HOME > その他の和歌・俳諧俳句 > 本居宣長の和歌 敷島の大和心を人問はば 品詞分解と訳

本居宣長の和歌 敷島の大和心を人問はば 品詞分解と訳

Sponsored Links
 今回は、「本居宣長の代表的な和歌」の現代語訳(口語訳・意味)・品詞分解・語句文法解説・修辞法(表現技法)・おすすめ書籍などについて紹介します。


肖像自賛 本居宣長(もとおりのりなが)


敷島の大和心を人問はば朝日に匂ふ山桜花


<平仮名> (歴史的仮名遣い)

しきしまの やまとごころを ひととはば あさひににほふ やまざくらばな


<現代語訳>

大和心とはどのようなものかと人が尋ねたならば、朝日に美しく照り映えている山桜の花のようなものだと、私は答えよう。

(寛政2年(1790年)8月、61歳の時に描いた自画像に自讃した歌。)


<品詞分解・語句文法解説>

敷島の :枕詞
        
大和心 :名詞 
①漢学の才に対して日本人が本来持っている知恵や才能。=大和魂 ⇔ 漢心(からごころ)
②日本人としての優美で柔和な心。

を :格助詞

人 :名詞

問は :動詞ハ行四段活用「問ふ」の未然形

ば :順接仮定条件の接続助詞 ~ならば。

朝日 :名詞

に :格助詞

匂ふ(にほふ) :動詞ハ行四段活用「匂ふ(にほふ)」の連体形 美しく照り映える。
◇「匂ふ(にほふ)」の現代仮名遣いが分からない人は、下段のリンクからルールを勉強してね。

山桜花 :名詞
Sponsored Links
<古典文法の基礎知識>

「古文」を苦手科目から得意科目にする古典文法の基礎知識です。

◇「現代仮名遣い」のルールについては、「現代仮名遣い・発音(読み方)の基礎知識」の記事をどうぞ。

◇「用言の活用と見分け」については、「用言(動詞・形容詞・形容動詞)の活用と見分け方」の記事をどうぞ。

◇「助動詞・助詞の意味」や「係り結び」・「準体法」などについては、「古典文法の必須知識」 の記事をどうぞ。

◇「助動詞の活用と接続」については、「助動詞の活用と接続の覚え方」の記事をどうぞ。

◇「音便」や「敬語(敬意の方向など)」については、 「音便・敬語の基礎知識」の記事をどうぞ。


<和歌の基礎知識>

◎和歌の文法、用語、和歌集、歌風などについては、「和歌の文法・用語の基礎知識」をどうぞ。

◎和歌の修辞法(表現技法)については、「和歌の修辞法(表現技法)の基礎知識」をどうぞ。


<修辞(表現技法)>

枕詞 :「敷島の」が、「大和」に係る枕詞(敷島に大和の都があったことに由来)
※敷島は磯城島とも書き、今の奈良県桜井市。

体言止め :山桜花


本居宣長六十一歳自画自賛像
 「本居宣長六十一歳自画自賛像」


 これは宣長六十一寛政の二とせと

 いふ年の秋八月にてづからうつし

 たるおのがゝたなり


  筆のついでに
  
   しき嶋のやまとごゝろを人とはゞ
    
      朝日にゝほふ山ざくら花


 


<私の一言>

 この歌は新渡戸稲造の「武士道 (岩波文庫)」第15章の中でも取り上げられています。

 戦時中の昭和17年に撰集された「愛国百人一首」の歌番号60番でもあります。

 ちなみに、今は日本の桜のほとんどがソメイヨシノですが、これは江戸末期から明治初期に東京の染井にあった植木屋さんが作った新種の桜で、和歌によく詠まれる吉野とは無関係です。

 山桜をこよなく愛した本居宣長は、ソメイヨシノも愛するのでしょうかね。

 本居宣長を知るための書籍としては、「本居宣長(上・下) 小林秀雄(新潮文庫)」ですね。


<和歌索引>

◆ブログ内の和歌を探す時は、カテゴリーではなく下に示す各一覧を利用してね。

和歌:ブログ収録・歌別一覧
和歌:ブログ収録・作者別一覧
万葉集:ブログ収録和歌一覧
古今集:ブログ収録和歌一覧
新古今集:ブログ収録和歌一覧
小倉百人一首:歌番号順一覧
伊勢物語:ブログ収録和歌一覧
ヨルタモリ:日本古典文学講座:百人一首一覧


<古文や和歌の学習書と古語辞典>

古文や和歌を学ぶための学習書や古語辞典については、おすすめ書籍を紹介した下の各記事を見てね。
《古文・和歌の学習書の記事へ⇒》

《品詞分解付き対訳書の記事へ⇒》

《古語辞典の記事へ⇒》
Sponsored Links
◇関連記事 (前後の7記事を表示)
 その他の記事は、右サイドメニューの「カテゴリ」(和歌などは索引)からどうぞ。
 

Comment (コメント)

 (任意) 未入力時 = よみ人しらず
 (任意) 入力時もコメント欄には非表示
 (必須) 管理人承認後に表示
Private

Categories (カテゴリ)
Search This Blog (ブログ内検索)
Featured Posts (特集・古典の基礎知識)
◆ 古典を得意科目にする記事
My Recommended Books (おすすめ書籍)
◆ 辞書と学習書の記事
Popular Posts (人気記事)
All Posts (すべての記事)
This and That (あれこれ)
  • ブログ記事に誤字や記述間違い等がある場合は、コメント欄から教えてください。
  • このブログのリンクはご自由にどうぞ。
    その際に連絡の必要はありません。
  • 古典作品の解説や和歌の鑑賞文などを目的とした中学生の読者さんもいるようですね。

    このブログの古典文法などは、詳しい文法的説明を求める高校生以上の読者を想定して書いています。一般の中学生には必要のない知識なので、わからなくても気にしないでね。
About This Blog (このブログについて)

んば

Author:んば
Since May 9,2014


くらすらん
暮らす欄くらすらむClass Run

この絵は私のお気に入りで
アンリ・ルソー『眠るジプシーの女』