HOME > 現代文・古典の学習情報 > 全文全訳古語辞典・古文の核心の品詞分解収録作品

全文全訳古語辞典・古文の核心の品詞分解収録作品

Sponsored Links
 今回は「小学館全文全訳古語辞典」の「全文用例」の内容と、同じく品詞分解および訳が収録されている「名歌鑑賞」「名句鑑賞」の収録数について紹介します。

 また、記事下段で「古文の核心 長尾高明 学研」の品詞分解収録作品を追記しました。

 ◇このページの紹介書籍にはAmazonへのリンクを付けてありますので参考にして下さい。


 「小学館全文全訳古語辞典」の最大の売りは「全文用例」として教科書に載っているような主要作品の品詞分解および訳が収録されていること。

 この「全文用例」は大いに学習の助けになるし、教科書収録作品の品詞分解や訳の入手を目的に教科書ガイドの購入を検討しているならば、「小学館全文全訳古語辞典」で間に合う場合も多いと思われる。

 ただし、「全文用例」が分散掲載されているので(例えば伊勢物語の初冠だと164pと116pの2カ所、源氏物語の桐壷だと12カ所)、あちこち参照することになってしまうので手間がかかる。

 また、辞書全体として文法・語法に関する記述は「ベネッセ全訳古語辞典 改訂版」に比べて物足りませんね。

 なお、百人一首については「ベネッセ全訳古語辞典」と同様に品詞分解および訳つきで収録されています。

 作品別の品詞分解つき対訳書については、「品詞分解つき対訳書」の記事を参照してください。


「古語辞典の記事」で紹介した、「小学館全文全訳古語辞典」の全文用例(品詞分解つき)

◇「伊勢物語」

初冠(第1段)、西の対(第4段)、芥川(第6段)、東下り(第9段)、筒井筒(第23段)、梓弓(第24段)、むかし、若き男(第40段)、渚の院(第82段)、小野の雪(第83段)、さらぬ別れ(第84段)

◇「宇治拾遺物語」

児のそら寝(巻1・12)、絵仏師良秀(巻3・6)

◇「大鏡」

序、頼忠・三船の才、道長・上・競射

◇「奥の細道」

出発まで、旅立、草加、那須野、平泉、立石寺、象潟、大垣

◇「去来抄」

先師評・岩鼻や、先師評・下京や

◇「源氏物語」

桐壷、若紫

◇「更科日記」

かどで、物語

◇「竹取物語」

かぐや姫の生ひ立ち、かぐや姫の昇天、ふじの山
Sponsored Links
◇「徒然草」

つれづれなるままに(序段)、いでや、この世に(第1段)、あだし野の露消ゆる時なく(第7段)、家居のつきづきしく(第10段)、神無月のころ(第11段)、人は己をつづまやかにし(第18段)、

折節の移りかはるこそ(第19段)、万のことは(第21段)、しづかに思へば(第29段)、雪のおもしろう降り(第31段)、九月二十日のころ(第32段)、五月五日(第41段)、公世の二位のせうとに(第45段)、

応長の頃、伊勢国より(第50段)、亀山殿のお池に(第51段)、仁和寺にある法師(第52段)、これも仁和寺の法師(第53段)、久しくへだたりて(第56段)、大事を思ひ立たん人は(第59段)、

筑紫になにがしの(第68段)、名を聞くより(第71段)、世に語り伝ふる事(第73段)、蟻のごとくに集まりて(第74段)、つれづれわぶる人は(第75段)、奥山に、猫またといふ(第89段)、

ある人、弓射ることを(第92段)、高名の木登り(第109段)、双六の上手といひし人(第110段)、友とするにわろき者(第117段)、花は盛りに(第137段)、悲田院の堯連上人は(第141段)、

能をつかんとする人は(第150段)、西大寺静然上人(第152段)、世に従はん人は(第155段)、今日はその事を(第189段)、達人の人を見る目は(第194段)、平宣時朝臣(第215段)、丹波に出雲といふ所あり(第236段)

