HOME > その他の古文作品 > 大鏡 三舟の才(三船の才) 品詞分解と現代語訳

大鏡 三舟の才(三船の才) 品詞分解と現代語訳

Sponsored Links
 今回は、「大鏡 三舟の才(三船の才・公任の誉れ・三船の誉れ)」の原文・現代語訳(口語訳)・品詞分解(文法的説明)・敬語(敬意の方向)・語句の意味・文法解説・係り結び・和歌の修辞・鑑賞・おすすめ書籍などについて紹介します。


 「大鏡 三舟の才(三船の才)」(太政大臣頼忠伝)


<原文>

 ひととせ、入道殿(にふだうどの)の、大井川(おほゐがは)に逍遥せ(せうえうせ)させ給ひ(たまひ)しに、作文(さくもん)の舟、管絃(くわんげん)の舟、和歌の舟と分かたせ給ひて、その道にたへたる人々を乗せさせ給ひしに、この大納言の参り(まゐり)給へるを、入道殿、「かの大納言、いづれの舟にか乗らるべき」とのたまはすれば、「和歌の舟に乗り侍らむ」とのたまひて、詠み(よみ)給へるぞかし、

  をぐら山あらしの風の寒ければ紅葉(もみぢ)の錦着ぬ人ぞなき

申しうけ(まうしうけ)給へるかひありてあそばしたりな。御みづからも、のたまふなるは、「作文のにぞ乗るべかりける。さてかばかりの詩(からうた)をつくりたらましかば、名のあがらむこともまさりなまし。口惜しかり(くちをしかり)けるわざかな。さても、殿の、『いづれにとか思ふ』とのたまはせしになむ、我ながら心おごりせられし」とのたまふなる。一事(ひとこと)のすぐるるだにあるに、かくいづれの道もぬけ出で給ひけむは、いにしへも侍ら(はべら)ぬことなり。


<現代語訳>

 ある年、入道殿(藤原道長)が、 大井川で舟遊びをなさったときに、漢詩(を作る人)の(乗る)舟、音楽(を演奏する人)の(乗る)舟、和歌(を詠む人)の(乗る)舟とお分けになって、それぞれの芸道にすぐれている人々をお乗せになったが、この大納言殿(藤原公任)がおいでになったので、入道殿が、「あの大納言は、どの舟にお乗りになるのだろうか」とおっしゃったところ、(公任は) 「和歌の舟に乗りましょう」とおっしゃって、(和歌の舟に乗って)お詠みになった歌であるよ、

 《小倉山や嵐山から吹きおろす(強い)山風が寒いので、(その山風によって人々の衣に散りかかる)紅葉の錦を着ない人はいない。(=紅葉が人々の衣に散りかかって、どの人も美しい錦の衣を着飾っているようだ。)》

(公任が自分から)お願いして(和歌の舟に乗ることを)引き受けなさった甲斐があって、(見事な歌を)お詠みになったことよ。(公任が)ご自分でも(人に)おっしゃったとかいうことには、「漢詩の舟に乗るべきであったなあ。そして、これほどの(=この和歌に匹敵するほどすぐれた)漢詩を作ったなら、名声のあがるようなことも一層であっただろうに(=名声も一層あがっただろうに)。残念なことだったよ。それにしても、入道殿が、『どの舟に(乗ろう)と思うか』とおっしゃったのには、我ながら得意にならずにはいられなかった」とおっしゃったそうだ。一つの事がすぐれているという事でさえ、まれな事であるのに、このようにどの道にもすぐれていらっしゃったとかいうことは、昔も(例の)ないことです。


