HOME > 索引(和歌・漢詩・論語・品詞分解) > 論語:ブログ収録・編(篇)章順一覧

論語:ブログ収録・編(篇)章順一覧

Sponsored Links
ブログに収録済みの論語・編(篇)章順一覧です。

各記事ページでは、白文、訓読文、書き下し文、現代語訳、読み方、語句・文法・句法解説などを紹介。

①学而 ②為政 ③八佾 ④里仁 ⑤公冶長 ⑥雍也 ⑦述而 ⑧泰伯 ⑨子罕 ⑩郷党
⑪先進 ⑫顔淵 ⑬子路 ⑭憲問 ⑮衛霊公 ⑯季氏 ⑰陽貨 ⑱微子 ⑲子張 ⑳堯曰


<学而(がくじ)第一>

第1-1
子曰、学而時習之、不亦説乎。有朋自遠方来、不亦楽乎。人不知而不慍、不亦君子乎。

第1-2
有子曰、其為人也、孝悌而好犯上者、鮮矣。不好犯上、而好作乱者、未之有也。君子務本。本立而道生。孝悌也者、其為仁之本与。

第1-3
子曰、巧言令色、鮮矣仁。

第1-4
曾子曰、吾日三省吾身。為人謀而不忠乎。与朋友交而不信乎。伝不習乎。

第1-6
子曰、弟子入則孝、出則悌。謹而信。汎愛衆而親仁、行有余力、則以学文。


<為政(いせい)第二>

第2-1
子曰、為政以徳。譬如北辰居其所而衆星共之。

第2-3
子曰、道之以政、斉之以刑、民免而無恥。道之以徳、斉之以礼、有恥且格。

第2-4
子曰、吾十有五而志于学。三十而立。四十而不惑。五十而知天命。六十而耳順。七十而従心、所欲不踰矩。

第2-11
子曰、温故而知新、可以為師矣。

第2-15
子曰、学而不思則罔。思而不学則殆。

第2-17
子曰、由、誨女知之乎。知之為知之、不知為不知。是知也。


<八佾(はちいつ)第三>

<里仁(りじん)第四>

第4-8
子曰、朝聞道、夕死可矣。

第4-15
子曰、参乎、吾道一以貫之。曾子曰、唯。子出。門人問曰、何謂也。曾子曰、夫子之道、忠恕而已矣。

第4-16
子曰、君子喩於義、小人喩於利。

第4-25
子曰、徳不孤。必有隣。


<公冶長(こうやちょう)第五>
Sponsored Links
<雍也(ようや)第六>

第6-3
哀公問、弟子孰為好学。孔子対曰、有顔回者、好学。不遷怒、不弐過。不幸短命死矣。今也則亡。未聞好学者也。

第6-12
冉求曰、非不説子之道。力不足也。子曰、力不足者、中道而廃。今女画。

第6-30
子貢曰、如有博施於民、而能済衆、何如。可謂仁乎。子曰、何事於仁。必也聖乎。堯・舜其猶病諸。夫仁者、己欲立而立人、己欲達而達人。能近取譬。可謂仁之方也已。


