HOME > 万葉集 > 万葉集 なかなかに人とあらずは酒壺に 品詞分解と訳

万葉集 なかなかに人とあらずは酒壺に 品詞分解と訳

Sponsored Links
 今回は、「万葉集」収録和歌の現代語訳(口語訳・意味)・品詞分解・語句文法解説・修辞法(表現技法)・おすすめ書籍などについて紹介します。


万葉集 巻3・343 大伴旅人(おおとものたびと)

太宰帥大伴卿、酒を賛むる(ほむる)歌十三首


なかなかに人とあらずは酒壺になりにてしかも酒に染みなむ


<平仮名>

なかなかに ひととあらずは さかつぼに なりにてしかも さけにしみなむ


<万葉仮名>

中々尓 人跡不有者 酒壷二 成而師鴨 酒二染甞


<現代語訳>

中途半端に人間として生きていないで、酒壺になってしまいたいものだ。そうしたらきっと酒にたっぷり浸ることができるだろう。


<私の一言>

あららぁ、もう完全に投げやりになっちゃってますねぇ。

「酒を賛むる歌十三首」は、長官としての大宰府赴任に同行した奥さんに先立たれて、頼りにしていた長屋王も藤原氏の陰謀によって自害に追い込まれ、名門であった大伴氏が当時は新興勢力であった藤原氏に押されまくっていた状況に対する嘆きが感じられますね。

「酒を賛むる歌十三首」では、この他に、「あな醜~」「この世にし~」「験なき~」などが有名。


<語句文法解説> 題詞

帥(そち) :名詞 長官

卿(まへつきみ) :名詞 三位以上の人への敬称

※「題詞(だいし)」=和歌の前書き。万葉集以外では「詞書(ことばがき)」。
Sponsored Links
<品詞分解・語句文法解説>

なかなかに :形容動詞ナリ活用「なかなかなり」の連用形 中途半端に。なまじっか。

人 :名詞

と :格助詞

あら :動詞ラ行変格活用「あり」の未然形

ず :打消の助動詞「ず」の連用形

は :係助詞
※「ずは」~ないで。~せずに。 (上代の用法)

酒壺 :名詞

に :格助詞

なり :動詞ラ行四段活用「なる」の連用形

に :完了の助動詞「ぬ」の連用形

てしか :(自己の願望を表す)終助詞 ~したいものだ。

も :詠嘆の終助詞(係助詞との説もある)
※「てしかも」を、一語の終助詞とする説もある。

酒 :名詞

に :格助詞

染み :動詞マ行四段活用「染む」の連用形

な :強意の助動詞「ぬ」の未然形
※完了の助動詞「つ」「ぬ」+推量の助動詞「む」「べし」など=完了→強意(確述)を表す。

む :推量の助動詞「む」の終止形   
「なむ」 :きっと~だろう。

Sponsored Links


<古典文法の基礎知識>

「古文」を苦手科目から得意科目にする古典文法の基礎知識です。

◇「現代仮名遣い」のルールについては、「現代仮名遣い・発音(読み方)の基礎知識」の記事をどうぞ。

◇「用言の活用と見分け」については、「用言(動詞・形容詞・形容動詞)の活用と見分け方」の記事をどうぞ。

◇「助動詞・助詞の意味」や「係り結び」・「準体法」などについては、「古典文法の必須知識」 の記事をどうぞ。

◇「助動詞の活用と接続」については、「助動詞の活用と接続の覚え方」の記事をどうぞ。

◇「音便」や「敬語(敬意の方向など)」については、 「音便・敬語の基礎知識」の記事をどうぞ。


<作者>

大伴旅人(おおとものたびと)
665年~731年。飛鳥時代後期~奈良時代前期の廷臣で歌人。家持の父。太宰帥を経て従二位大納言に至る。万葉集に残した歌のほとんどは太宰帥の在任中に山上憶良らとの親交の中(筑紫歌壇)で詠まれた。漢文学の影響を受けた浪漫的な歌や亡妻を悼んだ叙情歌などが有名。


<和歌の基礎知識>

◎和歌の文法、用語、和歌集、歌風などについては、「和歌の文法・用語の基礎知識」をどうぞ。

◎和歌の修辞法(表現技法)については、「和歌の修辞法(表現技法)の基礎知識」をどうぞ。


<修辞法(表現技法)>

句切れ :四句切れ

頭韻(とういん)=句の頭の音が第二句を除いて「ア段音」

Sponsored Links


<関連>

この歌だけを見ると、あまりにダメ男過ぎるので、旅人の名誉挽回の一首。

万葉集・巻3・449 大伴旅人


妹と来し敏馬の崎を還るさに独りして見れば涙ぐましも


<平仮名> (歴史的仮名遣い)

いもとこし みぬめのさきを かへるさに ひとりしてみれば なみだぐましも

※「来し」は、「きし」ではありませんよぉ。
「来し」の読み方については、「君や来し~」の記事中段を参照のこと。


<現代語訳>

妻とともに来た敏馬の崎を、都への帰り道に今度は一人で見ると涙ぐまれることだよ。


・敏馬の崎(みぬめのさき) :神戸市灘区の海岸

・さ :方向、時、場合などを示す接尾語


九州からの帰京途中に詠んだ歌です。愛妻家だったんですねぇ。

旅人さん、ご苦労様でしたね。約1300年後にあなたの歌を楽しんでおります。


<和歌索引>

◆ブログ内の和歌を探す時は、カテゴリーではなく下に示す各一覧を利用してね。

和歌:ブログ収録・歌別一覧
和歌:ブログ収録・作者別一覧
万葉集:ブログ収録和歌一覧
古今集:ブログ収録和歌一覧
新古今集:ブログ収録和歌一覧
小倉百人一首:歌番号順一覧
伊勢物語:ブログ収録和歌一覧
ヨルタモリ:日本古典文学講座:百人一首一覧


<古文や和歌の学習書と古語辞典>

古文や和歌を学ぶための学習書や古語辞典については、おすすめ書籍を紹介した下の各記事を見てね。
《古文・和歌の学習書の記事へ⇒》

《品詞分解付き対訳書の記事へ⇒》

《古語辞典の記事へ⇒》
Sponsored Links
◇関連記事 (前後の7記事を表示)
 その他の記事は、右サイドメニューの「カテゴリ」(和歌などは索引)からどうぞ。
 

Comment (コメント)

 (任意) 未入力時 = よみ人しらず
 (任意) 入力時もコメント欄には非表示
 (必須) 管理人承認後に表示
Private

Categories (カテゴリ)
Search This Blog (ブログ内検索)
Featured Posts (特集・古典の基礎知識)
◆ 古典を得意科目にする記事
My Recommended Books (おすすめ書籍)
◆ 辞書と学習書の記事
Popular Posts (人気記事)
All Posts (すべての記事)
This and That (あれこれ)
  • ブログ記事に誤字や記述間違い等がある場合は、コメント欄から教えてください。
  • このブログのリンクはご自由にどうぞ。
    その際に連絡の必要はありません。
  • 古典作品の解説や和歌の鑑賞文などを目的とした中学生の読者さんもいるようですね。

    このブログの古典文法などは、詳しい文法的説明を求める高校生以上の読者を想定して書いています。一般の中学生には必要のない知識なので、わからなくても気にしないでね。
About This Blog (このブログについて)

んば

Author:んば
Since May 9,2014


くらすらん
暮らす欄くらすらむClass Run

この絵は私のお気に入りで
アンリ・ルソー『眠るジプシーの女』