<鑑賞・私の一言>

「三舟の才」は、藤原公任の文化人としての才能を讃えたものですが、道長が栄華を極める中で、公任は政治的には不遇でした。

本当は漢詩も得意なのに、和歌の舟を選んだのは、政治的な立場の違いによる道長への遠慮があったのでしょうね。

大鏡(平安時代後期)の文学ジャンルは紀伝体の「歴史物語」で作者は未詳。

予想テスト問題は、気分が乗ったらいずれ追記します。
Sponsored Links
<品詞分解(文法的説明=文法解釈)>

◇主要な品詞を色別表示にした見やすい品詞分解を別サイトに作成しました。
《⇒品詞色別表示の品詞分解サイトへ行く》

 ※活用の基本形を、ひらがなで示した。動詞は、品詞名を省略した。
 ※二通りの解釈や説がある場合、「べかり【当然(適当)・・・】」などのように示した。

 ひととせ、入道殿の、大井川に逍遥せさせ給ひしに、作文の舟、管絃の舟、和歌の舟と分かたせ給ひて、
 ひととせ【名詞】、 入道殿【名詞】 の【格助詞】、 大井川【名詞】 に【格助詞】 逍遥せ【サ行変格活用「せうえうす」の未然形】 させ【尊敬の助動詞「さす」の連用形】 給ひ【ハ行四段活用「たまふ」の連用形:尊敬の補助動詞】 し【過去の助動詞「き」の連体形】 に【格助詞】、 作文【名詞】 の【格助詞】 舟【名詞】、 管絃【名詞】 の【格助詞】 舟【名詞】、 和歌【名詞】 の【格助詞】 舟【名詞】 と【格助詞】 分かた【タ行四段活用「わかつ」の未然形】 せ【尊敬の助動詞「す」の連用形】 給ひ【ハ行四段活用「たまふ」の連用形:尊敬の補助動詞】 て【接続助詞】、

その道にたへたる人々を乗せさせ給ひしに、
そ【代名詞】 の【格助詞】 道【名詞】 に【格助詞】 たへ【ハ行下二段活用「たふ」の連用形】 たる【存続の助動詞「たり」の連体形】 人々【名詞】 を【格助詞】 乗せ【サ行下二段活用「のす」の未然形】 させ【尊敬の助動詞「さす」の連用形】 給ひ【ハ行四段活用「たまふ」の連用形:尊敬の補助動詞】 し【過去の助動詞「き」の連体形】 に【接続助詞】、

この大納言の参り給へるを、入道殿、「かの大納言、いづれの舟にか乗らるべき」とのたまはすれば、
こ【代名詞】 の【格助詞】 大納言【名詞】 の【格助詞】 参り【ラ行四段活用「まゐる」の連用形:謙譲の本動詞】 給へ【ハ行四段活用「たまふ」の已然形:尊敬の補助動詞】 る【完了の助動詞「り」の連体形】 を【接続助詞】、 入道殿【名詞】、 「か【代名詞】 の【格助詞】 大納言【名詞】、 いづれ【代名詞】 の【格助詞】 舟【名詞】 に【格助詞】 か【係助詞】 乗ら【ラ行四段活用「のる」の未然形】 る【尊敬の助動詞「る」の終止形】 べき【推量の助動詞「べし」の連体形】」 と【格助詞】 のたまはすれ【ハ行下二段活用「のたまはす」の已然形:尊敬の本動詞】 ば【接続助詞】、
※《のたまは【ハ行四段活用「のたまふ」の未然形:尊敬の本動詞】+すれ【尊敬の助動詞「す」の已然形】》とする場合もある。

「和歌の舟に乗り侍らむ」とのたまひて、詠み給へるぞかし、
「和歌【名詞】 の【格助詞】 舟【名詞】 に【格助詞】 乗り【ラ行四段活用「のる」の連用形】 侍ら【ラ行変格活用「はべり」の未然形:丁寧の補助動詞】 む【意志の助動詞「む」の終止形】」 と【格助詞】 のたまひ【ハ行四段活用「のたまふ」の連用形:尊敬の本動詞】 て【接続助詞】、 詠み【マ行四段活用「よむ」の連用形】 給へ【ハ行四段活用「たまふ」の已然形:尊敬の補助動詞】 る【完了の助動詞「り」の連体形】 ぞ【終助詞】 かし【終助詞】、
※ぞ【係助詞】とする立場もある。

