HOME > 故事成語・史話・文章 > 桃花源記(陶潜・陶淵明) 書き下し文と現代語訳

桃花源記(陶潜・陶淵明) 書き下し文と現代語訳

Sponsored Links
 今回は、陶潜「桃花源記」の白文(原文)、訓読文、書き下し文、現代語訳(口語訳・意味)、読み方(ひらがな)、語句・文法・句法解説、おすすめ書籍などについて紹介します。


【桃花源記(桃花源記):とうかげんのき(とうかげんき)】 
《陶潜:とうせん》 淵明(えんめい)=字(あざな)


<原文>

晋太元中、武陵人捕魚為業。縁渓行、忘路之遠近。忽逢桃花林。夾岸数百歩、中無雑樹。芳草鮮美、落英繽紛。漁人甚異之、復前行、欲窮其林。林尽水源、便得一山。山有小口、髣髴若有光。便捨船、従口入。初極狭、纔通人。復行数十歩、豁然開朗。土地平曠、屋舎儼然。有良田美池、桑竹之属。阡陌交通、鶏犬相聞。其中往来種作男女衣着、悉如外人。黄髪垂髫、並怡然自楽。見漁人、乃大驚、問所従来。具答之。便要還家、設酒殺鶏作食。村中聞有此人、咸来問訊。自云、「先世避秦時乱、率妻子邑人、来此絶境、不復出焉。遂与外人間隔。」問、「今是何世。」乃不知有漢、無論魏・晋。此人一一為具言所聞、皆歎惋。余人各復延至其家、皆出酒食。停数日辞去。此中人語云、「不足為外人道也。」既出。得其船、便扶向路、処処誌之。及郡下、詣太守説如此。太守即遣人随其往、尋向所誌、遂迷不復得路。南陽劉子驥高尚士也。聞之、欣然規往。未果、尋病終。後遂無問津者。


<要旨>

武陵の漁師が、桃林の奥地にある外界とは隔絶した平和な村里(桃源郷)に迷い込んだ。漁師は村人たちから歓待され数日間を過ごし、村を去るときに村のことは外界の人には言わないでほしいと頼まれる。漁師は町に帰ると郡の長官に村里のことを報告してしまうが、誰一人としてその村里を訪れることはできなかった。



◇送り仮名や句読点などは本によって若干違う場合があるので、あなたのテキストに従ってください。

◇書き下し文のルールについては、このページ下段に記載しています。

◇返り点の読み方、置き字などについて知りたい場合は、「漢文の基礎知識」を読んでね。

◇現代仮名遣いのルールについて知りたい場合は、「現代仮名遣いの基礎知識」をどうぞ。



《白》 白文
《訓》 訓読文(返り点・送り仮名・句読点など) ※返り点送り仮名 ※置き字
《書》 書き下し文(歴史的仮名遣い)
《仮》 読み方・現代仮名遣い(ひらがな)
《訳》 現代語訳(口語訳)
※《別の訓読および読みなどがある場合は、その主なものを訳の下に記載》


《白》 晋太元中武陵人捕魚為業縁渓行忘路之遠近忽逢桃花林
《訓》 晋太元中、武陵人捕ラフルヲ。縁リテ、忘路之遠近。忽桃花
《書》 晋の太元中、武陵の人魚を捕らふるを業と為す。渓に縁りて行き、路の遠近を忘る。忽ち桃花の林に逢ふ。
《仮》 しんの たいげんちゅう、 ぶりょうの ひと うおを とらうるを ぎょうと なす。 たにに よりて ゆき、 みちの えんきんを わする。 たちまち とうかの はやしに あう。
《訳》 晋の太元年間に、武陵の(ある)人が魚を捕らえるのを仕事としていた。(ある時その人が船で)谷川に沿って行くうちに、どのくらいの道のりを来たのかわからなくなってしまった。(すると)突然桃の花の林に出会った。

