HOME > 小倉百人一首 > 百人一首(15) 君がため春の野に出でて若菜摘む 品詞分解と訳

百人一首(15) 君がため春の野に出でて若菜摘む 品詞分解と訳

Sponsored Links
 今回は、「小倉百人一首」収録和歌(歌番号 15番)の現代語訳(口語訳・意味)・品詞分解・語句文法解説・修辞法(表現技法)・作者・出典・英訳・MP3音声・おすすめ書籍などについて紹介します。


小倉百人一首 歌番号(15) 光孝天皇
 
   
君がため春の野に出でて若菜摘む わが衣手に雪は降りつつ


<読み(発音)>

キミガタメ ハルノノニイデテ ワカナツム ワガコロモデニ ユキワフリツツ


<音声> ※音声はDownloadして自由に使って下さい。

百人一首015.mp3
(クリックすると、ちょっと音痴なカワイイ棒読みちゃんが歌を読んでくれます。)


<現代語訳>

あなたに差し上げるために春の野に出て若菜を摘む私の袖には、雪がしきりに降りかかっていたのでしたよ。


<英訳>

It is for your sake
That I walk the fields in spring,
Gathering green herbs,
While my garment's hanging sleeves
Are speckled with falling snow.
  
『University of Virginia Library Japanese Text Initiative, Ogura Hyakunin Isshu 100 Poems by 100 Poets 』 より英訳を引用


<出典>

古今集・巻1・春歌上・21 
「仁和のみかど、みこにおはしましける時に、ひとに若菜たまひける御歌」
(仁和の帝が、まだ親王でいらっしゃった時に、人に若菜を賜った時に添えられた御歌)

※仁和のみかど :光孝天皇


<作者>

光孝天皇(こうこうてんのう)
830年~887年。第58代天皇。仁明天皇第三皇子。884年2月即位。
Sponsored Links
<品詞分解・語句文法解説>

君 :代名詞

が :格助詞

ため :名詞

春 :名詞

の :格助詞

野 :名詞

に :格助詞

出で(いで) :動詞ダ行下二段活用「出づ(いづ)」の連用形

て :接続助詞

若菜(わかな) :名詞 早春に生える食用となる野草(せり、なずな、つくしなど)の総称。

摘む(つむ) :動詞マ行四段活用「摘む(つむ)」の連体形

わ :代名詞

が :格助詞

衣手(ころもで) :名詞 袖。

に :格助詞

雪 :名詞

は :係助詞

降り :動詞ラ行四段活用「降る」の連用形

つつ :接続助詞 「つつ止め」(継続と詠嘆を余情的に表現)。 しきりに~することだよ。

Sponsored Links


<古典文法の基礎知識>

「古文」を苦手科目から得意科目にする古典文法の基礎知識です。

◇「現代仮名遣い」のルールについては、「現代仮名遣い・発音(読み方)の基礎知識」の記事をどうぞ。

◇「用言の活用と見分け」については、「用言(動詞・形容詞・形容動詞)の活用と見分け方」の記事をどうぞ。

◇「助動詞・助詞の意味」や「係り結び」・「準体法」などについては、「古典文法の必須知識」 の記事をどうぞ。

◇「助動詞の活用と接続」については、「助動詞の活用と接続の覚え方」の記事をどうぞ。

◇「音便」や「敬語(敬意の方向など)」については、 「音便・敬語の基礎知識」の記事をどうぞ。


<和歌の基礎知識>

◎和歌の文法、用語、和歌集、歌風などについては、「和歌の文法・用語の基礎知識」をどうぞ。

◎和歌の修辞法(表現技法)については、「和歌の修辞法(表現技法)の基礎知識」をどうぞ。


<修辞法(表現技法)>

※句切れを含め、修辞は特にありません。
強いて言えば「つつ止め」。


<私の一言>

当時は、貴人が人に物を贈る時に真心のこもっていることを伝えるため、和歌を添える習わしがあったそうで、親王が自ら若菜を摘むことはないでしょうが、真心を伝えるための脚色なんでしょうね。

そして、この歌は女性にではなく、男性(藤原基経:ふじわらのもとつね)に贈った歌という伝えがあるそうです。

てっきり、女性に贈った歌だと思ってました(笑)

難しい単語や文法項目もなくて、おだやかで、気品のある、やさしい感じがする歌ですね。


<和歌索引>

◆ブログ内の和歌を探す時は、カテゴリーではなく下に示す各一覧を利用してね。

和歌:ブログ収録・歌別一覧
和歌:ブログ収録・作者別一覧
万葉集:ブログ収録和歌一覧
古今集:ブログ収録和歌一覧
新古今集:ブログ収録和歌一覧
小倉百人一首:歌番号順一覧
伊勢物語:ブログ収録和歌一覧
ヨルタモリ:日本古典文学講座:百人一首一覧


<古文や和歌の学習書と古語辞典>

古文や和歌を学ぶための学習書や古語辞典については、おすすめ書籍を紹介した下の各記事を見てね。
《古文・和歌の学習書の記事へ⇒》

《品詞分解付き対訳書の記事へ⇒》

《古語辞典の記事へ⇒》
Sponsored Links
◇関連記事 (前後の7記事を表示)
 その他の記事は、右サイドメニューの「カテゴリ」(和歌などは索引)からどうぞ。
 

Comment (コメント)

 (任意) 未入力時 = よみ人しらず
 (任意) 入力時もコメント欄には非表示
 (必須) 管理人承認後に表示
Private

Categories (カテゴリ)
Search This Blog (ブログ内検索)
Featured Posts (特集・古典の基礎知識)
◆ 古典を得意科目にする記事
My Recommended Books (おすすめ書籍)
◆ 辞書と学習書の記事
Popular Posts (人気記事)
All Posts (すべての記事)
This and That (あれこれ)
  • ブログ記事に誤字や記述間違い等がある場合は、コメント欄から教えてください。
  • このブログのリンクはご自由にどうぞ。
    その際に連絡の必要はありません。
  • 古典作品の解説や和歌の鑑賞文などを目的とした中学生の読者さんもいるようですね。

    このブログの古典文法などは、詳しい文法的説明を求める高校生以上の読者を想定して書いています。一般の中学生には必要のない知識なので、わからなくても気にしないでね。
About This Blog (このブログについて)

んば

Author:んば
Since May 9,2014


くらすらん
暮らす欄くらすらむClass Run

この絵は私のお気に入りで
アンリ・ルソー『眠るジプシーの女』