 をぐら山あらしの風の寒ければ紅葉の錦着ぬ人ぞなき
 をぐら山【名詞】 あらし【名詞】 の【格助詞】 風【名詞】 の【格助詞】 寒けれ【形容詞ク活用「さむし」の已然形】 ば【接続助詞】 紅葉【名詞】 の【格助詞】 錦【名詞】 着【カ行上一段活用「きる」の連用形】 ぬ【打消 の助動詞「ず」の連体形】 人【名詞】 ぞ【係助詞】 なき【形容詞ク活用「なし」の連体形】

Sponsored Links


申しうけ給へるかひありてあそばしたりな。
申しうけ【カ行下二段活用「まうしうく」の連用形:謙譲の本動詞】 給へ【ハ行四段活用「たまふ」の已然形:尊敬の補助動詞】 る【完了の助動詞「り」の連体形】 かひ【名詞】 あり【ラ行変格活用「あり」の連用形】 て【接続助詞】 あそばし【サ行四段活用「あそばす」の連用形:尊敬の本動詞】 たり【完了の助動詞「たり」の終止形】 な【終助詞】。

御みづからも、のたまふなるは、「作文のにぞ乗るべかりける。
御みづから【副詞】 も【係助詞】、 のたまふ【ハ行四段活用「のたまふ」の終止形:尊敬の本動詞】 なる【伝聞の助動詞「なり」の連体形】 は【係助詞】、 「作文【名詞】 の【格助詞】 に【格助詞】 ぞ【係助詞】 乗る【ラ行四段活用「のる」の終止形】 べかり【当然(適当)の助動詞「べし」の連用形】 ける【詠嘆の助動詞「けり」の連体形】。
※御みづから【名詞】とする立場もある。

さてかばかりの詩をつくりたらましかば、名のあがらむこともまさりなまし。口惜しかりけるわざかな。
さて【接続詞(副詞)】 かばかり【副詞】 の【格助詞】 詩【名詞】 を【格助詞】 つくり【ラ行四段活用「つくる」の連用形】 たら【完了の助動詞「たり」の未然形】 ましか【反実仮想の助動詞「まし」の已然形】 ば【接続助詞】、 名【名詞】 の【格助詞】 あがら【ラ行四段活用「あがる」の未然形】 む【婉曲の助動詞「む」の連体形】 こと【名詞】 も【係助詞】 まさり【ラ行四段活用「まさる」の連用形】 な【強意の助動詞「ぬ」の未然形】 まし【反実仮想の助動詞「まし」の終止形】。 口惜しかり【形容詞シク活用「くちをし」の連用形】 ける【詠嘆の助動詞「けり」の連体形】 わざ【名詞】 かな【終助詞】。

さても、殿の、『いづれにとか思ふ』とのたまはせしになむ、我ながら心おごりせられし」とのたまふなる。
さても【接続詞】、 殿【名詞】 の【格助詞】、 『いづれ【代名詞】 に【格助詞】 と【格助詞】 か【係助詞】 思ふ【ハ行四段活用「おもふ」の連体形】』 と【格助詞】 のたまはせ【ハ行下二段活用「のたまはす」の連用形:尊敬の本動詞】 し【過去の助動詞「き」の連体形】 に【格助詞】 なむ【係助詞】、 我ながら【名詞】 心おごり【名詞】 せ【サ行変格活用「す」の未然形】 られ【自発の助動詞「らる」の連用形】 し【過去の助動詞「き」の連体形】」 と【格助詞】 のたまふ【ハ行四段活用「のたまふ」の終止形:尊敬の本動詞】 なる【伝聞の助動詞「なり」の連体形】。
※《のたまは【ハ行四段活用「のたまふ」の未然形:尊敬の本動詞】+せ【尊敬の助動詞「す」の連用形】》とする場合もある。
※心おごりせ【サ行変格活用「こころおごりす」の未然形】とする場合もある。

