HOME > 現代文・古典の学習情報 > 古典文法 「音便」・「敬語」の基礎知識

古典文法 「音便」・「敬語」の基礎知識

Sponsored Links
今回は、古文の古典文法の中でも苦手にしている人が多い、音便と敬語の基礎知識について紹介します。


<音便(おんびん)の基礎知識>

◎ある言葉が他の言葉に続いた時に、発音しやすいように元の言葉の一部が規則的に変わる現象。

◇イ音便 :「い」の音に変わる現象。
例 :書きて→書て、良き→良、べき→べ

◇ウ音便 :「う」の音に変わる現象。
例 :思ひて→思て、あやしく→あやし、べき→べ

※なお、「あやしう」や「べう」の現代仮名遣い・読み方が分からない人は、「現代仮名遣い・発音(読み方)の基礎知識」の記事を参照してください。

◇促音便(そくおんびん) :「つ」の音に変わる現象。(古典文では小書きの「っ」ではなく並字の「つ」を用いる)
例 :持ちて→持て、言ひて→言

◇撥音便(はつおんびん) :「ん」の音に変わる現象。
例1 :呼びて→呼で、終わりぬ→終わ
例2 :あるなり→あなり、良かるなり→良かなり、べかるなり→べかなり

◇撥音便無表記 :撥音便の「ん」が無表記になる現象。

撥音便の「ん」が消えて無表記となるのは主に以下の場合が多い。
「あ」・「か」・「ざ」・「た」・「な」+「る→ん」+「なり(伝・推)」・「めり」・「べし」の形の時。

・あるなり→あんなり→あなり(「あ」=ラ変「あり」の連体形「ある」の撥音便無表記)
・べかるなり→べかんなり→べかなり(「べか」=推量などの助動詞「べし」の連体形「べかる」の撥音便無表記)
・ざるなり→ざんなり→ざなり(「ざ」=打消の助動詞「ず」の連体形「ざる」の撥音便無表記)
・たるなり→たんなり→たなり(「た」=完了・存続の助動詞「たり」の連体形「たる」の撥音便無表記)
・なるなり→なんなり→ななり(「な」=断定の助動詞「なり」の連体形「なる」の撥音便無表記)

◎読む時は、無表記になっている撥音便「ン」を加えて読むのがルール。
例えば、「あなり」なら「アナリ」ではなく、「アナリ」と読む。

※撥音便無表記のあとの助動詞「なり」は「伝聞・推定」。「断定」であることはない。


<敬語の基礎知識>
 
古文の敬語を苦手としている方が多いようですが、敬語はそれほど難しいものではありません。
敬語を苦手にしている人たちは、基本的な知識が整理されていないだけですね。
特に、この記事中段の《例題で敬意の方向をマスターしよう》は確実に理解できるようにしておくこと。

◇敬語は以下の3つに分類される。

◎尊敬語とは、「動作をする人」を敬うことば。

・尊敬の意味を含む名詞・代名詞(上・君など)、尊敬の意味を添える接頭語・接尾語(御・殿など)。

・尊敬の意味を含む動詞、尊敬の意味を添える補助動詞・助動詞。
「おはす」(いらっしゃる)、「ご覧ず(ごらんず)」(ご覧になる)、「宣ふ(のたまふ)」(おっしゃる)など。

◎謙譲語とは、「動作をされる人(受け手)」を敬うことば。
「申す(まうす)」(申し上げる)、「参る(まゐる)」(参上する)、「奉る(たてまつる)」(差し上げる)など。

◎丁寧語とは、丁寧な言い方をして会話(手紙)の「聞き手(読み手)」、文章の読み手である「読者」を敬うことば。
「侍り(はべり)」(あります・ございます)、「候ふ(さうらふ・さぶらふ)」(あります・ございます)など。

※主要な敬語動詞(30~50語)は、辞書や参考書などに載っている一覧をコピーしたり、自分で一覧を作るなどして、「敬語の一覧表」を常備し、尊敬語・謙譲語・丁寧語の分類、それぞれの訳し方をマスターすること。
(古文が苦手な人は、用言・助動詞の活用表、助詞・敬語・呼応の副詞の一覧表を常備しましょうね。)
Sponsored Links
◇本動詞と補助動詞

