HOME > 索引(和歌・漢詩・論語・品詞分解) > 新古今集:ブログ収録和歌一覧

新古今集:ブログ収録和歌一覧

Sponsored Links
 このブログに収録済みの新古今和歌集の五十音順(歴史的仮名遣い)和歌一覧ページです。
 記事ページでは、それぞれの歌の現代語訳・品詞分解・語句文法解説・修辞(表現技法)などについて紹介しています。

 ※メイン記事以外で取り上げた和歌は<関連><下段>など掲載場所を示してあります。

 なお、新古今和歌集については、「和歌の基礎知識」の記事をを参照してください。


あ行

明けばまた越ゆべき山の嶺なれや空行く月の末の白雲 (新古今集・藤原家隆)

薄く濃き野べの緑の若草に跡まで見ゆる雪のむら消え (新古今集・増鏡・宮内卿)

思ひあまりそなたの空をながむれば霞を分けて春雨ぞ降る (新古今集・藤原俊成)


か行

かささぎの渡せる橋に置く霜の白きを見れば夜ぞ更けにける (新古今集・小倉百人一首・大伴家持)

春日野の若紫のすり衣しのぶの乱れ限り知られず (新古今集・伊勢物語・在原業平)

風かよふ寝覚めの袖の花の香にかをる枕の春の夜の夢 (新古今集・藤原俊成女)

君があたり見つつを居らむ生駒山雲なかくしそ雨は降るとも (新古今集・伊勢物語・よみ人しらず)

君来むといひし夜ごとに過ぎぬれば頼まぬものの恋ひつつぞふる (新古今集・伊勢物語・よみ人しらず)

きりぎりす鳴くや霜夜のさむしろに衣かたしきひとりかも寝む (新古今集・小倉百人一首・藤原良経)

桐の葉も踏み分けがたくなりにけり必ず人を待つとなけれど (新古今集・式子内親王)

心なき身にもあはれは知られけりしぎ立つ沢の秋の夕暮れ (新古今集・西行法師)

駒とめて袖うちはらふかげもなし佐野のわたりの雪の夕暮れ (新古今集・藤原定家)


さ行

桜花夢かうつつかしら雲の絶えてつれなき峰の春風 (新古今集・藤原家隆)

寂しさはその色としもなかりけり槇立つ山の秋の夕暮れ (新古今集・寂蓮法師)

志賀の浦や遠ざかりゆく波間より凍りて出づる有明の月 (新古今集・藤原家隆)

下燃えに思ひ消えなむ煙だに跡なき雲の果てぞ悲しき (新古今集・藤原俊成女)

白玉か何ぞと人の問ひしとき露と答へて消なましものを (新古今集・在原業平)

駿河なる宇津の山辺のうつつにも夢にも人に逢はぬなりけり (新古今集・伊勢物語・在原業平)
Sponsored Links
た行

田子の浦にうち出でて見れば白妙の富士の高嶺に雪は降りつつ (新古今集・小倉百人一首・山部赤人)

橘のにほふあたりのうたた寝は夢も昔の袖の香ぞする (新古今集・藤原俊成女)

玉の緒よ絶えなば絶えねながらへば忍ぶることの弱りもぞする (新古今集・小倉百人一首・式子内親王)

時知らぬ山は富士の嶺いつとてか鹿の子まだらに雪の降るらむ (新古今集・伊勢物語・在原業平)

年たけてまた越ゆべしと思ひきや命なりけり小夜の中山 (新古今集・西行法師)


な行

難波潟短き葦のふしの間も逢はでこの世を過ぐしてよとや (新古今集・小倉百人一首・伊勢)


は行

花さそふ比良の山風吹きにけりこぎ行く舟の跡みゆるまで (新古今集・宮内卿)

春過ぎて夏来にけらし白妙の衣干すてふ天の香具山 (新古今集・小倉百人一首・持統天皇)

春の夜の夢の浮橋とだえして峰にわかるる横雲の空 (新古今集・藤原定家)

人住まぬ不破の関屋の板びさし荒れにしのちはただ秋の風 (新古今集・藤原良経)

ほのぼのと春こそ空に来にけらし天の香具山霞たなびく (新古今集・後鳥羽院)

Sponsored Links


ま行

またや見む交野のみ野の桜狩り花の雪散る春のあけぼの (新古今集・藤原俊成)

みかの原わきて流るるいづみ川いつみきとてか恋しかるらむ (新古今集・小倉百人一首・藤原兼輔)

道の辺に清水流るる柳陰しばしとてこそ立ちどまりつれ (新古今集・西行法師)

見渡せば花も紅葉もなかりけり浦の苫屋の秋の夕暮れ (新古今集・藤原定家)

見渡せば山もとかすむ水無瀬川夕べは秋となに思ひけむ (新古今集・後鳥羽院)

昔思ふ草の庵の夜の雨に涙な添へそ山ほととぎす (新古今集・藤原俊成)

村雨の露もまだ干ぬ槙の葉に霧立ちのぼる秋の夕暮れ (新古今集・小倉百人一首・寂連法師)

めぐり逢ひて見しやそれともわかぬ間に雲隠れにし夜半の月影 (新古今集・紫式部) <出典>


や行

山深み春とも知らぬ松の戸に絶え絶えかかる雪の玉水 (新古今集・式子内親王)

吉野山やがて出でじと思ふ身を花散りなばと人や待つらん (新古今集・西行法師)


わ行

わが恋は松を時雨の染めかねて真葛が原に風さわぐなり (新古今集・慈円)


<古文や和歌の学習書と古語辞典>

古文や和歌を学ぶための学習書や古語辞典については、おすすめ書籍を紹介した下の各記事を見てね。
《古文・和歌の学習書の記事へ⇒》

《品詞分解付き対訳書の記事へ⇒》

《古語辞典の記事へ⇒》
Sponsored Links
◇関連記事 (前後の7記事を表示)
 その他の記事は、右サイドメニューの「カテゴリ」(和歌などは索引)からどうぞ。
 

Comment (コメント)

 (任意) 未入力時 = よみ人しらず
 (任意) 入力時もコメント欄には非表示
 (必須) 管理人承認後に表示
Private

Categories (カテゴリ)
Search This Blog (ブログ内検索)
Featured Posts (特集・古典の基礎知識)
◆ 古典を得意科目にする記事
My Recommended Books (おすすめ書籍)
◆ 辞書と学習書の記事
Popular Posts (人気記事)
All Posts (すべての記事)
This and That (あれこれ)
  • ブログ記事に誤字や記述間違い等がある場合は、コメント欄から教えてください。
  • このブログのリンクはご自由にどうぞ。
    その際に連絡の必要はありません。
  • 古典作品の解説や和歌の鑑賞文などを目的とした中学生の読者さんもいるようですね。

    このブログの古典文法などは、詳しい文法的説明を求める高校生以上の読者を想定して書いています。一般の中学生には必要のない知識なので、わからなくても気にしないでね。
About This Blog (このブログについて)

んば

Author:んば
Since May 9,2014


くらすらん
暮らす欄くらすらむClass Run

この絵は私のお気に入りで
アンリ・ルソー『眠るジプシーの女』