HOME > 徒然草 > 徒然草(52段) 仁和寺にある法師 品詞分解と現代語訳

徒然草(52段) 仁和寺にある法師 品詞分解と現代語訳

Sponsored Links
 今回は、「徒然草 第52段 仁和寺にある法師」の原文・現代語訳(口語訳)・品詞分解(文法的説明)・語句の意味・文法解説・敬語(敬意の方向)・係り結び・鑑賞・おすすめ書籍などについて紹介します。


「徒然草(つれづれぐさ) 第52段 仁和寺にある法師」(兼好法師・吉田兼好・卜部兼好)


<原文>

◇全文の「現代仮名遣い・発音・読み方(ひらがな)」は下記の別サイトからどうぞ。
《⇒現代仮名遣いサイトへ行く》

 仁和寺(にんなじ)にある法師(ほふし)、年寄るまで石清水(いはしみづ)を拝ま(をがま)ざりければ、心うく覚えて、あるとき思ひ立ちて、ただひとり、徒歩(かち)より詣で(まうで)けり。極楽寺(ごくらくじ)・高良(かうら)などを拝みて、かばかりと心得て帰りにけり。さて、かたへの人にあひて、「年ごろ思ひつること果たし侍り(はべり)ぬ。聞きしにも過ぎて、尊く(たふとく)こそおはしけれ。そも、参り(まゐり)たる人ごとに山へ登りしは、何事かありけん、ゆかしかりしかど、神へ参るこそ本意(ほい)なれと思ひて、山までは見ず」とぞ言ひける。

 少しのことにも、先達(せんだつ)はあらまほしきことなり。


<現代語訳>

 仁和寺にいるある法師が、年をとるまで石清水八幡宮を参拝したことがなかったので、情けなく思って、あるとき決心して、ただ一人で徒歩で参詣したそうだ。極楽寺や高良などを拝んで、これだけだと思って帰ってしまったそうだ。そうして、仲間の人に向かって、「長年望んでいたことをやりとげました。かねてから聞いていた以上に、尊いご様子でいらっしゃったことよ。それにしても、参詣した人がみな山の方へ登って行ったのは、何事があったのでしょうか。私も行ってみたかったけれど、神様に参拝するのが本来の目的なのだと思って、山までは行ってみなかった」と言ったそうだ。

 ちょっとしたことにも、案内者はあってほしいものである。


<徒然草(つれづれぐさ)>

作者=兼好法師(けんこうほうし)・兼好(けんこう)は法号、俗名=卜部兼好(うらべかねよし)、通称=吉田兼好(よしだけんこう)・生家が京都吉田神社の神官であることに由来。

文学ジャンル=随筆。

成立=鎌倉時代末期。

「枕草子」(平安時代中期)、「方丈記」(鎌倉時代初期)とともに日本三大随筆のひとつ。

隠者文学(いんじゃぶんがく)=俗世間を離れ、仏道修行や悠々自適の生活を送る者による文学作品の総称。代表的な作者は兼好法師・鴨長明・西行など。
Sponsored Links
<品詞分解(文法的説明=文法解釈)>

◇主要な品詞を色別表示にした見やすい品詞分解を別サイトに作成しました。
《⇒品詞色別表示の品詞分解サイトへ行く》

 ※活用の基本形を、ひらがなで示した。動詞は、品詞名を省略した。
 ※二通りの解釈や説がある場合、「年ごろ【名詞(副詞)】」のように示した。

 仁和寺にある法師、年寄るまで石清水を拝まざりければ、
 仁和寺【名詞】 に【格助詞】 ある【ラ行変格活用「あり」の連体形】 法師【名詞】、 年【名詞】 寄る【ラ行四段活用「よる」の連体形】 まで【副助詞】 石清水【名詞】 を【格助詞】 拝ま【マ行四段活用「をがむ」の未然形】 ざり【打消の助動詞「ず」の連用形】 けれ【過去の助動詞「けり」の已然形】 ば【接続助詞】、 
※ある【連体詞】とする説もある。

