HOME > 小倉百人一首 > 百人一首(8) わが庵は都のたつみしかぞ住む 品詞分解と訳

百人一首(8) わが庵は都のたつみしかぞ住む 品詞分解と訳

Sponsored Links
 今回は、「小倉百人一首」収録和歌(歌番号 8番)の現代語訳(口語訳・意味)・品詞分解・語句文法解説・修辞法(表現技法)・作者・出典・英訳・MP3音声・おすすめ書籍などについて紹介します。


小倉百人一首 歌番号(8) 喜撰法師
  

わが庵は都のたつみしかぞ住む 世をうぢ山と人はいふなり


<平仮名> (歴史的仮名遣い)

わがいほは みやこのたつみ しかぞすむ よをうぢやまと ひとはいふなり

  
<読み(発音)>

ワガイオワ ミヤコノタツミ シカゾスム ヨヲウジヤマト ヒトワユーナリ


<音声> ※音声はDownloadして自由に使って下さい。

百人一首008.mp3
(クリックすると、ちょっと音痴なカワイイ棒読みちゃんが歌を読んでくれます。)


<現代語訳>

わたしの草庵は都の東南にあり、このように心安らかに住んでいる。それなのに世間の人は世を憂えて隠れ住む宇治山と言っているそうだ。

(辰巳は方角だと東南ですが、季節で言えば春と夏の間で暖かいイメージがあって、作者がゆったり、のんびり過ごしているのを感じますね。しかも、世間に煩わされずに、自由に、思いのままに過ごしている。それに、チョットおとぼけ感もあって、わたしはこの歌が好きです。実はわたしも、いま、こんなような暮らしをしています。ただ、わたしの場合は、辰巳ではなく丑寅って感じですが・・・笑)


<英訳>

My lowly hut is
Southeast from the capital.
Thus I choose to live.
And the world in which I live
Men have named a "Mount of Gloom."

『University of Virginia Library Japanese Text Initiative, Ogura Hyakunin Isshu 100 Poems by 100 Poets 』 より英訳を引用


<出典>

古今集・巻18・雑歌下・983 「題しらず・きせん法師」


<作者>

喜撰法師(きせんほうし)
生没年未詳。平安時代、嵯峨天皇の頃の歌僧。別名は醍醐法師。六歌仙の一人。
喜撰法師の歌は古今集にこの一首が現存するのみ。
Sponsored Links
<品詞分解・語句文法解説>

わ :代名詞

が :連体格の格助詞

庵(いほ) :名詞

は :係助詞

都 :名詞

の :格助詞

たつみ :名詞 十二支を方位にあてて、東南。(※時計の文字盤だと4と5の間)

しか :副詞 そのように。このように。

ぞ :係助詞

住む :動詞マ行四段活用「住む」の連体形

世 :名詞

を :格助詞

うぢ山 :歌枕 宇治山は京都府宇治市東部の山。

と :格助詞

人 :名詞

は :係助詞

いふ :動詞ハ行四段活用「言ふ」の終止形

なり :伝聞の助動詞「なり」の終止形

Sponsored Links


<古典文法の基礎知識>

「古文」を苦手科目から得意科目にする古典文法の基礎知識です。

◇「現代仮名遣い」のルールについては、「現代仮名遣い・発音(読み方)の基礎知識」の記事をどうぞ。

◇「用言の活用と見分け」については、「用言(動詞・形容詞・形容動詞)の活用と見分け方」の記事をどうぞ。

◇「助動詞・助詞の意味」や「係り結び」・「準体法」などについては、「古典文法の必須知識」 の記事をどうぞ。

◇「助動詞の活用と接続」については、「助動詞の活用と接続の覚え方」の記事をどうぞ。

◇「音便」や「敬語(敬意の方向など)」については、 「音便・敬語の基礎知識」の記事をどうぞ。


<和歌の基礎知識>

◎和歌の文法、用語、和歌集、歌風などについては、「和歌の文法・用語の基礎知識」をどうぞ。

◎和歌の修辞法(表現技法)については、「和歌の修辞法(表現技法)の基礎知識」をどうぞ。


<修辞法(表現技法)・係り結び>

・歌枕 :うぢ山(宇治山)