《白》 夾岸数百歩中無雑樹芳草鮮美落英繽紛漁人甚異之復前行欲窮其林
《訓》 夾ムコト数百歩、中雑樹。芳草鮮美、落英繽紛タリ。漁人甚トシ、復キテ、欲メント
《書》 岸を夾むこと数百歩、中に雑樹無し。芳草鮮美、落英繽紛たり。漁人甚だ之を異とし、復た前み行きて、其の林を窮めんと欲す。
《仮》 きしを はさむ こと すうひゃっぽ、 うちに ざつじゅ なし。 ほうそう せんび、 らいえい ひんぷんたり。 ぎょじん はなはだ これを いと し、 また すすみ ゆきて、 その はやしを きわめんと ほっす。
《訳》 (その桃の林は)川の両岸に数百歩(ほど続いており)、(桃の木ばかりで、その)中に他の種類の木はなかった。かぐわしい草が色鮮やかに美しく(茂っており)、花びらがひらひらと(辺り一面に)乱れ散っている。漁師はたいそうこの光景を不思議に思い、さらに進んで行き、その林(がどこまで続いているのか)を見極めようと思った。
※《芳草鮮美 → 芳草鮮美にして》 《異とし → 異しみ:あやしみ》 《前み行きて → 前行して:ぜんこうして》
Sponsored Links
《白》 林尽水源便得一山山有小口髣髴若有光便捨船従口入
《訓》 林尽水源、便タリ一山。山小口、髣髴トシテルガ光。便テテ、従口入
《書》 林水源に尽き、便ち一山を得たり。山に小口有り、髣髴として光有るがごとし。便ち船を捨てて、口より入る。
《仮》 はやし すいげんに つき、 すなわち いちざんを えたり。 やまに しょうこう あり、 ほうふつとして ひかり あるがごとし。 すなわち ふねを すてて、 くちより いる。
《訳》 (やがて)林は川の水源で終わり、すぐに一つの山があった。その山には小さな洞穴があり、(中から)ぼんやりとかすんで光がさしているようであった。(漁師は)そのまま船を乗り捨てて、入り口から(中へ)入った。
※《林水源に尽き → 林尽キテ水源アリ:林尽きて水源あり》

《白》 初極狭纔通人復行数十歩豁然開朗土地平曠屋舎儼然有良田美池桑竹之属
《訓》 初メハメテ、纔カニズルノミ。復クコト数十歩、豁然トシテ開朗ナリ。土地平曠、屋舎儼然タリ。有良田美池、桑竹之属
《書》 初めは極めて狭く、纔かに人を通ずるのみ。復た行くこと数十歩、豁然として開朗なり。土地平曠、屋舎儼然たり。良田美池、桑竹の属有り。
《仮》 はじめは きわめて せまく、 わずかに ひとを つうずるのみ。 また ゆく こと すうひゃっぽ、 かつぜんとして かいろうなり。 とち へいこう、 おくしゃ げんぜんたり。 りょうでん びち、 そうちくの ぞく あり。
《訳》 (洞穴は)はじめのうちは非常に狭く、やっと人が通れるだけであった。(ところが)さらに数十歩行くと、(目の前が)からりと開け広々と明るくなった。土地は平らで広々としており、家々はきちんと整っている。よく肥えた田畑や美しい池、桑や竹の類もある。
※《土地平曠 → 土地平曠にして》
※《有良田美池、桑竹 → 良田・美池・桑竹 or 良田美池桑竹》

