HOME > ちょっと役立つ情報 > もっと上手に図書館を利用してみては?

もっと上手に図書館を利用してみては?

Sponsored Links
 今回は、図書館の相互貸借制度を中心に、図書館の上手な利用方法について紹介します。


 例えば、すでに絶版となっていて中古価格も高価であるために入手が困難な書籍は、図書館の相互貸借を利用するのも1つの方法です。

 お住まいの自治体の図書館に所蔵していなくても、相互貸借を利用すれば都道府県内の他の自治体および大学図書館から、そこにも無ければ他の都道府県の図書館から取り寄せることができます。

 その際の手数料は、わたしの所では無料ですが、片道分もしくは往復分の送料の負担を求められる自治体もあるようです。

 貸出期間は、わたしの所では2週間です。

 是非、相互貸借制度を積極的に利用してみてください。
Sponsored Links
 図書館ネタでもう一つ。

 自治体の図書館だと、ベストセラーなどは予約が殺到していますし、少し前のベストセラーなどは本が汚くなっている場合が多いですよね。
 
 そのような時は、お住まいの近くに大学があるのなら、その図書館を利用するのも一つの方法です。一般利用者にも貸出制度を設けている大学図書館があります。

 大学の図書館は2部の学生を考慮して比較的遅くまで開館していますし、最近の学生は本をあまり借りないようなので予約も自治体の図書館ほど混んでいません。さらに本が奇麗な場合が多いです。

 ちなみに、わたしは母校の近くに住んでいるので、卒業生貸出制度を利用しています。
 この大学図書館の開館時間は9:00~22:30です。


 あっ、それと、居住先の自治体と仕事先の自治体が違う場合、住民ではなくても仕事先であれば、ほとんどの自治体図書館が貸出制度を設けています。特に田舎の図書館は奇麗で予約も空いています。地方を担当エリアに持つ営業職の方や長期出張の方などは利用してみてはいかがでしょうか。

 あっ、それとそれと、語学書などのCDブックのCD欠品本は中古で安く買えますよね。CD付きの完本は図書館で借りて、音声をiTunesなどに取り込んでしまえばOKでしょ。


 もっと上手に図書館を利用しましょう!

Sponsored Links
◇関連記事 (前後の7記事を表示)
 その他の記事は、右サイドメニューの「カテゴリ」(和歌などは索引)からどうぞ。
 

Comment (コメント)

 (任意) 未入力時 = よみ人しらず
 (任意) 入力時もコメント欄には非表示
 (必須) 管理人承認後に表示
Private

Categories (カテゴリ)
Search This Blog (ブログ内検索)
Featured Posts (特集・古典の基礎知識)
◆ 古典を得意科目にする記事
My Recommended Books (おすすめ書籍)
◆ 辞書と学習書の記事
Popular Posts (人気記事)
All Posts (すべての記事)
This and That (あれこれ)
  • ブログ記事に誤字や記述間違い等がある場合は、コメント欄から教えてください。
  • このブログのリンクはご自由にどうぞ。
    その際に連絡の必要はありません。
  • 古典作品の解説や和歌の鑑賞文などを目的とした中学生の読者さんもいるようですね。

    このブログの古典文法などは、詳しい文法的説明を求める高校生以上の読者を想定して書いています。一般の中学生には必要のない知識なので、わからなくても気にしないでね。
About This Blog (このブログについて)

んば

Author:んば
Since May 9,2014


くらすらん
暮らす欄くらすらむClass Run

この絵は私のお気に入りで
アンリ・ルソー『眠るジプシーの女』