HOME > 索引(和歌・漢詩・論語・品詞分解) > 漢詩:ブログ収録・作者別一覧

漢詩:ブログ収録・作者別一覧

Sponsored Links
 このブログに収録済み漢詩の作者別一覧です。  ※現代仮名遣い ※一部は詩経、文選などの出典名




<韋応物(いおうぶつ)>

秋夜寄丘二十二員外(韋応物・五言絶句)


<于武陵(うぶりょう)>

勧酒(于武陵・五言絶句)


<王維(おうい)> =詩仏

九月九日憶山東兄弟(王維・七言絶句)

送元二使安西(王維・七言絶句)

雑詩(王維・五言絶句)

辛夷塢(王維・五言絶句)

竹里館(王維・五言絶句)

鹿柴(王維・五言絶句)


<王翰(おうかん)>

涼州詩(王翰・七言絶句)


<王之渙(おうしかん)>

登鸛鵲楼(王之渙・五言絶句)


<王昌齢(おうしょうれい)>

芙蓉楼送辛斬(王昌齢・七言絶句)




<耿湋(こうい)>

秋日(耿湋・五言絶句)


<高啓(こうけい)>

尋胡隠君(高啓・五言絶句)


<高適(こうせき)>

除夜作(高適・七言絶句)

別董大(高適・七言絶句)


<高駢(こうべん)>

山亭夏日(高駢・七言絶句)
Sponsored Links


<詩経(しきょう)>

桃夭(詩経・四言古詩)


<岑参(しんじん)>

磧中作(岑参・七言絶句)


<蘇軾(そしょく)>

春夜(蘇軾・七言絶句)




<張継(ちょうけい)>

楓橋夜泊(張継・七言絶句)


<陶潜(とうせん)・陶淵明(とうえんめい)>

飲酒 (陶潜・陶淵明・五言古詩)


<杜甫(とほ)> =詩聖

登岳陽楼(杜甫・五言律詩)

月夜(杜甫・五言律詩)

春望(杜甫・五言律詩)

絶句(杜甫・五言絶句)

登高(杜甫・七言律詩)

旅夜書懐(杜甫・五言律詩)

Sponsored Links


<杜牧(とぼく)>

江南春(杜牧・七言絶句)

山行(杜牧・七言絶句)

贈別(杜牧・七言絶句)




<白居易(はくきょい)・白楽天(はくらくてん)>

香炉峰下、新卜山居、草堂初成、偶題東壁(白居易・白楽天・七言律詩)

八月十五日夜、禁中独直、対月憶元九(白居易・白楽天・七言律詩)




<孟浩然(もうこうねん)>

宿建徳江(孟浩然・五言絶句)

春暁(孟浩然・五言絶句)

臨洞庭(孟浩然・五言律詩)


<文選(もんぜん)>

行行重行行(文選・五言古詩)




<陸游(りくゆう)>

遊山西村(陸游・七言律詩)


<李商隠(りしょういん)>

登楽遊原(李商隠・五言絶句)


<李白(りはく)> =詩仙

贈汪倫(李白・七言絶句)

峨眉山月歌(李白・七言絶句)

黄鶴楼送孟浩然之広陵(李白・七言絶句)

山中問答(李白・七言絶句または七言古詩)

子夜呉歌(李白・五言古詩)

秋浦歌(李白・五言絶句)

春夜洛城聞笛(李白・七言絶句)

静夜思(李白・五言絶句)

早発白帝城(李白・七言絶句)

独坐敬亭山(李白・五言絶句)

送友人(李白・五言律詩)

望廬山瀑布(李白・七言絶句)


<劉禹錫(りゅううしゃく)>

秋風引(劉禹錫・五言絶句)


<柳宗元(りゅうそうげん)>

江雪(柳宗元・五言絶句)
Sponsored Links
◇関連記事 (前後の7記事を表示)
 その他の記事は、右サイドメニューの「カテゴリ」(和歌などは索引)からどうぞ。
 

Comment (コメント)

 (任意) 未入力時 = よみ人しらず
 (任意) 入力時もコメント欄には非表示
 (必須) 管理人承認後に表示
Private

Categories (カテゴリ)
Search This Blog (ブログ内検索)
Featured Posts (特集・古典の基礎知識)
◆ 古典を得意科目にする記事
My Recommended Books (おすすめ書籍)
◆ 辞書と学習書の記事
Popular Posts (人気記事)
All Posts (すべての記事)
This and That (あれこれ)
  • ブログ記事に誤字や記述間違い等がある場合は、コメント欄から教えてください。
  • このブログのリンクはご自由にどうぞ。
    その際に連絡の必要はありません。
  • 古典作品の解説や和歌の鑑賞文などを目的とした中学生の読者さんもいるようですね。

    このブログの古典文法などは、詳しい文法的説明を求める高校生以上の読者を想定して書いています。一般の中学生には必要のない知識なので、わからなくても気にしないでね。
About This Blog (このブログについて)

んば

Author:んば
Since May 9,2014


くらすらん
暮らす欄くらすらむClass Run

この絵は私のお気に入りで
アンリ・ルソー『眠るジプシーの女』