《白》 阡陌交通鶏犬相聞其中往来種作男女衣着悉如外人黄髪垂髫並怡然自楽
《訓》 阡陌交通、鶏犬相聞コユ。其往来種作スル男女衣着、悉外人。黄髪垂髫、並ビニ怡然トシテシム
《書》 阡陌交通じ、鶏犬相聞こゆ。其の中に往来し種作する男女の衣着は、悉く外人のごとし。黄髪垂髫、並びに怡然として自ら楽しむ。
《仮》 せんぱく こもごも つうじ、 けいけん あい きこゆ。 その うちに おうらいし しゅさくする だんじょの いちゃくは、 ことごとく がいじんのごとし。 こうはつ すいちょう、 ならびに いぜんとして みずから たのしむ。
《訳》 あぜ道は縦横に通じ、(あちこちから)鶏や犬の鳴き声が聞こえる。その中を行き来して農作業をしている男女の衣服は、すべて(この村の)外界の人と同じである。老人や子供たちも、皆うれしそうに自分から(生活を)楽しんでいる。
※《交 → 交はり:まじわり》 《交通じ → 交通し:こうつうし》
※《其の中に往来し → 其中の往来:そこのおうらい》 《衣着 → 衣著》

Sponsored Links


《白》 見漁人乃大驚問所従来具答之
《訓》 見漁人、乃イニ、問リテタル。具
《書》 漁人を見て、乃ち大いに驚き、従りて来たる所を問ふ。具に之に答ふ。
《仮》 ぎょじんを みて、 すなわち おおいに おどろき、 よりて きたる ところを とう。 つぶさに これに こたう。
《訳》 (村人たちは)漁師を見ると、まさにたいへん驚いて、どこからやって来たのかを尋ねた。(漁師は)詳しく質問に答えた。

《白》 便要還家設酒殺鶏作食村中聞有此人咸来問訊
《訓》 便シテ、設シテ。村中聞ルヲ、咸来タリテ問訊
《書》 便ち要して家に還り、酒を設け鶏を殺して食を作る。村中此の人有るを聞き、咸来たりて問訊す。
《仮》 すなわち ようして いえに かえり、 さけを もうけ にわとりを ころして しょくを つくる。 そんちゅう この ひと あるを きき、 みな きたりて もんじんす。
《訳》 (村人の一人が)そのまま(漁師を)迎えて家に(連れて)帰り、酒を用意し鶏を殺して食事を作っ(てもてなし)た。村中(の人々)がこの(外界から来た)人がいることを聞いて、皆やって来て挨拶をした。
※《要して → 要へて:むかえて》

《白》 自云先世避秦時乱率妻子邑人来此絶境不復出焉遂与外人間隔
《訓》 自、「先世避秦時、率ヰテ妻子邑人、来タリ絶境、不。遂外人間隔スト。」
《書》 自ら云ふ、「先世秦時の乱を避け、妻子邑人を率ゐて、此の絶境に来たり、復た出でず。遂に外人と間隔す。」と。
《仮》 みずから いう、 「せんせい しんじの らんを さけ、 さいし ゆうじんを ひきいて、 この ぜっきょうに きたり、 また いでず。 ついに がいじんと かんかくす。」と。
《訳》 (そして村人が)自分から言った、「私たちの先祖は秦の時代の戦乱を避け、妻子や村人たちを引き連れて、この世間から隔絶した土地にやって来て、二度とは(外に)出なかったのです。(そして)そのまま外界の人と隔たってしまったのです。」と。
※《間隔す → 間隔せり》

《白》 問今是何世乃不知有漢無論魏晋此人一一為具言所聞皆歎惋
《訓》 問、「今ゾト。」乃ルヲ漢、無魏・晋。此人一一為フニ、皆歎惋
《書》 問ふ、「今は是れ何の世ぞ。」と。乃ち漢有るを知らず、魏・晋に論無し。此の人一一為に具に聞く所を言ふに、皆歎惋す。
《仮》 とう、 「いまは これ なんの よぞ。」と。 すなわち かん あるを しらず、 ぎ・しんに ろん なし。 この ひと いちいち ために つぶさに きく ところを いうに、 みな たんわんす。
《訳》 (そして漁師に)尋ねた、「今は何という時代ですか。」と。何とまあ(村人たちは)漢があったことを知らず、(そのあとの)魏や晋(を知らないの)は言うまでもなかった。(そこで)漁師は一つ一つ(村人たち)に対して詳しく聞き知っていることを話してやると、皆(これを聞いて)ため息をついたり驚いたりした。
※《言ふに、 → 言ふ。》

