HOME > 小倉百人一首 > 百人一首(14) 陸奥のしのぶもぢずり誰ゆゑに 品詞分解と訳

百人一首(14) 陸奥のしのぶもぢずり誰ゆゑに 品詞分解と訳

Sponsored Links
 今回は、「小倉百人一首」(歌番号 14番)と「伊勢物語 初冠」(初段)収録和歌の現代語訳(口語訳・意味)・品詞分解・語句文法解説・修辞法(表現技法)・作者・出典・英訳・MP3音声・おすすめ書籍などについて紹介します。

◇「初冠」の第一首目「春日野の~」は、「こちらのリンク(春日野の~)」からどうぞ。

◇初冠(全文)の品詞分解・訳・解説は「こちらのリンク初冠(全文)」からどうぞ。


小倉百人一首 歌番号(14) 河原左大臣(源融) & 伊勢物語 第1段 「初冠」(第二首目)
 
   
陸奥のしのぶもぢずり誰ゆゑに 乱れそめにし我ならなくに


<平仮名> (歴史的仮名遣い)

みちのくの しのぶもぢずり たれゆゑに みだれそめにし われならなくに


<読み(発音)>

ミチノクノ シノブモジズリ タレユエニ ミダレソメニシ ワレナラナクニ


<音声> ※音声はDownloadして自由に使って下さい。

百人一首014.mp3
(クリックすると、ちょっと音痴なカワイイ棒読みちゃんが歌を読んでくれます。)


<現代語訳>

陸奥の信夫に生える忍草で染めたもじずりの乱れ模様のように、私が心を乱しているのは、あなた以外の誰のためでもないのに。(あなたを思っているからこそです。)

(13番につづいて熱烈なラブレターですね。源融が詠んでいるから良い歌なのでしょうが、その辺のオッサンが詠んだら、気持ち悪いストーカーと間違われちゃいますね・・・笑)


<英訳>

Like Michinoku prints
Of the tangled leaves of ferns,
It is because of you
That I have become confused;
But my love for you remains.
  
『University of Virginia Library Japanese Text Initiative, Ogura Hyakunin Isshu 100 Poems by 100 Poets 』 より英訳を引用


<出典>

古今集・巻14・恋歌4・724 「題しらず・河原左大臣」

古今集では第四句が、「乱れそめにし」→「乱れむと思ふ」となっている。

陸奥のしのぶもぢずり誰ゆゑに乱れむと思ふ我ならなくに

※伊勢物語・第1段・「初冠」では百人一首と同様に「乱れそめにし」
Sponsored Links
<作者>

源融(みなもとのとおる)
822年~895年。平安前期の廷臣、歌人。嵯峨天皇の第十二皇子。源氏の姓を賜って臣籍に下る。従一位。
六条河原に壮麗な邸宅を構えたので河原院、河原左大臣と称せられた。宇治の別荘は後の平等院。


<品詞分解・語句文法解説>

陸奥(みちのく) :名詞 「みちのおく」のつまった語。

の :格助詞

しのぶもぢずり :名詞 ※下段の<文法特記>を参照のこと。

誰(たれ) :代名詞

ゆゑ :名詞 ~ため。

に :格助詞

乱れそめ :動詞マ行下二段活用「乱れ初む(みだれそむ)」の連用形

に :完了の助動詞「ぬ」の連用形

し :過去の助動詞「き」の連体形

我(われ) :代名詞

なら :断定の助動詞「なり」の未然形

な :打消の助動詞「ず」の古い未然形

く :接尾語 ※上の語を体言化する準体助詞とする説もある。

に :助詞 ※この「に」は、接続助詞・格助詞・終助詞・間投助詞など諸説ある。

Sponsored Links


<文法特記>

『 しのぶもぢずり 』
織物で摺衣(すりごろも)のひとつ。今の福島県信夫郡(しのぶぐん)から産出する忍草(シダ植物の一種)の葉や茎を摺りつけて、乱れ模様としたもの。
「もぢずり」は、「もぢりずり」の意味で、よじれ乱れた模様に摺り染めすること、もしくはその摺衣のこと。