・句切れ :三句切れ

・掛詞 :「うぢ」が「宇治」と「憂し(うし)」の掛詞
     :「すむ」が「住む」と「澄む」の掛詞 (一般的な説ではない)

・係り結び :「ぞ」→「住む」

※「修辞法」が分からない人は、上にリンクをつけてある「修辞法の基礎知識」を、「係り結び」が分からない人は、「文法・用語の基礎知識」を読んでね。

Sponsored Links


<関連 :ヨルタモリ>

日本古典文学講座 第10回 百人一首 (2015/08/30)
国文学者 李澤京平(すももざわきょうへい)教授

八 筑筑法師(つくつくほうし)


わがいぼはうなじの横にしかとあり それじじ山と人はいふなり


<読み>

わがいぼは うなじのよこに しかとあり それじじやまと ひとはいふなり


<歌意・解説>

筑筑法師は非常に有名な歌人だが、実はこの人のことはよく分かっておらず、確実に筑筑法師の作った歌と言えるのはこの一首だけである。
「わがイボはうなじの横にしかと(=確かに・ちゃんと)ある」というのだから、このイボはかなりデカかったのであろう。
そのイボを付近の子供だか友達だかが見て、「そんなに大きいイボは爺さんの山だ」、「ジジ山だぁ、ジジ山だぁ」と言ってからかうのだ。
イボというものは、年を取ると不思議な所にできるもので、これを医学的には「老人性イボ」というらしい。
人から「老人性イボ」をからかわれる自分に対し、「ああ、年を取ってしまったものだなあ」という気持ちはあるけれども、そんな自らを客観的に見つめながら明るく笑っている様子が想像され、隠遁(いんとん)した法師なのに、暗さを微塵も感じさせない非常に優れた歌である。

※隠遁(いんとん)=世を逃れ、隠れ住むこと。

残念ながら、ヨルタモリは9月末で終了らしいですね。


<和歌索引>

◆ブログ内の和歌を探す時は、カテゴリーではなく下に示す各一覧を利用してね。

和歌:ブログ収録・歌別一覧
和歌:ブログ収録・作者別一覧
万葉集:ブログ収録和歌一覧
古今集:ブログ収録和歌一覧
新古今集:ブログ収録和歌一覧
小倉百人一首:歌番号順一覧
伊勢物語:ブログ収録和歌一覧
ヨルタモリ:日本古典文学講座:百人一首一覧


<古文や和歌の学習書と古語辞典>

古文や和歌を学ぶための学習書や古語辞典については、おすすめ書籍を紹介した下の各記事を見てね。
《古文・和歌の学習書の記事へ⇒》

《品詞分解付き対訳書の記事へ⇒》

《古語辞典の記事へ⇒》
Sponsored Links
◇関連記事 (前後の7記事を表示)
 その他の記事は、右サイドメニューの「カテゴリ」(和歌などは索引)からどうぞ。
 

Comment (コメント)

 (任意) 未入力時 = よみ人しらず
 (任意) 入力時もコメント欄には非表示
 (必須) 管理人承認後に表示
Private

Categories (カテゴリ)
Search This Blog (ブログ内検索)
Featured Posts (特集・古典の基礎知識)
◆ 古典を得意科目にする記事
My Recommended Books (おすすめ書籍)
◆ 辞書と学習書の記事
Popular Posts (人気記事)
All Posts (すべての記事)
This and That (あれこれ)
  • ブログ記事に誤字や記述間違い等がある場合は、コメント欄から教えてください。
  • このブログのリンクはご自由にどうぞ。
    その際に連絡の必要はありません。
  • 古典作品の解説や和歌の鑑賞文などを目的とした中学生の読者さんもいるようですね。

    このブログの古典文法などは、詳しい文法的説明を求める高校生以上の読者を想定して書いています。一般の中学生には必要のない知識なので、わからなくても気にしないでね。
About This Blog (このブログについて)

んば

Author:んば
Since May 9,2014


くらすらん
暮らす欄くらすらむClass Run

この絵は私のお気に入りで
アンリ・ルソー『眠るジプシーの女』