HOME > 小倉百人一首 > 百人一首(89) 玉の緒よ絶えなば絶えねながらへば 品詞分解と訳

百人一首(89) 玉の緒よ絶えなば絶えねながらへば 品詞分解と訳

Sponsored Links
 今回は、「小倉百人一首」(歌番号 89番)および「新古今和歌集」収録和歌の現代語訳(口語訳・意味)・品詞分解・語句文法解説・修辞法(表現技法)・作者・出典・英訳・MP3音声・おすすめ書籍などについて紹介します。


小倉百人一首 歌番号(89) 式子内親王(しきしないしんのう・しょくしないしんのう)
 

玉の緒よ絶えなば絶えねながらへば 忍ぶることの弱りもぞする


<平仮名> (歴史的仮名遣い)

たまのをよ たえなばたえね ながらへば しのぶることの よわりもぞする


<読み(発音)>

タマノオヨ タエナバタエネ ナガラエバ シノブルコトノ ヨワリモゾスル


<音声> ※音声はDownloadして自由に使って下さい。

百人一首089.mp3
(クリックすると、ちょっと音痴なカワイイ棒読みちゃんが歌を読んでくれます。)


<現代語訳>

私の命よ、絶えてしまうなら絶えてしまえ。このまま生き長らえていたら、じっとこらえている気持ちが弱まって(心に秘めている恋心が外に表れて)しまうといけないから。

(皇女で、しかも斎院まで務めたことにより、結婚を制限された高貴な身分であるがゆえに、相手にも世間にも知られまいとする恋に悩み、心に秘めた恋の苦しさに耐えきれなくなった辛く切ない思いを激しい表現で詠んだ歌。ちなみに恋の相手は藤原定家とする説もあります。)


<英訳>

Like a string of gems
Grown weak, my life will break now;
For if I live on,
All I do to hide my love
May at last grow weak and fail.
  
『University of Virginia Library Japanese Text Initiative, Ogura Hyakunin Isshu 100 Poems by 100 Poets 』 より英訳を引用


<出典>

新古今集・巻11・恋歌1・1034 
「百首歌の中に忍恋を」式子内親王
(百首の歌の中に「忍ぶる恋」を詠んだ歌)

百首歌 :正治二年(1200年)に後鳥羽院の命により詠進した「後鳥羽院初度百首」のこと。

「忍恋」=「忍ぶる恋」(心に秘めた恋) :あらかじめ与えられた歌の題
※あらかじめ与えられた題をもとに歌を詠むことを「題詠(だいえい)」といいます。
Sponsored Links
<作者>

式子内親王(しきしないしんのう・しょくしないしんのう)
1149年~1201年。平安末期・鎌倉初期の歌人。後白河天皇の第三皇女。賀茂神社の斎院となり、のちに出家。歌を藤原俊成に学び、藤原定家とも親交があった。清澄高雅な歌風。

※斎院(さいゐん)
天皇の即位ごとに選ばれ、天皇に代わって賀茂神社に奉仕した未婚の皇女。天皇の妻である中宮と同格。「神の妻」ともいえる立場であるため、任期中未婚であるのはもちろんのこと、任期を終えた後も皇族や最上級貴族としか結婚を許されない。
伊勢神宮に天皇の名代として奉仕する未婚の皇女は、斎宮(さいぐう)。


<品詞分解・語句文法解説>

玉の緒(たまのを) :名詞 命。
※魂(たま)を肉体につなぎ留めておくヒモに由来。

よ :間投助詞

絶え :動詞ヤ行下二段活用「絶ゆ(たゆ)」の連用形

な :強意(完了)の助動詞「ぬ」の未然形

ば :順接仮定条件の接続助詞 ~ならば。

絶え :動詞ヤ行下二段活用「絶ゆ(たゆ)」の連用形

ね :強意(完了)の助動詞「ぬ」の命令形 ◇「放任法」(下の文法特記を参照のこと。)
※上の「な」・この「ね」は、まだ完了していない未確定のことだから、「完了」ではなく「強意」。

ながらへ :動詞ハ行下二段活用「長らふ(ながらふ)」の未然形 生き長らえる。

ば :順接仮定条件の接続助詞 ~ならば。

忍ぶる :動詞バ行上二段活用「忍ぶ(しのぶ)」の連体形 
人目に付かないように隠す。秘密にする。感情を抑えて耐える。こらえる。

こと :名詞

の :主格の格助詞 ~が。

弱り :動詞ラ行四段活用「弱る(よわる)」の連用形

も :係助詞

ぞ :係助詞 ◇「もぞ」下の<文法特記>を参照のこと。
※「もぞ」を一語の係助詞とする立場もある。

する :動詞サ行変格活用「す」の連体形

Sponsored Links


<文法特記>

◇「絶えなば絶えね」の「な」+「ば」~「ね」
「放任法(ほうにんほう)」=投げやりな気持ち、相手を突き放す気持ち、許容する気持ちを表す用法。

「Aの未然形」+「ば」(順接仮定条件の接続助詞)~「Aの命令形」の形。
「~(する)なら、~(し)てしまえ」、「~(する)なら、~(し)てもかまわない」

この他に「放任法」の有名な例としては、「沈まば沈め」や「晒さば晒せ(さらさばさらせ)」(平家物語・忠度の都落ち)など。


◇「もぞ」 :(悪い事態を予測して)~すると困る。~するといけない。~すると大変だ。
※「もぞ」は、同じ意味の「もこそ」とともに「もぞ・もこそ構文」とか「困惑構文」、「懸念構文」といいます。
「もこそ」の場合の結びは、もちろん已然形。