『 なくに 』 
連語 :~ないのに。~ないのだから。

※「なくに」を使った和歌としては、「飽かなくにまだきも月の~」「枕とて草ひき結ぶ~」などなど。


<古典文法の基礎知識>

「古文」を苦手科目から得意科目にする古典文法の基礎知識です。

◇「現代仮名遣い」のルールについては、「現代仮名遣い・発音(読み方)の基礎知識」の記事をどうぞ。

◇「用言の活用と見分け」については、「用言(動詞・形容詞・形容動詞)の活用と見分け方」の記事をどうぞ。

◇「助動詞・助詞の意味」や「係り結び」・「準体法」などについては、「古典文法の必須知識」 の記事をどうぞ。

◇「助動詞の活用と接続」については、「助動詞の活用と接続の覚え方」の記事をどうぞ。

◇「音便」や「敬語(敬意の方向など)」については、 「音便・敬語の基礎知識」の記事をどうぞ。


<和歌の基礎知識>

◎和歌の文法、用語、和歌集、歌風などについては、「和歌の文法・用語の基礎知識」をどうぞ。

◎和歌の修辞法(表現技法)については、「和歌の修辞法(表現技法)の基礎知識」をどうぞ。


<修辞法(表現技法)>

・序詞 :初句~第二句「陸奥のしのぶもぢずり」までが、「乱れ」を導く序詞

・掛詞 :「そめ」が、「初め」と「染め」の掛詞

・縁語 :「そめ」が、「しのぶもぢずり」の縁語

※「修辞法」が分からない人は、上にリンクをつけてある「修辞法の基礎知識」を読んでね。


<在原業平・二条の后>

在原業平や二条の后については、「百人一首 ちはやぶる~」の記事を参照のこと。


<和歌索引>

◆ブログ内の和歌を探す時は、カテゴリーではなく下に示す各一覧を利用してね。

和歌:ブログ収録・歌別一覧
和歌:ブログ収録・作者別一覧
万葉集:ブログ収録和歌一覧
古今集:ブログ収録和歌一覧
新古今集:ブログ収録和歌一覧
小倉百人一首:歌番号順一覧
伊勢物語:ブログ収録和歌一覧
ヨルタモリ:日本古典文学講座:百人一首一覧


<古文や和歌の学習書と古語辞典>

古文や和歌を学ぶための学習書や古語辞典については、おすすめ書籍を紹介した下の各記事を見てね。
《古文・和歌の学習書の記事へ⇒》

《品詞分解付き対訳書の記事へ⇒》

《古語辞典の記事へ⇒》
Sponsored Links
◇関連記事 (前後の7記事を表示)
 その他の記事は、右サイドメニューの「カテゴリ」(和歌などは索引)からどうぞ。
 

Comment (コメント)

 (任意) 未入力時 = よみ人しらず
 (任意) 入力時もコメント欄には非表示
 (必須) 管理人承認後に表示
Private

Categories (カテゴリ)
Search This Blog (ブログ内検索)
Featured Posts (特集・古典の基礎知識)
◆ 古典を得意科目にする記事
My Recommended Books (おすすめ書籍)
◆ 辞書と学習書の記事
Popular Posts (人気記事)
All Posts (すべての記事)
This and That (あれこれ)
  • ブログ記事に誤字や記述間違い等がある場合は、コメント欄から教えてください。
  • このブログのリンクはご自由にどうぞ。
    その際に連絡の必要はありません。
  • 古典作品の解説や和歌の鑑賞文などを目的とした中学生の読者さんもいるようですね。

    このブログの古典文法などは、詳しい文法的説明を求める高校生以上の読者を想定して書いています。一般の中学生には必要のない知識なので、わからなくても気にしないでね。
About This Blog (このブログについて)

んば

Author:んば
Since May 9,2014


くらすらん
暮らす欄くらすらむClass Run

この絵は私のお気に入りで
アンリ・ルソー『眠るジプシーの女』