HOME > 語学(英語・中国語) > おすすめ中国語の学習書と文法書

おすすめ中国語の学習書と文法書

Sponsored Links
今回は、おすすめの中国語学習書を紹介します。

なお、辞書や学習ツールについては、「中国語辞書と学習ツール」の記事を参照して下さい。


◇このページの紹介書籍にはAmazonへのリンクを付けてありますので参考にして下さい。


<独学ならNHKの語学講座>

 中国語の辞書を紹介した記事でも書きましたが、独学で外国語を学ぶときに、利用価値が高いのはNHKの語学講座です。
 
 NHKの中国語講座は、2012年度から入門者向けの「まいにち中国語」と中級者以上向けの「レベルアップ中国語」の2講座となりました。
「まいにち中国語」では、ほとんどの年度の講座で入門者にとっての難関である発音についても最初の1ヶ月程度を割いて丁寧に解説されていますし、基本的な文法もじっくり学ぶことが出来ます。

 ちなみに、私の場合は、2010/10~2011/03放送の「これでわかる!はじめての中国語(講師:宮岸雄介)」で入門レベルの勉強をしました。みなさんも是非NHKの講座を利用してみてください。


<総合入門書>

○中国語を学ぶ際の入門用テキスト

「ニューエクスプレス 中国語 喜多山幸子 白水社」(CD付き)
このテキストは全20課のスキットで構成され、基本的な会話表現、文法(練習問題つき)、単語などについてバランスよく学ぶことができます。
この「ニューエクスプレス」シリーズには各国語がラインナップされていて、第二外国語を学ぶときの入門用テキストとして安心感と安定感があります。

「NHK新中国語入門(CDブック) 上野 恵司」
この本は、発音編・基礎編(32課)・応用編(32課)からなり、中級者まで使うことができる。各課ともスキット・単語解説・文法解説・練習問題で構成されていて内容も良いのですが、CD音声が各課のスキットの部分しかないのが残念なところ。

・隠れたお薦め入門書
「中国語の入門 山下輝彦 白水社」(CD付き)
発音・文法(80課)・会話(18課)・読み物(4課)で構成され、文法編は1課見開きで例文と解説だけなので一見シンプルですが、例文の質が良いので網羅性もあり、サイズ的にもコンパクトで薄いので、私の一番のお気に入り入門書です。


<入門者・初級者用文法書>

・ザックリ読むための文法書
「中国語文法・完成マニュアル 小川郁夫 白帝社」(CDなし)
外国語を学ぶ際に重要なことの一つは、基本文法の全体像を知ることで、この本はそのための中国語文法書。読むための文法書として全例文にピンインが付いていて、簡易な練習問題と巻末に簡易単語集も付いています。
欠点は、網羅性では若干劣ること、索引がないのでリファレンス用には向かないこと。

・演習しながら学ぶための文法書
「Why?にこたえるはじめての中国語の文法書 相原茂 同学社」(CDなし)
中国語の文法書としては一番人気。解説だけではなく、練習問題も十分な量があるので、演習をすることによって文法をマスターしたい方や試験対策としておすすめ。
欠点は、全例文にピンインがついているわけではないこと、サイズが大きいために携帯性に欠けること。
Sponsored Links
・リファレンス用として使うための文法書
「やさしくくわしい中国語文法の基礎 守屋宏則 東方書店」(CDなし)
全例文にピンイン付きで、網羅性も高く「Why?にこたえる~」よりも詳しい。また、「Why?にこたえる~」よりも携帯性に優れる。
欠点は、練習問題がないこと。

・CD付きの文法書
「文法から学べる中国語 伊藤祥雄 ナツメ社」(絶版)
このナツメ社の「文法から学べる」シリーズは、フランス語版やスペイン語版などでは内容が良く網羅性も高いのですが、中国語版はちょっと物足りない印象です。


<中級者向け文法の参考書>

中国語は入門・初級と上級の間である中級の段階が特に長いと言われています。以下の2冊は入門・初級者用の文法書では解決しない文法上の疑問に答えてくれる良書で、いわゆる「さまよえる中級学習者」にとっては是非備えておきたい参考書です。

「一歩すすんだ中国語文法 荒川清秀 大修館書店」

「誤用から学ぶ中国語 郭春貴 白帝社」


<会話中心のテキスト>

「今すぐ話せる中国語 入門編 Ver.2 東進ブックス(ナガセ)」(絶版)
文法解説はほとんどありませんが、実用的な中国語会話力を養うための良書です。レベルに応じて入門編・応用編・自由自在編の3冊があります。3冊とも絶版になってしまっているのが残念ですね。


<発音のテキスト>

「中国語発音の基礎 (CDブック) 上野 恵司 NHK出版」
中国語の発音学習に特化した定番のテキストです。


<単語集>

中国語の単語集は以下の2冊をお好み応じて選べば良いでしょう。両書とも実質的な収録語は約1500語です。
個人的には「コミュニケーションのための中国語基本単語1400」の方が見やすくて使いやすいので気に入っています。
サイズ的には「これなら覚えられる!中国語単語帳」の方がコンパクトなので携帯性に優れます。

「コミュニケーションのための中国語基本単語1400 相原茂 東方書店」CD付き)

「これなら覚えられる!中国語単語帳 (CDブック) 胡興智 NHK出版」

以上、みなさまのお役に立てば幸いです。
Sponsored Links
◇関連記事 (前後の7記事を表示)
 その他の記事は、右サイドメニューの「カテゴリ」(和歌などは索引)からどうぞ。
 

Comment (コメント)

 (任意) 未入力時 = よみ人しらず
 (任意) 入力時もコメント欄には非表示
 (必須) 管理人承認後に表示
Private

Categories (カテゴリ)
Search This Blog (ブログ内検索)
Featured Posts (特集・古典の基礎知識)
◆ 古典を得意科目にする記事
My Recommended Books (おすすめ書籍)
◆ 辞書と学習書の記事
Popular Posts (人気記事)
All Posts (すべての記事)
This and That (あれこれ)
  • ブログ記事に誤字や記述間違い等がある場合は、コメント欄から教えてください。
  • このブログのリンクはご自由にどうぞ。
    その際に連絡の必要はありません。
  • 古典作品の解説や和歌の鑑賞文などを目的とした中学生の読者さんもいるようですね。

    このブログの古典文法などは、詳しい文法的説明を求める高校生以上の読者を想定して書いています。一般の中学生には必要のない知識なので、わからなくても気にしないでね。
About This Blog (このブログについて)

んば

Author:んば
Since May 9,2014


くらすらん
暮らす欄くらすらむClass Run

この絵は私のお気に入りで
アンリ・ルソー『眠るジプシーの女』