・本動詞 :動詞本来の意味で用いられる動詞。

・補助動詞 :動詞としての本来の意味が希薄になり、他の語の下に付いて付属的な意味を添える動詞。

例 :「大納言殿参り給ひて」(大納言殿が参上なさって)
「参り(まゐり)」=謙譲の本動詞(参上する。)、「給ひ(たまひ)」=尊敬の補助動詞(お~になる。~なさる。)
ちなみに、「給ふ」の本動詞としての意味は「お与えになる」など。

補助動詞の前に接続助詞「て」や係助詞「ぞ・なむ・や・か・こそ・は・も」のような助詞を介する形も多い。
例 :「夢にはあらず」(夢ではない) :「に」=断定の助動詞、「は」=係助詞、「あら」=補助動詞

この「あら」を敬語にすると、丁寧の補助動詞「侍ら」・「候は」(~ます。~あります。~ございます。)となる。
「夢には侍ら(候は)ず。」(夢ではございません。)

夢 :名詞
に :断定の助動詞「なり」の連用形
は :係助詞
あら :ラ変「あり」の未然形
ず :打消の助動詞「ず」の終止形


◇敬意の方向

◎「敬意の主体」(誰から) ※文の主語(動作主)と混同しないこと。

・地の文では、「作者(筆者)」からの敬意。
※大鏡・無名草子などでは「語り手」からの敬意。

・会話文(手紙文)では、「話し手(書き手)」からの敬意。

※地の文=文章中で会話文・手紙文・心内文などを除いた文。

◎「敬意の対象」(誰へ) ※いずれも、その対象に対して敬意を表し高める。

・尊敬語では、「動作をする人=主体」への敬意。
「~が。~は。」と訳す敬語対象者。

・謙譲語では、「動作をされる人=客体」への敬意。
「~に。~を。」と訳す敬語対象者。

・丁寧語では、
「地の文」の場合は、「読者」への敬意。
「会話文(手紙文)」の場合は、「聞き手(読み手)」への敬意。


◇「二方面・三方面の敬語と敬語が使われる順番」

◎敬語が重なる時は、「①謙譲語②尊敬語③丁寧語」の順番で使われる。

・二方面の例 :「「申し(謙譲語)給ふ(尊敬語)」、 「申し(謙譲語)侍り(丁寧語)」

・三方面の例 :「奉り(謙譲語)給ひ(尊敬語)侍り(丁寧語)」

Sponsored Links


■例題で「敬意の主体(誰から)と敬意の対象(誰へ)」(敬意の方向)をマスターしよう。

◎例題1 :《帝、后に文を書き奉り給ひ侍りけり。》

敬語が使われているのは「地の文」だから、敬意の主体は「作者」。

・《奉り》 :謙譲の補助動詞 :「作者」から「后」への敬意。
「(手紙を書く)動作をされる人を敬う。」(~に。~を。と訳す敬語対象者)

・《給ひ》 :尊敬の補助動詞 :「作者」から「帝」への敬意。
「(手紙を書く)動作をする人を敬う。」(~が。~は。と訳す敬語対象者)

・《侍り》 :丁寧の補助動詞 :「作者」から「読者」への敬意。
「地の文では読み手である「読者」を敬う。」

※「書き奉り給ひ侍り」の「本動詞」は「書き」だから、「奉り・給ひ・侍り」はすべて「補助動詞」。


◎例題2 :《大納言、「帝、后に文を書き奉り給ひ侍りけり。」と姫に申し給ひ侍りけり。》

会話文の敬意の主体は「話し手(大納言)」、地の文の敬意の主体は「作者」。

・《奉り》(会話文) :謙譲の補助動詞 :「話し手(大納言)」から「后」への敬意。
「(手紙を書く)動作をされる人を敬う。」(~に。~を。と訳す敬語対象者)

・《給ひ》(会話文) :尊敬の補助動詞 :「話し手(大納言)」から「帝」への敬意。
「(手紙を書く)動作をする人を敬う。」(~が。~は。と訳す敬語対象者)

・《侍り》(会話文) :丁寧の補助動詞 :「話し手(大納言)」から「聞き手(姫)」への敬意。
「会話文では「聞き手」を敬う。」

・《申し》(地の文) :謙譲の本動詞 :「作者」から「姫」への敬意。
「(申す)動作をされる人を敬う。」(~に。~を。と訳す敬語対象者)