《白》 余人各復延至其家皆出酒食停数日辞去此中人語云不足為外人道也
《訓》 余人各復キテ、皆出ダス酒食。停マルコト数日ニシテ辞去。此人語ゲテ、「不外人フニ。」
《書》 余人各復た延きて其の家に至り、皆酒食を出だす。停まること数日にして辞去す。此の中の人語げて云ふ、「外人の為に道ふに足らざるなり。」と。
《仮》 よじん おのおの また ひきて その いえに いたり、 みな しゅしょくを いだす。 とどまる こと すうじつにして じきょす。 この うちの ひと つげて いう、 「がいじんの ために いうに たらざるなり。」と。
《訳》 ほかの村人たちもそれぞれまた(漁師を)招いて自分の家に(連れて)行き、皆酒や食事を出し(てもてなし)た。(漁師は村に)数日間滞在し別れを告げて去ることにした。(別れるときに)その中の村人が(漁師に)告げて言った、「外界の人に対して(この村のことを)言うには及びません(=言わないでください)。」と。
※《至り → 至らしめ》 《此の中の → 此中の:ここの》

Sponsored Links


《白》 既出得其船便扶向路処処誌之及郡下詣太守説如此
《訓》 既。得、便、処処。及郡下、詣リテ太守クコトクノ
《書》 既に出づ。其の船を得て、便ち向の路に扶り、処処に之を誌す。郡下に及び、太守に詣りて説くこと此くのごとし。
《仮》 すでに いず。 その ふねを えて、 すなわち さきの みちに より、 しょしょに これを しるす。 ぐんかに および、 たいしゅに いたりて とく こと かくのごとし。
《訳》 やがて(漁師は村の)外に出た。(そして)自分の船を見つけて、すぐにもと来た道をたどり、あちこちに目印を付けておいた。郡の役所のある町に着いて、長官の所に行って以上のような(桃源郷での)ことを話した。
※《出づ。 → 出でて、》 《扶り → 扶ひ:そい》

《白》 太守即遣人随其往尋向所誌遂迷不復得路
《訓》 太守即メシモヲシテヒテレニ、尋一レシシ、遂ヒテ一レ
《書》 太守即ち人をして其れに随ひて往き、向に誌しし所を尋ねしめしも、遂に迷ひて復た路を得ず。
《仮》 たいしゅ すなわち ひとをして それに したがいて ゆき、 さきに しるしし ところを たずねしめしも、 ついに まよいて また みちを えず。
《訳》 長官はすぐに人を遣わし漁師に従って行かせ、先ほど目印を付けておいた所を探させたが、そのまま迷って二度とは(桃源郷への)道を見つけることはできなかった。
※《太守即メシモヲシテクニ、尋一レシシ、~:太守即ち人をして其の往くに随ひ、向の誌しし所を尋ねしめしも、~》
※《太守即リテヒテレニカシム。尋ヌルニ一レシシ、~:太守即ち人を遣りて其れに随ひて往かしむ。向の誌しし所を尋ぬるに、~》

《白》 南陽劉子驥高尚士也聞之欣然規往未果尋病終後遂無問津者
《訓》 南陽劉子驥高尚士也。聞、欣然トシテカンコトヲ。未タサ、尋イデミテハル。後遂
《書》 南陽の劉子驥は高尚の士なり。之を聞き、欣然として往かんことを規る。未だ果たさず、尋いで病みて終はる。後遂に津を問ふ者無し。
《仮》 なんようの りゅうしきは こうしょうの しなり。 これを きき、 きんぜんとして ゆかん ことを はかる。 いまだ はたさず、 ついで やみて おわる。 のち ついに しんを とう もの なし。
《訳》 南陽の劉子驥は高潔な人であった。この話を聞いて、(自分にふさわしい地だと)喜んで行くことを計画した。(しかし)まだ実現しないうちに、まもなく病気で死んでしまった。その後はそのままになり(桃源郷への)渡し場を尋ねる人はなかった。
※《未だ果たさず → 未だ果たさざるに》