一事のすぐるるだにあるに、かくいづれの道もぬけ出で給ひけむは、いにしへも侍らぬことなり。
一事【名詞】 の【格助詞】 すぐるる【ラ行下二段活用「すぐる」の連体形】 だに【副助詞】 ある【ラ行変格活用「あり」の連体形】 に【接続助詞】、 かく【副詞】 いづれ【代名詞】 の【格助詞】 道【名詞】 も【係助詞】 ぬけ出で【ダ行下二段活用「ぬけいづ」の連用形】 給ひ【ハ行四段活用「たまふ」の連用形:尊敬の補助動詞】 けむ【過去伝聞の助動詞「けむ」の連体形】 は【係助詞】、 いにしへ【名詞】 も【係助詞】 侍ら【ラ行変格活用「はべり」の未然形:丁寧の本動詞】 ぬ【打消 の助動詞「ず」の連体形】 こと【名詞】 なり【断定の助動詞「なり」の終止形】。

Sponsored Links


<古典文法の基礎知識>

「古文」を苦手科目から得意科目にする古典文法の基礎知識です。

◆「現代仮名遣い」のルールについては、「現代仮名遣い・発音(読み方)の基礎知識」の記事をどうぞ。

◆「用言の活用と見分け」については、「用言(動詞・形容詞・形容動詞)の活用と見分け方」の記事をどうぞ。

◆「助動詞・助詞の意味」や「係り結び」・「準体法」などについては、「古典文法の必須知識」 の記事をどうぞ。

◆「助動詞の活用と接続」については、「助動詞の活用と接続の覚え方」の記事をどうぞ。

◆「音便」や「敬語(敬意の方向など)」については、 「音便・敬語の基礎知識」の記事をどうぞ。


<語句・文法解説>

■準体法、主な助動詞・助詞の意味などについては、上にリンクを付けてある「古典文法の必須知識」を読んでね。

◇敬語については、「敬意の主体(誰から)」→「敬意の対象(誰へ)」(敬意の方向)と意味を下段にまとめて示した。


三舟の才(さんしゅうのざえ) :漢詩・管弦・和歌の才能。
※三船の才(さんせんのざえ)ともいう。 

ひととせ :(過去に用いて)ある年。

入道殿(にふだうどの) :藤原道長のこと。
※「入道(にふだう)」や下の「逍遥(せうえう)」の現代仮名遣いが分からない人は、上にあるリンクから「現代仮名遣い」の勉強をしてね。

「入道殿の」の「の」 :主格の格助詞 ~が。

逍遥せ(せうえうせ) :気ままにぶらぶら遊ぶ。ここでは「舟遊びをする」こと。

作文(さくもん) :漢詩を作ること。

「逍遥せさせ給ひしに」の「し」 :準体法なので、ここでは「とき」などを補って訳出する。
※この文章では他にも準体法が数箇所ある。

たへ(堪へ) :十分に能力を持つ。すぐれる。

この大納言 :藤原公任(きんとう)のこと。

いづれ :どの。

「ぞかし」 :文末に用いて断定し、さらに念を押して)~であるよ。~なのだよ。

・・・◇和歌「をぐら山~」の修辞法(表現技法)・・・
・掛詞 :「あらし」が、「嵐山」と「嵐」(山から吹きおろす風) の掛詞。
・見立て :「紅葉」を「美しい錦の衣」に見立てている。
・歌枕 :をぐら山(小倉山)。
※和歌の修辞法(表現技法)などについては、「和歌の基礎知識」に関する記事を参照してください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

申しうけ :お願いして引き受ける。

かひ :効果。甲斐。

あそばし :(芸道をする意味の尊敬語)ここでは「(歌を)お詠みになる」。

「あそばしたりな」の「な」 :詠嘆の終助詞 ~なあ。~ことよ。

御みづから :ご自分から。ご自分で。

「作文のにぞ乗るべかりける」の「の」 :準体格(体言の代用)の格助詞 「の」のあとに「舟」などを補って訳出する。

◇「乗るべかりける」の「べかり」 :「当然(~べきだ。)」または「適当(~がよい。)」のどちらの解釈も可能。
助動詞「べし」の意味は曖昧な場合も多く、ある程度の幅をもって解釈することが許される。
・当然 :乗るべきであったなあ。
・適当 :乗ればよかったなあ。
※「ける」は詠嘆の助動詞 ~だなあ。

