HOME > 小倉百人一首 > 百人一首(13) 筑波嶺の峰より落つるみなの川 品詞分解と訳

百人一首(13) 筑波嶺の峰より落つるみなの川 品詞分解と訳

Sponsored Links
 今回は、「小倉百人一首」収録和歌(歌番号 13番)の現代語訳(口語訳・意味)・品詞分解・語句文法解説・修辞法(表現技法)・作者・出典・英訳・MP3音声・おすすめ書籍などについて紹介します。


小倉百人一首 歌番号(13) 陽成院(陽成天皇)
 
  
筑波嶺の峰より落つるみなの川 恋ぞつもりて淵となりぬる


<平仮名> (歴史的仮名遣い)

つくばねの みねよりおつる みなのがは こひぞつもりて ふちとなりぬる


<読み(発音)>

ツクバネノ ミネヨリオツル ミナノガワ コイゾツモリテ フチトナリヌル


<音声> ※音声はDownloadして自由に使って下さい。

百人一首013.mp3
(クリックすると、ちょっと音痴なカワイイ棒読みちゃんが歌を読んでくれます。)


<現代語訳>

筑波山の峰から流れ落ちるみなの川の水量が次第に増してついには淵になるように、私の恋心もはじめはほのかなものであったが、積もり積もって今では淵のように深くなったことだ。


<英訳>

From Tsukuba's peak
Falling waters have become
Mina's still, full flow:
So my love has grown to be
Like the river's quiet deeps.
  
『University of Virginia Library Japanese Text Initiative, Ogura Hyakunin Isshu 100 Poems by 100 Poets 』 より英訳を引用


<出典>

後撰集・巻11・恋歌3・776 

「釣殿のみこに遣はしける・陽成院御製」

(釣殿のみこ(光孝天皇の第二皇女綏子(すいし)内親王)へ贈った歌)

後撰集では第五句が「淵となりぬる」→「淵となりける」となっている。

筑波嶺の峰より落つるみなの川恋ぞつもりて淵となりける
Sponsored Links
<品詞分解・語句文法解説>

筑波嶺(つくばね) :歌枕 ※下段の<特記>を参照のこと。

の :格助詞

峰(みね) :名詞
※「筑波嶺の峰」は「峰」を重ねた重言。
※重言(じゅうげん・じゅうごん)=語調を整えるなどの目的で、同じ意味の言葉を重ねて用いること。

より :格助詞

落つる :動詞タ行上二段活用「落つ(おつ)」の連体形

みなの川(みなのがは) :名詞 筑波山を源に桜川に流れ入り、霞ヶ浦に注ぐ。
              男体山と女体山の間を流れるので男女川とも書く。

恋(こひ) :名詞

ぞ :係助詞

つもり :動詞ラ行四段活用「つもる」の連用形

て :接続助詞

淵(ふち) :名詞 水がよどんで深くなっている所。⇔瀬。

と :格助詞

なり :動詞ラ行四段活用「なる」の連用形

ぬる :完了の助動詞「ぬ」の連体形

Sponsored Links


<特記>

『 筑波嶺(つくばね) 』
茨城県西部の筑波山地の主峰。山頂は男体山と女体山の二峰に分かれ、標高は876m。
古来より歌垣が行われた山としても有名。歌垣は春と秋に男女が一所に集まって、互いに歌ったり、舞踏をしたりした古代の行事で未婚の男女の求婚の場でもあった。東国では嬥歌(かがひ)と呼ばれた。
筑波嶺から流れる水に恋心を託した歌は万葉集や古今集などにもみられる。


<古典文法の基礎知識>

「古文」を苦手科目から得意科目にする古典文法の基礎知識です。

◇「現代仮名遣い」のルールについては、「現代仮名遣い・発音(読み方)の基礎知識」の記事をどうぞ。

◇「用言の活用と見分け」については、「用言(動詞・形容詞・形容動詞)の活用と見分け方」の記事をどうぞ。

◇「助動詞・助詞の意味」や「係り結び」・「準体法」などについては、「古典文法の必須知識」 の記事をどうぞ。

◇「助動詞の活用と接続」については、「助動詞の活用と接続の覚え方」の記事をどうぞ。

◇「音便」や「敬語(敬意の方向など)」については、 「音便・敬語の基礎知識」の記事をどうぞ。


<作者>

陽成院(陽成天皇:ようぜいてんのう)
868年~949年。第57代天皇。清和天皇の第一皇子。


<和歌の基礎知識>

◎和歌の文法、用語、和歌集、歌風などについては、「和歌の文法・用語の基礎知識」をどうぞ。

◎和歌の修辞法(表現技法)については、「和歌の修辞法(表現技法)の基礎知識」をどうぞ。

Sponsored Links


<修辞法(表現技法)・係り結び>

・歌枕 :筑波嶺

・序詞 :上の句が下の句を導く序詞

・縁語 :「淵」は「川」の縁語

・係り結び :「ぞ」→「ぬる」

※「修辞法」が分からない人は、上にリンクをつけてある「修辞法の基礎知識」を、「係り結び」が分からない人は、「文法・用語の基礎知識」を読んでね。


<私の一言>

熱烈なラブレターですね。

無事に成就したようで、綏子内親王は後に入内(じゅだい)したそうです。


<和歌索引>

◆ブログ内の和歌を探す時は、カテゴリーではなく下に示す各一覧を利用してね。

和歌:ブログ収録・歌別一覧
和歌:ブログ収録・作者別一覧
万葉集:ブログ収録和歌一覧
古今集:ブログ収録和歌一覧
新古今集:ブログ収録和歌一覧
小倉百人一首:歌番号順一覧
伊勢物語:ブログ収録和歌一覧
ヨルタモリ:日本古典文学講座:百人一首一覧


<古文や和歌の学習書と古語辞典>

古文や和歌を学ぶための学習書や古語辞典については、おすすめ書籍を紹介した下の各記事を見てね。
《古文・和歌の学習書の記事へ⇒》

《品詞分解付き対訳書の記事へ⇒》

《古語辞典の記事へ⇒》
Sponsored Links
◇関連記事 (前後の7記事を表示)
 その他の記事は、右サイドメニューの「カテゴリ」(和歌などは索引)からどうぞ。
 

Comment (コメント)

 (任意) 未入力時 = よみ人しらず
 (任意) 入力時もコメント欄には非表示
 (必須) 管理人承認後に表示
Private

Categories (カテゴリ)
Search This Blog (ブログ内検索)
Featured Posts (特集・古典の基礎知識)
◆ 古典を得意科目にする記事
My Recommended Books (おすすめ書籍)
◆ 辞書と学習書の記事
Popular Posts (人気記事)
All Posts (すべての記事)
This and That (あれこれ)
  • ブログ記事に誤字や記述間違い等がある場合は、コメント欄から教えてください。
  • このブログのリンクはご自由にどうぞ。
    その際に連絡の必要はありません。
  • 古典作品の解説や和歌の鑑賞文などを目的とした中学生の読者さんもいるようですね。

    このブログの古典文法などは、詳しい文法的説明を求める高校生以上の読者を想定して書いています。一般の中学生には必要のない知識なので、わからなくても気にしないでね。
About This Blog (このブログについて)

んば

Author:んば
Since May 9,2014


くらすらん
暮らす欄くらすらむClass Run

この絵は私のお気に入りで
アンリ・ルソー『眠るジプシーの女』