<語句・文法・句法解説>

桃花源 :桃の花が美しく咲く水源地。作者が設定した架空の理想郷。桃源郷。ユートピア。
記 :物事の事実や経緯を述べ記す文。

晋太元中、武陵人捕魚為業。縁渓行、忘路之遠近。忽逢桃花林。夾岸数百歩、中無雑樹。芳草鮮美、落英繽紛。漁人甚異之、復前行、欲窮其林。林尽水源、便得一山。山有小口、髣髴若有光。便捨船、従口入。

晋太元 :東晋(317~420)の孝武帝のときの年号(376~396)。
武陵 :今の湖南省常徳市。
縁渓 :谷川に沿って。
忽 :突然。ふと。
夾岸 :川の両岸。
落英繽紛 :花びらがひらひらと乱れ散る。
異 :不思議に思う。
復 :再び。さらに。
便 :すぐに。そのまま。そうすると。
小口 :小さな洞穴。
髣髴 :ぼんやりとして、はっきりしないさま。

初極狭、纔通人。復行数十歩、豁然開朗。土地平曠、屋舎儼然。有良田美池桑竹之属。阡陌交通、鶏犬相聞。其中往来種作男女衣着、悉如外人。黄髪垂髫、並怡然自楽。

纔~ノミ :やっと~だけだ。《限定》
豁然 :からりと開けるさま。
開朗 :広々として明るいさま。
平曠 :平らで広々としているさま。
儼然 :きちんと整っているさま。
良田 :よく肥えた田畑。立派な田畑。
属 :類(たぐい)。種類。
阡陌 :田畑のあぜ道。 「阡」=南北に通じるあぜ道。「陌」=東西に通じるあぜ道。
交通 :縦横に通じる。
相 :動作の対象を表す。ここでは(鳴き声が)私に(聞こえる)ということ。
種作 :種をまき耕作する。農作業をする。
悉 :すべて。皆。
外人 :外界の人。ここでは桃花源の村の外の人(=俗世間の人)のこと。 ※ここを「異国の人のようだ」と解釈する説もある。
黄髪 :黄色みを帯びた白髪。ここでは老人のこと。
垂髫 :おさげ髪。ここでは子供のこと。
並 :皆。ともに。
怡然 :うれしそうなさま。和やかなさま。

見漁人、乃大驚、問所従来。具答之。便要還家、設酒殺鶏作食。村中聞有此人、咸来問訊。自云、「先世避秦時乱、率妻子邑人、来此絶境、不復出焉。遂与外人間隔。」

乃 :そこで。まさに。意外にも。何とまあ。
所従来 :通って来た所=どこからやって来たのか。
具 :詳しく。事こまかに。
要 :迎える。招く。
問訊 :挨拶をする。問いただす。
先世 :先祖。
秦 :秦代(前221~前206)。
邑人 :村人。
絶境 :世間から隔絶した土地。人里離れた土地。
不復 :(一度はしたけれど、)二度とは~しない(部分否定)。 ※復不=(前にもしなかったし)今度も~しない(全部否定)。
焉 :置き字。断定の意を表す。
遂 :そのまま。その結果。

問、「今是何世。」乃不知有漢、無論魏・晋。此人一一為具言所聞、皆歎惋。余人各復延至其家、皆出酒食。停数日辞去。此中人語云、「不足為外人道也。」

是 :~である。
何 :どんな~か。どういう~か。《疑問》
漢 :漢代(前206~220)。
無論 :言うまでもない。
魏・晋 :魏代(220~265)。晋代(265~420)。
為 :~に対して。
歎惋 :ため息をついたり驚いたりする。
余人 :最初に漁師を家に連れ帰った以外の村人たち。
延 :招く。
辞去 :あいさつをして去る。別れを告げて去る。
不足 :~するに値しない。~するに及ばない。