心うく覚えて、あるとき思ひ立ちて、ただひとり、徒歩より詣でけり。
心うく【形容詞・ク活用「こころうし」の連用形】 覚え【ヤ行下二段活用「おぼゆ」の連用形】 て【接続助詞】、 ある【連体詞】 とき【名詞】 思ひ立ち【タ行四段活用「おもひたつ」の連用形】 て【接続助詞】、 ただ【副詞】 ひとり【名詞】、 徒歩【名詞】 より【格助詞】 詣で【ダ行下二段活用「まうづ」の連用形:謙譲の本動詞】 けり【過去の助動詞「けり」の終止形】。

極楽寺・高良などを拝みて、かばかりと心得て帰りにけり。
極楽寺【名詞】 高良【名詞】 など【副助詞】 を【格助詞】 拝み【マ行四段活用「をがむ」の連用形】 て【接続助詞】、 かばかり【副詞】 と【格助詞】 心得【ア行下二段活用「こころう」の連用形】 て【接続助詞】 帰り【ラ行四段活用「かへる」の連用形】 に【完了の助動詞「ぬ」の連用形】 けり【過去の助動詞「けり」の終止形】。

さて、かたへの人にあひて、「年ごろ思ひつること果たし侍りぬ。
さて【接続詞】、 かたへ【名詞】 の【格助詞】 人【名詞】 に【格助詞】 あひ【ハ行四段活用「あふ」の連用形】 て【接続助詞】、  「年ごろ【名詞(副詞)】 思ひ【ハ行四段活用「おもふ」の連用形】 つる【完了の助動詞「つ」の連体形】 こと【名詞】 果たし【サ行四段活用「はたす」の連用形】 侍り【ラ行四段活用「はべり」の連用形:丁寧の補助動詞】 ぬ【完了の助動詞「ぬ」の終止形】。

聞きしにも過ぎて、尊くこそおはしけれ。
聞き【カ行四段活用「きく」の連用形】 し【過去の助動詞「き」の連体形】 に【格助詞】 も【係助詞】 過ぎ【ガ行上二段活用「すぐ」の連用形】 て【接続助詞】 尊く【形容詞・ク活用「たふとし」の連用形】 こそ【係助詞】 おはし【サ行変格活用「おはす」の連用形:尊敬の補助動詞】 けれ【詠嘆の助動詞「けり」の已然形】。

そも、参りたる人ごとに山へ登りしは、何事かありけん、
そも【接続詞】、 参り【ラ行四段活用「まゐる」の連用形:謙譲の本動詞】 たる【完了の助動詞「たり」の連体形】 人ごと【名詞】 に【格助詞】 山【名詞】 へ【格助詞】 登り【ラ行四段活用「のぼる」の連用形】 し【過去の助動詞「き」の連体形】 は【係助詞】、 何事【名詞】 か【係助詞】 あり【ラ行変格活用「あり」の連用形】 けん【過去推量の助動詞「けむ」の連体形】、

ゆかしかりしかど、神へ参るこそ本意なれと思ひて、
ゆかしかり【形容詞・シク活用「ゆかし」の連用形】 しか【過去の助動詞「き」の已然形】 ど【接続助詞】、 神【名詞】 へ【格助詞】 参る【ラ行四段活用「まゐる」の連体形:謙譲の本動詞】 こそ【係助詞】 本意【名詞】 なれ【断定の助動詞「なり」の已然形】 と【格助詞】 思ひ【ハ行四段活用「おもふ」の連用形】 て【接続助詞】、

山までは見ず」とぞ言ひける。
山【名詞】 まで【副助詞】 は【係助詞】 見【マ行上一段活用「みる」の未然形】 ず【打消の助動詞「ず」の終止形】」  と【格助詞】 ぞ【係助詞】 言ひ【ハ行四段活用「いふ」の連用形】 ける【過去の助動詞「けり」の連体形】。