小倉百人一首で「もこそ」が使われている歌は、いずれブログ記事で紹介しますが、
72番「音に聞く高師の浜のあだ波はかけじや袖のぬれもこそすれ」

「もぞ」は、ほとんどの高校1年生が最初に習う古文、「宇治拾遺物語 児のそら寝」でも使われていますね。
「待ちけるかともぞ思ふとて」
【(ぼたもちが出来上がるのを)待っていたのかと(僧たちが)思うといけないと考えて】


<古典文法の基礎知識>

「古文」を苦手科目から得意科目にする古典文法の基礎知識です。

◇「現代仮名遣い」のルールについては、「現代仮名遣い・発音(読み方)の基礎知識」の記事をどうぞ。

◇「用言の活用と見分け」については、「用言(動詞・形容詞・形容動詞)の活用と見分け方」の記事をどうぞ。

◇「助動詞・助詞の意味」や「係り結び」・「準体法」などについては、「古典文法の必須知識」 の記事をどうぞ。

◇「助動詞の活用と接続」については、「助動詞の活用と接続の覚え方」の記事をどうぞ。

◇「音便」や「敬語(敬意の方向など)」については、 「音便・敬語の基礎知識」の記事をどうぞ。

Sponsored Links


<和歌の基礎知識>

◎和歌の文法、用語、和歌集、歌風などについては、「和歌の文法・用語の基礎知識」をどうぞ。

◎和歌の修辞法(表現技法)については、「和歌の修辞法(表現技法)の基礎知識」をどうぞ。


<修辞法(表現技法)・係り結び>

・句切れ :初句切れ、二句切れ
※「二句切れ」のみとする立場もある。

・縁語 :「絶え」、「ながらへ」、「弱り」が、「緒」の縁語
※緒(ヒモ・命)が「切れる」、「長く続く」、「弱る」という関係性。

・倒置 :このブログの訳のように結句(第五句)を「~から。」と倒置として解釈するのが一般的。

・係り結び :「ぞ」または「もぞ」→「する」

※「修辞法」が分からない人は、上にリンクをつけてある「修辞法の基礎知識」を、「係り結び」が分からない人は、「文法・用語の基礎知識」を読んでね。


<和歌索引>

◆ブログ内の和歌を探す時は、カテゴリーではなく下に示す各一覧を利用してね。

和歌:ブログ収録・歌別一覧
和歌:ブログ収録・作者別一覧
万葉集:ブログ収録和歌一覧
古今集:ブログ収録和歌一覧
新古今集:ブログ収録和歌一覧
小倉百人一首:歌番号順一覧
伊勢物語:ブログ収録和歌一覧
ヨルタモリ:日本古典文学講座:百人一首一覧


<古文や和歌の学習書と古語辞典>

古文や和歌を学ぶための学習書や古語辞典については、おすすめ書籍を紹介した下の各記事を見てね。
《古文・和歌の学習書の記事へ⇒》

《品詞分解付き対訳書の記事へ⇒》

《古語辞典の記事へ⇒》
Sponsored Links
◇関連記事 (前後の7記事を表示)
 その他の記事は、右サイドメニューの「カテゴリ」(和歌などは索引)からどうぞ。
 

Comment (コメント)

 (任意) 未入力時 = よみ人しらず
 (任意) 入力時もコメント欄には非表示
 (必須) 管理人承認後に表示
Private

Categories (カテゴリ)
Search This Blog (ブログ内検索)
Featured Posts (特集・古典の基礎知識)
◆ 古典を得意科目にする記事
My Recommended Books (おすすめ書籍)
◆ 辞書と学習書の記事
Popular Posts (人気記事)
All Posts (すべての記事)
This and That (あれこれ)
  • ブログ記事に誤字や記述間違い等がある場合は、コメント欄から教えてください。
  • このブログのリンクはご自由にどうぞ。
    その際に連絡の必要はありません。
  • 古典作品の解説や和歌の鑑賞文などを目的とした中学生の読者さんもいるようですね。

    このブログの古典文法などは、詳しい文法的説明を求める高校生以上の読者を想定して書いています。一般の中学生には必要のない知識なので、わからなくても気にしないでね。
About This Blog (このブログについて)

んば

Author:んば
Since May 9,2014


くらすらん
暮らす欄くらすらむClass Run

この絵は私のお気に入りで
アンリ・ルソー『眠るジプシーの女』