既出。得其船、便扶向路、処処誌之。及郡下、詣太守説如此。太守即遣人随其往、尋向所誌、遂迷不復得路。

既 :やがて。(動作行為の完了を表して)~た。
其船 :自分の乗って来た船のこと。
扶向路 :もとの道をたどる。
誌之 :目印を付ける。 ここでの「之」は形式上の目的語。
処処 :あちこち。ところどころ。
郡下 :郡役所のある所。
太守 :郡の長官。
如此 :以上のようなこと。
即 :すぐに。ただちに。
遣 :遣ヲシテ(AにBさせる)《使役》 「使・令」と同じ。
尋 :探す。

南陽劉子驥高尚士也。聞之、欣然規往。未果、尋病終。後遂無問津者。

南陽 :今の河南省南陽市。
劉子驥 :当時の隠者。子驥は字(あざな)。
高尚士 :志が高い人。高潔な人。
欣然 :喜ぶさま。
規 :計画する。
未 :まだ~ない。《再読文字》
尋 :まもなく。
津 :渡し場。桃源郷に通じる渡し場のこと。


<古典文法の基礎知識の記事>

用言(動詞・形容詞・形容動詞)の活用と見分け方

助動詞の活用と接続の覚え方

助動詞・助詞の意味、係り結びなど古典文法の必須知識


<漢文の学習書と漢和辞典の記事>

おすすめ漢文の参考書と問題集

おすすめ国語辞典と漢和辞典



<書き下し文のルール>

◇書き下し文(かきくだしぶん)とは、訓点(返り点・送り仮名・句読点など)に従って、漢字仮名交じりで書いた歴史的仮名遣いの日本文のこと。

①漢文に付いているカタカナの送り仮名は歴史的仮名遣いのまま平仮名で書く。

②日本語の助詞や助動詞にあたる漢字は平仮名に直す。

③再読文字は最初の読みの部分は漢字+送り仮名、二度目の読みの部分は平仮名で書く。
・例:未。(未だ知らず。) 

④訓読しない漢字(置き字)は書き下し文に書かない。

⑤会話文・引用文の終わりの送り仮名「~」は、「と」を「」の外に出し、「~。」と。と書く。
Sponsored Links
◇関連記事 (前後の7記事を表示)
 その他の記事は、右サイドメニューの「カテゴリ」(和歌などは索引)からどうぞ。
 

Comment (コメント)

 (任意) 未入力時 = よみ人しらず
 (任意) 入力時もコメント欄には非表示
 (必須) 管理人承認後に表示
Private

Categories (カテゴリ)
Search This Blog (ブログ内検索)
Featured Posts (特集・古典の基礎知識)
◆ 古典を得意科目にする記事
My Recommended Books (おすすめ書籍)
◆ 辞書と学習書の記事
Popular Posts (人気記事)
All Posts (すべての記事)
This and That (あれこれ)
  • ブログ記事に誤字や記述間違い等がある場合は、コメント欄から教えてください。
  • このブログのリンクはご自由にどうぞ。
    その際に連絡の必要はありません。
  • 古典作品の解説や和歌の鑑賞文などを目的とした中学生の読者さんもいるようですね。

    このブログの古典文法などは、詳しい文法的説明を求める高校生以上の読者を想定して書いています。一般の中学生には必要のない知識なので、わからなくても気にしないでね。
About This Blog (このブログについて)

んば

Author:んば
Since May 9,2014


くらすらん
暮らす欄くらすらむClass Run

この絵は私のお気に入りで
アンリ・ルソー『眠るジプシーの女』