さて :そして。そうして。

かばかり :これほど。=「この和歌に匹敵するほどすぐれた」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◇ワンポイント古典文法 「詩をつくりたら《ましかば、~まし》」

反実仮想の構文。 (もし)~だったら~だっただろうに。
※反実仮想の構文には、「せば~まし」、「ませば~まし」、「ましかば~まし」、「仮定(未然形+ば)~まし」の4つがある。

「反実仮想」=事実とは反対のことを仮定して想像する。

この文の事実は、「和歌の舟に乗って和歌を詠んだから、(見事な和歌ではあったが、)すぐれた漢詩を作ったほどの評価は得られなかった。」
※当時の男性にとって最も重要視された才能は漢詩で、和歌の才能は漢詩の才能よりも下にみられていた。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「名のあがらむこと」の「む」 :(文中の連体形なので)婉曲(仮定)の助動詞 「~ような。」(無理に訳出しなくてもよい。)

「なまし」の「な」 :完了の助動詞「つ」「ぬ」+推量の助動詞「む」「べし」「まし」など=完了→強意(確述)を表す。

口惜しかり(くちをしかり) :残念だ。

わざ :形式名詞 こと。

かな :感動・詠嘆の終助詞 ~だなあ。~ことよ。

さても :それにしても。

心おごり :得意になること。

「心おごりせられし」の「られ」 :自発の助動詞 自然に~られる。~しないではいられない。

「一事のすぐるるだに」の「だに」 :副助詞 ~でさえ。(程度の軽いものを挙げ、もっと重いものがあることを類推させる)
◇軽いもの=「一事のすぐるる」 重いもの=「いづれの道もぬけ出で」

かく :このように。

「ぬけ出で給ひけむは」の「けむ」 :(文中の連体形なので)過去伝聞の助動詞 ~たとかいう。~たような。
※ちなみに、この「けむ」も準体法なので、「こと」などを補って訳出する。


<係り結び>

(いづれの舟に)「か」→(乗らる)「べき」

(紅葉の錦着ぬ人)「ぞ」→「なき」

(作文のに)「ぞ」→(乗るべかり)「ける」

(いづれにと)「か」→「思ふ」

(のたまはせしに)「なむ」→(我ながら心おごりせられ)「し」

◇係り結びが分からない人は上にリンクを付けてある「古典文法の必須知識」を読んでね。


<敬語>

◇敬語の「敬意の主体(誰から)」→「敬意の対象(誰へ)」(敬意の方向)

※通常、地の文における「敬意の主体」は「作者」ですが、大鏡は大宅世継と夏山繁樹の語りを作者が聞き書きする形式ですから、、地の文における「敬意の主体」は「語り手」です。「三舟の才」の語り手は「大宅世継」。

※「道長」には二重尊敬(または最高敬語)が使われ、「公任」には普通の敬語しか使われていないことに注目。

・逍遥せ《させ給ひ》しに :お~になる。~なさる。
《させ》尊敬の助動詞+《給ひ》尊敬の補助動詞
《させ給ひ》二重尊敬・最高敬語 :「語り手(世継)」→「入道殿(道長)」

・分かた《せ給ひ》て :お~になる。~なさる。
《せ》尊敬の助動詞+《給ひ》尊敬の補助動詞
《せ給ひ》二重尊敬・最高敬語 :「語り手(世継)」→「入道殿(道長)」

・人々を乗せ《させ給ひ》しに :お~になる。~なさる。
《させ》尊敬の助動詞+《給ひ》尊敬の補助動詞
《させ給ひ》二重尊敬・最高敬語 :「語り手(世継)」→「入道殿(道長)」

・この大納言の《参り》《給へ》るを :《参り》参上する。うかがう。 《給へ》お~になる。~なさる。
《参り》謙譲の本動詞 :「語り手(世継)」→「入道殿(道長)」
《給へ》尊敬の補助動詞 :「語り手(世継)」→「大納言殿(公任)」