・《給ひ》(地の文) :尊敬の補助動詞 :「作者」から「大納言」への敬意。
「(申す)動作をする人を敬う。」(~が。~は。と訳す敬語対象者)

・《侍り》(地の文) :丁寧の補助動詞 :「作者」から「読者」への敬意。
「地の文では読み手である「読者」を敬う。」

《奉り(たてまつり)》 :謙譲の補助動詞 :お~申し上げる。
《給ひ(たまひ)》 :尊敬の補助動詞 :お~になる。~なさる。
《侍り(はべり)》 :丁寧の補助動詞 :~ます。~おります。~ございます。
《申し(まうし)》 :謙譲の本動詞 :申し上げる。
例題1の訳 :《帝が后に手紙をお書き申し上げなさいました。》
例題2の訳 :《大納言は、「帝が后に手紙をお書き申し上げなさいました。」と姫に申し上げなさいました。》

Sponsored Links


◇「二重尊敬(最高敬語)」

◎尊敬の助動詞の連用形「せ」・「させ」・「しめ」+「給ふ」(尊敬語の補助動詞)の形が一般的。その他に、「せ」+「おはします」、「させ」+「おはします」など。

・地の文では、天皇・上皇・皇后・皇太子など最高階級の人々に対して使われる。

・会話文では、話し手と聞き手との関係で敬意の軽重が決まるので、自分の主人や「児のそら寝」の児などにも使われるように最高階級とは限らない。


◇「絶対敬語」(特定の人物に対する敬語) 

・奏す(そうす):謙譲語 :(天皇・上皇・法皇に)申し上げる。

・啓す(けいす):謙譲語 :(皇太后・皇后・中宮・皇太子に)申し上げる。

・御幸(みゆき・「歴」ごかう「現」ごこう) :上皇・法皇のお出かけ。

・行幸(みゆき・「歴」ぎやうがう「現」ぎょうごう) :天皇のお出かけ。

・行啓(「歴」ぎやうけい「現」ぎょうけい) :皇太后・皇后・中宮・皇太子・皇太子妃のお出かけ。


◇「自敬表現」

・自己敬語 :会話文で天皇などの高位者が自分で自分に尊敬語を用いるもので、筆者の敬意が混入したもの。

・尊大表現 :会話文で天皇などの高位者が謙譲語の命令形を用いて自分を高めるもので、「申せ」、「参れ」など。
※敬意の対象が明確でない場合は、これを荘重体敬語をする立場もある。


◇下二段の補助動詞「給ふ(たまふ)」【特殊な謙譲語(謙譲語Ⅱ) or 特殊な丁寧語】

 下二段の補助動詞「給ふ:(~ます)」は、例外的な敬語動詞。※下二段の本動詞「給ふ」(頂く)は謙譲語。
 命令形がなく、終止形での用例もほぼないので、「下二段のたまふる」とも呼ばれる「特殊な謙譲語 or 特殊な丁寧語」。
 単に動作の及ぶ相手を高めて敬意を表すのではなく、話し手が聞き手にかしこまりの気持ちを表すもので、謙譲語であったものが丁寧語に移行する過渡期の用法。一般的には謙譲語に分類されるが、丁寧語とする立場もある。

 「四段活用の給ふ(尊敬語)」との形の上での識別は、「給は・給ひ・給ふ」→四段、「給ふる・給ふれ」→下二段。
 「給へ」の時に、四段已然形・命令形or下二段未然形・連用形を上下の接続・文脈などから判断。

 「下二段の給ふ」は、①会話文や手紙文で②1人称の動作に(話し手自身かそれに属する人)③「思ふ」「見る」「聞く」「知る」に付いて用いられるのが特徴。また、「思ひ出づ」のような複合動詞に付く場合は、「思ひ給へ出づ」のように複合動詞の間に入り込む。

 ※なお、この「下二段の給ふ」は、「四段の給ふ」などと共に、今年2015年度のセンター試験で敬意の方向(誰から誰へ)や敬語の種類をを問う形で出題されました。その際、「下二段の給ふ」の選択肢は、尊敬語と謙譲語だけで丁寧語はありませんでした。


◇「特殊な謙譲語(謙譲語Ⅱ) or 特殊な丁寧語」(荘重体敬語)

