいざ言問はむ都鳥わが思ふ人はありやなしやと (古今集・伊勢物語・在原業平)


は行

蓮葉のにごりに染まぬ心もてなにかは露を玉とあざむく (古今集・僧正遍照)

花がたみめならぶ人のあまたあれば忘られぬらむ数ならぬ身は (古今集・よみ人しらず)

花の色は移りにけりないたづらにわが身世にふるながめせしまに (古今集・小倉百人一首・小野小町)

春がすみ立つを見捨てて行く雁は花なき里に住みやならへる (古今集・伊勢)

春ごとに花のさかりはありなめどあひ見むことは命なりけり (古今集・よみ人しらず)

春の色のいたりいたらぬ里はあらじ咲ける咲かざる花の見ゆらむ (古今集・よみ人しらず)

春の夜の闇はあやなし梅の花色こそ見えね香やは隠るる (古今集・凡河内躬恒)

ひさかたの月の桂も秋はなほ紅葉すればや照りまさるらむ (古今集・壬生忠岑)

ひさかたの光のどけき春の日にしづ心なく花の散るらむ (古今集・小倉百人一首・紀友則)

人知れぬわが通ひ路の関守はよひよひごとにうちも寝ななむ (古今集・伊勢物語・在原業平)

一年にひとたび来ます君待てば宿かす人もあらじとぞ思ふ (古今集・伊勢物語・紀有常)

人はいさ心も知らずふるさとは花ぞ昔の香ににほひける (古今集・小倉百人一首・紀貫之)

吹くからに秋の草木のしをるればむべ山風をあらしといふらむ (古今集・小倉百人一首・文屋康秀)

冬ながら空より花の散りくるは雲のあなたは春にやあるらむ (古今集・清原深養父)

冬ながら春のとなりの近ければ中垣よりぞ花は散りける (古今集・清原深養父) <関連>

ほととぎす鳴くや五月のあやめ草あやめも知らぬ恋もするかな (古今集・よみ人しらず)


ま行

陸奥のしのぶもぢずり誰ゆゑに乱れむと思ふ我ならなくに (古今集・源融) <出典>

みな人は花の衣になりぬなり苔の袂よかわきだにせよ (古今集・僧正遍照)

見渡せば柳桜をこきまぜて都ぞ春の錦なりける (古今集・素性法師)

むすぶ手のしづくににごる山の井のあかでも人に別れぬるかな (古今集・紀貫之)

もみぢ葉の流れてとまる水門には紅深き波や立つらむ (古今集・素性法師) <関連>


や行

宿ちかく梅の花植ゑじあぢきなく待つ人の香にあやまたれけり (古今集・よみ人しらず)

宿りして春の山辺に寝たる夜は夢のうちにも花ぞ散りける (古今集・紀貫之)

山川に風のかけたるしがらみは流れもあへぬ紅葉なりけり (古今集・小倉百人一首・春道列樹)

山里は冬ぞさびしさまさりける人目も草もかれぬと思へば (古今集・小倉百人一首・源宗于)

山高み見つつわがこし桜花風は心にまかすべらなり (古今集・紀貫之)

雪降れば木毎に花ぞ咲きにけるいづれを梅とわきて折らまし (古今集・紀友則)

世の中にさらぬ別れのなくもがな千代もと嘆く人の子のため (古今集・在原業平)

世の中に絶えて桜のなかりせば春の心はのどけからまし (古今集・伊勢物語・在原業平)

世の中はなにか常なる飛鳥川昨日の淵ぞ今日は瀬になる (古今集・よみ人しらず)

世の中は夢かうつつかうつつとも夢とも知らずありてなければ (古今集・よみ人しらず) <下段>


わ行

わが庵は都のたつみしかぞ住む世をうぢ山と人はいふなり (古今集・小倉百人一首・喜撰法師)

わが君は千代に八千代にさざれ石のいはほとなりて苔のむすまで (古今集・よみ人しらず)

わが心慰めかねつ更級や姨捨山に照る月を見て (古今集・よみ人しらず)

わが宿は道もなきまで荒れにけりつれなき人を待つとせし間に (古今集・僧正遍照) <中段>

忘れては夢かとぞ思ふ思ひきや雪踏み分けて君を見むとは (古今集・伊勢物語・在原業平)

わたの原八十島かけて漕ぎ出でぬと人には告げよ海人の釣舟 (古今集・小倉百人一首・小野篁)

わびぬれば身をうき草の根を絶えて誘ふ水あらばいなむとぞ思ふ (古今集・小野小町)


<古文や和歌の学習書と古語辞典>

古文や和歌を学ぶための学習書や古語辞典については、おすすめ書籍を紹介した下の各記事を見てね。
《古文・和歌の学習書の記事へ⇒》

《品詞分解付き対訳書の記事へ⇒》

《古語辞典の記事へ⇒》
Sponsored Links
◇関連記事 (前後の7記事を表示)
 その他の記事は、右サイドメニューの「カテゴリ」(和歌などは索引)からどうぞ。
 

Comment (コメント)

 (任意) 未入力時 = よみ人しらず
 (任意) 入力時もコメント欄には非表示
 (必須) 管理人承認後に表示
Private

Categories (カテゴリ)
Search This Blog (ブログ内検索)
Featured Posts (特集・古典の基礎知識)
◆ 古典を得意科目にする記事
My Recommended Books (おすすめ書籍)
◆ 辞書と学習書の記事
Popular Posts (人気記事)
All Posts (すべての記事)
This and That (あれこれ)
  • ブログ記事に誤字や記述間違い等がある場合は、コメント欄から教えてください。
  • このブログのリンクはご自由にどうぞ。
    その際に連絡の必要はありません。
  • 古典作品の解説や和歌の鑑賞文などを目的とした中学生の読者さんもいるようですね。

    このブログの古典文法などは、詳しい文法的説明を求める高校生以上の読者を想定して書いています。一般の中学生には必要のない知識なので、わからなくても気にしないでね。
About This Blog (このブログについて)

んば

Author:んば
Since May 9,2014


くらすらん
暮らす欄くらすらむClass Run

この絵は私のお気に入りで
アンリ・ルソー『眠るジプシーの女』