◇「土佐日記」

十二月二十一日・男もすなる、十二月二十二日、十二月二十三日、一月二十日、二月四日・忘れ貝、二月十六日・帰京

◇「平家物語」

祇園精舎(巻1)、忠度都落(巻7)、宇治川先陣(巻9)、木曽最期(巻9)、敦盛最期(巻9)

◇「方丈記」

ゆく河の、安元の大火、大地震、方丈、境涯

◇「枕草子」

春はあけぼの、上にさぶらふ御猫は、すさまじきもの、心ときめきするもの、木の花は、虫は、ありがたきもの、

中納言参りたまひて、二月つごもり頃に、あはれなるもの、はしたなきもの、九月ばかり、うつくしきもの、

五月ばかりなどに、雪のいと高う降りたるを、この草子

◇「名歌鑑賞」

万葉集 59首、古今和歌集 24首、新古今和歌集 26首

◇「名句鑑賞」

60句(芭蕉、蕪村、一茶)

Sponsored Links


■古文の核心

「古文学習書の記事」で紹介した「古文の核心 長尾高明 学研」の品詞分解収録作品を知りたい方がいるようなので追記します。


「古文の核心」品詞分解つき収録作品 (それぞれに定期試験予想問題つき)

・宇治拾遺物語 児のそら寝

・今昔物語 藤原陳忠

・平家物語 木曽の最期

・竹取物語 かぐや姫の生ひ立ち かぐや姫の昇天

・伊勢物語 東下り 筒井筒

・方丈記 ゆく川の流れ 飢饉

・徒然草 仁和寺の法師 賀茂の競べ馬 弓射ること 花は盛りに 能をつかんとする人

・土佐日記 京への旅立ち 帰京

・更級日記 あこがれ

・枕草子 春はあけぼの にくきもの 木の花は すさまじきもの 九月ばかり 雪のいと高う降りたるを

・源氏物語 桐壷の更衣 美しい少女  須磨謫居 

・大鏡 花山院の出家 弓争ひ

・日本永代蔵 世界の借屋大将

・奥の細道 旅立ち 白河の関 平泉

・去来抄 此木戸や 岩鼻や

・万葉集14首 古今集13首 新古今集13首

・芭蕉・蕪村・一茶26句

この他に品詞分解はないが、入試問題研究として40作品収録


■ブログ収録済みの品詞分解作品

現在、「万葉集~新古今集」・「伊勢物語」・「小倉百人一首」などの和歌、「徒然草」・「枕草子」などの主要作品を品詞分解付きで投稿しています。
詳細は、「品詞分解:ブログ収録作品一覧」を参照して下さい。
Sponsored Links
◇関連記事 (前後の7記事を表示)
 その他の記事は、右サイドメニューの「カテゴリ」(和歌などは索引)からどうぞ。
 

Comment (コメント)

 (任意) 未入力時 = よみ人しらず
 (任意) 入力時もコメント欄には非表示
 (必須) 管理人承認後に表示
Private

Categories (カテゴリ)
Search This Blog (ブログ内検索)
Featured Posts (特集・古典の基礎知識)
◆ 古典を得意科目にする記事
My Recommended Books (おすすめ書籍)
◆ 辞書と学習書の記事
Popular Posts (人気記事)
All Posts (すべての記事)
This and That (あれこれ)
  • ブログ記事に誤字や記述間違い等がある場合は、コメント欄から教えてください。
  • このブログのリンクはご自由にどうぞ。
    その際に連絡の必要はありません。
  • 古典作品の解説や和歌の鑑賞文などを目的とした中学生の読者さんもいるようですね。

    このブログの古典文法などは、詳しい文法的説明を求める高校生以上の読者を想定して書いています。一般の中学生には必要のない知識なので、わからなくても気にしないでね。
About This Blog (このブログについて)

んば

Author:んば
Since May 9,2014


くらすらん
暮らす欄くらすらむClass Run

この絵は私のお気に入りで
アンリ・ルソー『眠るジプシーの女』