HOME > 万葉集 > 万葉集 来むといふも来ぬ時あるを来じといふを 品詞分解と訳

万葉集 来むといふも来ぬ時あるを来じといふを 品詞分解と訳

Sponsored Links
 今回は、「万葉集」収録和歌の現代語訳(口語訳・意味)・品詞分解・語句文法解説・修辞法(表現技法)・おすすめ書籍などについて紹介します。


万葉集・巻4・527 大伴坂上郎女(おおとものさかのうえのいらつめ)

京職、藤原大夫の大伴郎女に贈る歌三首 [ 卿の諱(いみな)曰く麻呂なり ]
大伴郎女の和ふる(こたふる)歌四首


来むといふも来ぬ時あるを来じといふを来むとは待たじ来じといふものを


<平仮名> (歴史的仮名遣い)

こむといふも こぬときあるを こじといふを こむとはまたじ こじといふものを


<万葉仮名>

将来云毛 不来時有乎 不来云乎 将来常者不待 不来云物乎


<現代語訳>

 来ようと言っても来ない時があるのに、来ないつもりだと言うのを来るだろうかと待つことはするまい。来ないつもりだと言っているのに。


<品詞分解・語句文法解説>

来(こ) :動詞カ行変格活用「来(く)」の未然形

む :意志の助動詞「む」の終止形
※「来む」(来よう。=行こう。)は、英語の「I'm coming.(いま行きます。)」と同じ感覚。

と :格助詞

いふ :動詞ハ行四段活用「言ふ」の連体形

も :逆接仮定条件の接続助詞 ~ても。

来(こ) :動詞カ行変格活用「来(く)」の未然形

ぬ :打消の助動詞「ず」の連体形

時 :名詞

ある :動詞ラ行変格活用「あり」の連体形

を :逆接確定条件の接続助詞 ~のに。

来(こ) :動詞カ変「来(く)」の未然形

じ :打消意志の助動詞「じ」の終止形 

と :格助詞

いふ :動詞ハ行四段活用「言ふ」の連体形

を :格助詞

来(こ) :動詞カ行変格活用「来(く)」の未然形

む :推量の助動詞「む」の終止形

と :格助詞

は :係助詞

待た :動詞タ行四段活用「待つ」の未然形

じ :打消意志の助動詞「じ」の終止形 ~まい。~ないつもりだ。

来(こ) :動詞カ行変格活用「来(く)」の未然形

じ :打消意志の助動詞「じ」の終止形 

と :格助詞

いふ :動詞ハ行四段活用「言ふ」の連体形

ものを :逆接の接続助詞。 ~のに。 ※「~だから」と順接の接続助詞とする説もある。
Sponsored Links
<古典文法の基礎知識>

「古文」を苦手科目から得意科目にする古典文法の基礎知識です。

◇「現代仮名遣い」のルールについては、「現代仮名遣い・発音(読み方)の基礎知識」の記事をどうぞ。

◇「用言の活用と見分け」については、「用言(動詞・形容詞・形容動詞)の活用と見分け方」の記事をどうぞ。

◇「助動詞・助詞の意味」や「係り結び」・「準体法」などについては、「古典文法の必須知識」 の記事をどうぞ。

◇「助動詞の活用と接続」については、「助動詞の活用と接続の覚え方」の記事をどうぞ。

◇「音便」や「敬語(敬意の方向など)」については、 「音便・敬語の基礎知識」の記事をどうぞ。


<和歌の基礎知識>

◇和歌の文法、用語、和歌集、歌風などについては、「和歌の文法・用語の基礎知識」をどうぞ。

◇和歌の修辞法(表現技法)については、「和歌の修辞法(表現技法)の基礎知識」をどうぞ。


<修辞法(表現技法)>

・句切れ :四句切れ

・頭韻(とういん)=句の頭の音が「こ」

・脚韻(きゃくいん)=句の終わりの音が「オ段音」(第四句を除いて)

・反復法 :「来」の繰り返し

Sponsored Links


<私の一言>

早口言葉のような和歌の第3弾です。

この歌は、「来む」という藤原麻呂に対する、やるせない恋の歌ですが、「来」を繰り返し使った遊び心も満載ですね。

作者の大伴坂上郎女は、以前取り上げた大伴旅人の異母妹です。そして、長女の歌人でもある大伴坂上大嬢は、旅人の息子である大伴家持の奥さんです。

旅人さんの歌も面白かったですが、大伴一族というのは、お茶目な一面もあったのでしょうかねぇ。

・この他の早口言葉のような和歌
よき人のよしとよく見てよしと言ひし芳野よく見よよき人よく見

白珠は人に知らえず知らずともよし知らずともわれし知れらば知らずともよし


<和歌索引>

◆ブログ内の和歌を探す時は、カテゴリーではなく下に示す各一覧を利用してね。

和歌:ブログ収録・歌別一覧
和歌:ブログ収録・作者別一覧
万葉集:ブログ収録和歌一覧
古今集:ブログ収録和歌一覧
新古今集:ブログ収録和歌一覧
小倉百人一首:歌番号順一覧
伊勢物語:ブログ収録和歌一覧
ヨルタモリ:日本古典文学講座:百人一首一覧


<古文や和歌の学習書と古語辞典>

古文や和歌を学ぶための学習書や古語辞典については、おすすめ書籍を紹介した下の各記事を見てね。
《古文・和歌の学習書の記事へ⇒》

《品詞分解付き対訳書の記事へ⇒》

《古語辞典の記事へ⇒》
Sponsored Links
◇関連記事 (前後の7記事を表示)
 その他の記事は、右サイドメニューの「カテゴリ」(和歌などは索引)からどうぞ。
 

Comment (コメント)

 (任意) 未入力時 = よみ人しらず
 (任意) 入力時もコメント欄には非表示
 (必須) 管理人承認後に表示
Private

Categories (カテゴリ)
Search This Blog (ブログ内検索)
Featured Posts (特集・古典の基礎知識)
◆ 古典を得意科目にする記事
My Recommended Books (おすすめ書籍)
◆ 辞書と学習書の記事
Popular Posts (人気記事)
All Posts (すべての記事)
This and That (あれこれ)
  • ブログ記事に誤字や記述間違い等がある場合は、コメント欄から教えてください。
  • このブログのリンクはご自由にどうぞ。
    その際に連絡の必要はありません。
  • 古典作品の解説や和歌の鑑賞文などを目的とした中学生の読者さんもいるようですね。

    このブログの古典文法などは、詳しい文法的説明を求める高校生以上の読者を想定して書いています。一般の中学生には必要のない知識なので、わからなくても気にしないでね。
About This Blog (このブログについて)

んば

Author:んば
Since May 9,2014


くらすらん
暮らす欄くらすらむClass Run

この絵は私のお気に入りで
アンリ・ルソー『眠るジプシーの女』