・「いづれの舟にか乗ら《る》べき」 :お~になる。~なさる。
《る》尊敬の助動詞 :「話し手(入道殿(道長))」→「大納言殿(公任)」

・いづれの舟にか乗らるべき」と《のたまはすれ》 :おっしゃる。
《のたまはすれ》尊敬の本動詞(最高敬語) :「語り手(世継)」→「入道殿(道長)」

・「和歌の舟に乗り《侍ら》む」 :~ます。
《侍ら》丁寧の補助動詞 :「話し手(大納言殿(公任))」→「聞き手(入道殿(道長))」

・「和歌の舟に乗り侍らむ」と《のたまひ》 :おっしゃる。
《のたまひ》尊敬の本動詞 :「語り手(世継)」→「大納言殿(公任)」

・詠み《給へ》るぞかし :お~になる。~なさる。
《給へ》尊敬の補助動詞 :「語り手(世継)」→「大納言殿(公任)」

・《申しうけ》《給へ》る :《申しうけ》お願いして引き受ける。 《給へ》お~になる。~なさる。
《申しうけ》謙譲の本動詞 :「語り手(世継)」→「入道殿(道長)」
《給へ》尊敬の補助動詞 :「語り手(世継)」→「大納言殿(公任)」

・《あそばし》たりな :お詠みになる。
《あそばし》尊敬の本動詞 :「語り手(世継)」→「大納言殿(公任)」

・御みづからも、《のたまふ》 :おっしゃる。
《のたまふ》尊敬の本動詞 :「語り手(世継)」→「大納言殿(公任)」

・「『いづれにとか思ふ』と《のたまはせ》」 :おっしゃる。
《のたまはせ》尊敬の本動詞(最高敬語) :「話し手(大納言殿(公任))」→「入道殿(道長)」

・「我ながら心おごりせられし」と《のたまふ》 :おっしゃる。
《のたまふ》尊敬の本動詞 :「語り手(世継)」→「大納言殿(公任)」

・かくいづれの道もぬけ出で《給ひ》 :お~になる。~なさる。
《給ひ》尊敬の補助動詞 :「語り手(世継)」→「大納言殿(公任)」

・いにしへも《侍ら》ぬことなり。 :あります。ございます。
《侍ら》丁寧の本動詞 「語り手(世継)」→「聞き手」

※古文の敬語が分からない人は、<語句・文法解説>の上にリンクを付けてある「敬語の基礎知識」を参照してね。


<このブログに収録済みの品詞分解作品>

 品詞分解:ブログ収録作品一覧


<古文の学習書と古語辞典>

 古文を学ぶための学習書や古語辞典については、おすすめ書籍を紹介した下の各記事を見てね。
 《⇒古文学習書の記事へ》 

 《⇒品詞分解付き対訳書の記事へ》 

 《⇒古語辞典の記事へ》
Sponsored Links
◇関連記事 (前後の7記事を表示)
 その他の記事は、右サイドメニューの「カテゴリ」(和歌などは索引)からどうぞ。
 

Comment (コメント)

 (任意) 未入力時 = よみ人しらず
 (任意) 入力時もコメント欄には非表示
 (必須) 管理人承認後に表示
Private

Categories (カテゴリ)
Search This Blog (ブログ内検索)
Featured Posts (特集・古典の基礎知識)
◆ 古典を得意科目にする記事
My Recommended Books (おすすめ書籍)
◆ 辞書と学習書の記事
Popular Posts (人気記事)
All Posts (すべての記事)
This and That (あれこれ)
  • ブログ記事に誤字や記述間違い等がある場合は、コメント欄から教えてください。
  • このブログのリンクはご自由にどうぞ。
    その際に連絡の必要はありません。
  • 古典作品の解説や和歌の鑑賞文などを目的とした中学生の読者さんもいるようですね。

    このブログの古典文法などは、詳しい文法的説明を求める高校生以上の読者を想定して書いています。一般の中学生には必要のない知識なので、わからなくても気にしないでね。
About This Blog (このブログについて)

んば

Author:んば
Since May 9,2014


くらすらん
暮らす欄くらすらむClass Run

この絵は私のお気に入りで
アンリ・ルソー『眠るジプシーの女』