<述而(じゅつじ)第七>

第7-8
子曰、不憤不啓。不悱不発。挙一隅、不以三隅反、則不復也。

第7-10
子謂顏淵曰、用之則行、舍之則蔵。唯我与爾有是夫。子路曰、子行三軍、則誰与。子曰、暴虎馮河、死而無悔者、吾不与也。必也臨事而懼、好謀而成者也。

第7-15
子曰、飯疏食飲水、曲肱而枕之。楽亦在其中矣。不義而富且貴、於我如浮雲。

第7-19
子曰、我非生而知之者。好古敏以求之者也。

第7-21
子曰、三人行、必有我師焉。択其善者而従之、其不善者而改之。

第7-24
子以四教。文行忠信。

第7-29
子曰、仁遠乎哉。我欲仁、斯仁至矣。

Sponsored Links


<泰伯(たいはく)第八>

第8-17
子曰、学如不及、猶恐失之。


<子罕(しかん)第九>

第9-17
子在川上曰、逝者如斯夫。不舎昼夜。

第9-19
子曰、譬如為山。未成一簣、止吾止也。譬如平地。雖覆一簣、進吾往也。


<郷党(きょうとう)第十>

第10-13
厩焚。子退朝曰、傷人乎。不問馬。


<先進(せんしん)第十一>

<顔淵(がんえん)第十二>

第12-1
顔淵問仁。子曰、克己復礼為仁。一日克己復礼、天下帰仁焉。為仁由己。而由人乎哉。顔淵曰、請問其目。子曰、非礼勿視。非礼勿聴。非礼勿言。非礼勿動。」顔淵曰、「回雖不敏、請事斯語矣。

第12-7
子貢問政。子曰、足食、足兵、民信之矣。子貢曰、必不得已而去、於斯三者何先。曰、去兵。子貢曰、必不得已而去、於斯二者何先。曰、去食。自古皆有死。民無信不立。

第12-17
季康子問政於孔子。孔子対曰、政者正也。子帥以正孰敢不正。

第12-19
季康子問政於孔子曰、如殺無道、以就有道、何如。孔子対曰、子為政、焉用殺。子欲善而民善矣。君子之徳風也。小人之徳草也。草上之風必偃。

Sponsored Links


<子路(しろ)第十三>

第13-6
子曰、其身正、不令而行。其身不正、雖令不従。

第13-18
葉公語孔子曰、吾党有直躬者。其父攘羊、而子証之。孔子曰、吾党之直者、異於是。父為子隠、子為父隠。直在其中矣。

第13-23
子曰、君子和而不同。小人同而不和。

第13-27
子曰、剛毅木訥近仁。


<憲問(けんもん)第十四>

第14-25
子曰、古之学者為己、今之学者為人。


<衛霊公(えいれいこう・えいのれいこう)第十五>

第15-21
子曰、君子求諸己、小人求諸人。

第15-24
子貢問曰、有一言而可以終身行之者乎。子曰、其恕乎。己所不欲、勿施於人。

第15-30
子曰、過而不改、是謂過矣。

第15-31
子曰、吾嘗終日不食、終夜不寝、以思。無益。不如学也。


<季氏(きし)第十六>

<陽貨(ようか)第十七>

第17-2
子曰、性相近也。習相遠也。


<微子(びし)第十八>

<子張(しちょう)第十九>

<堯曰(ぎょうえつ)第二十>
Sponsored Links
◇関連記事 (前後の7記事を表示)
 その他の記事は、右サイドメニューの「カテゴリ」(和歌などは索引)からどうぞ。
 

Comment (コメント)

 (任意) 未入力時 = よみ人しらず
 (任意) 入力時もコメント欄には非表示
 (必須) 管理人承認後に表示
Private

Categories (カテゴリ)
Search This Blog (ブログ内検索)
Featured Posts (特集・古典の基礎知識)
◆ 古典を得意科目にする記事
My Recommended Books (おすすめ書籍)
◆ 辞書と学習書の記事
Popular Posts (人気記事)
All Posts (すべての記事)
This and That (あれこれ)
  • ブログ記事に誤字や記述間違い等がある場合は、コメント欄から教えてください。
  • このブログのリンクはご自由にどうぞ。
    その際に連絡の必要はありません。
  • 古典作品の解説や和歌の鑑賞文などを目的とした中学生の読者さんもいるようですね。

    このブログの古典文法などは、詳しい文法的説明を求める高校生以上の読者を想定して書いています。一般の中学生には必要のない知識なので、わからなくても気にしないでね。
About This Blog (このブログについて)

んば

Author:んば
Since May 9,2014


くらすらん
暮らす欄くらすらむClass Run

この絵は私のお気に入りで
アンリ・ルソー『眠るジプシーの女』