 枕草子「中納言参り給ひて」の一節である「『さらにまだ見ぬ骨のさまなり』となむ人々申す。~」の「申す:(申します)」のような敬語は、古典文法の例外的な扱いで、「特殊な謙譲語(謙譲語Ⅱ) もしくは 特殊な丁寧語」とされ、丁寧語で分類する場合も、「敬意の対象」である「読者」や「聞き手」に対し敬意を表し高める「侍り(はべり)」や「候ふ」とはニュアンスが違い、「敬意の主体」側の「かしこまり」の気持ちが強い特殊な丁寧語。

 主に会話文や手紙文、古今集など勅撰和歌集の詞書・左注(天皇が読者であるため)などで用いられるが、「吉田と申す馬乗り」(徒然草第186段)などのように地の文で用いられることもある。

 謙譲語Ⅱとする「ベネッセ全訳古語辞典 改訂版」によると、『話し手が、自分の側の動作を低めて、聞き手にかしこまりの気持ちを表す』とあり、自己卑下の敬語。
 なお、ベネッセ系の古語辞典が丁寧語ではなく「謙譲語Ⅱ」を採用しているのは、「申し侍り」のような例の場合に、通常の形ではない「丁寧語+丁寧語」となってしまうため。

 話し手が場を意識した重々しい格式ばった表現でもあるので、荘重体敬語(そうちょうたいけいご)もしくは格式語とも言う。
 「古文解釈の方法 関谷浩 駿台文庫」によると、「人々申す」の「申す」を単に謙譲語とするのは、「(話し手である)私に(隆家に)」人々が「申す」ことになり、「私」では敬うべき客体にはならず、「敬うべき客体が存在しない時に荘重体敬語と見る」と述べられている。

 他に「参る、まかる、まうで来」(参ります)」、「つかまつる」(いたします)」などに、この用法ある。

 このブログの収録作品では、「徒然草 高名の木登り」「徒然草 丹波に出雲といふ所あり」などの会話文、「飽かなくにまだきも月のかくるるか~」(古今集・伊勢物語・在原業平)、「風吹けば沖つ白波たつた山~」(古今集・伊勢物語・よみ人しらず)などの詞書や左注に同様の用法が見られる。

 荘重体敬語は、学校文法の範囲外なので、学校では素通りしたり、単に謙譲語としている場合もあるかも知れませんが、あなたに指導者がいるのなら、その文法解釈に従って下さいね。

 また、荘重体敬語が試験で問われることはないとは思いますが、仮に試験で問われたとしても、上で示した今年2015年度のセンター試験で問われた下二段の補助動詞「給ふ」と同様に、選択肢に謙譲語と丁寧語の両方があることはないと思います。


<古文の学習書と古語辞典>

 古文を学ぶための学習書や古語辞典については、おすすめ書籍を紹介した下の各記事を見てね。
 《⇒古文学習書の記事へ》 

 《⇒品詞分解付き対訳書の記事へ》 

 《⇒古語辞典の記事へ》
Sponsored Links
◇関連記事 (前後の7記事を表示)
 その他の記事は、右サイドメニューの「カテゴリ」(和歌などは索引)からどうぞ。
 

Comment (コメント)

 (任意) 未入力時 = よみ人しらず
 (任意) 入力時もコメント欄には非表示
 (必須) 管理人承認後に表示
Private

Categories (カテゴリ)
Search This Blog (ブログ内検索)
Featured Posts (特集・古典の基礎知識)
◆ 古典を得意科目にする記事
My Recommended Books (おすすめ書籍)
◆ 辞書と学習書の記事
Popular Posts (人気記事)
All Posts (すべての記事)
This and That (あれこれ)
  • ブログ記事に誤字や記述間違い等がある場合は、コメント欄から教えてください。
  • このブログのリンクはご自由にどうぞ。
    その際に連絡の必要はありません。
  • 古典作品の解説や和歌の鑑賞文などを目的とした中学生の読者さんもいるようですね。

    このブログの古典文法などは、詳しい文法的説明を求める高校生以上の読者を想定して書いています。一般の中学生には必要のない知識なので、わからなくても気にしないでね。
About This Blog (このブログについて)

んば

Author:んば
Since May 9,2014


くらすらん
暮らす欄くらすらむClass Run

この絵は私のお気に入りで
アンリ・ルソー『眠るジプシーの女』