 少しのことにも、先達はあらまほしきことなり。
 少し【副詞】 の【格助詞】 こと【名詞】 に【格助詞】 も【係助詞】、 先達【名詞】 は【係助詞】 あら【ラ行変格活用「あり」の未然形】 まほしき【希望の助動詞「まほし」の連体形】 こと【名詞】 なり【断定の助動詞「なり」の終止形】。

Sponsored Links


<古典文法の基礎知識>

「古文」を苦手科目から得意科目にする古典文法の基礎知識です。

◆「現代仮名遣い」のルールについては、「現代仮名遣い・発音(読み方)の基礎知識」の記事をどうぞ。

◆「用言の活用と見分け」については、「用言(動詞・形容詞・形容動詞)の活用と見分け方」の記事をどうぞ。

◆「助動詞・助詞の意味」や「係り結び」・「準体法」などについては、「古典文法の必須知識」 の記事をどうぞ。

◆「助動詞の活用と接続」については、「助動詞の活用と接続の覚え方」の記事をどうぞ。

◆「音便」や「敬語(敬意の方向など)」については、 「音便・敬語の基礎知識」の記事をどうぞ。


<語句・文法解説>

■助動詞・助詞の意味などについては、上にリンクを付けてある「古典文法の必須知識」を参照してください。

◇主な敬語については、「敬意の主体(誰から)」→「敬意の対象(誰へ)」(敬意の方向)を示した。

仁和寺(にんなじ) :京都市右京区御室にある真言宗御室派の総本山
たま~に、「にわでら」だと思っている人がいますよ(笑)

石清水 :石清水八幡宮。京都の南方、仁和寺からは約15km。

心うく :情けない。

覚え :(自然に)思うようなる。感じる。

思ひ立ち :決心する。

詣で :謙譲の本動詞:参詣する。
◇「作者(兼好)」→「石清水八幡宮(神様)」への敬意。

「徒歩より詣でけり」、あとで出てくる「尊くこそおはしけれ」の「けり」など主な助動詞の意味については上にリンクをつけている「古典文法の必須知識」を参照してね。

「極楽寺・高良」
石清水八幡宮付属の寺社。八幡宮はそこから1km上にあった。当時は神仏混交なので神社にも付属の寺があった。

かばかり :これだけだ。

「帰りにけり」の「に」
※「にけり(過去)」「にき(過去)」「にたり(存続)」の「に」は完了の助動詞。

かたへ :仲間。

「あひて」 :向かって。

年ごろ :長年。

侍り :丁寧の補助動詞:~ます。
◇「話し手(仁和寺の法師)」→「聞き手(仲間の人)」への敬意。

おはし :尊敬の補助動詞:~いらっしゃる。
◇「話し手(仁和寺の法師)」→「石清水八幡宮(神様)」への敬意。

そも :それにしても。

参り :謙譲の本動詞:参詣する。
◇「話し手(仁和寺の法師)」→「石清水八幡宮(神様)」への敬意。 

人ごと :人がみな。 「ごと」(接尾語) :いずれも。どの~も。

ゆかしかり :知りたい。見たい。

本意 :本来の目的。

先達 :案内者。指導者。

「あらまほしき」 :あってほしい。

Sponsored Links


<係り結び>

・「こそ」→(おはし)「けれ」

・「か」→(あり)「けん」

・「こそ」→(本意)「なれ」

・「ぞ」→(言ひ)「ける」

※係り結びが分からない人は上にリンクを付けてある「古典文法の必須知識」を読んでね。


<鑑賞・私の一言>

一応、教科書的には、法師が独り合点をした失敗談の面白さ、少しのことでも、専門の道に通じた指導者の必要性と指導者に教えを請うことの重要性を説いた、滑稽味と教訓性をあわせ持つ章段ということなのでしょうが・・・。

この坊主のように、十分な事前の情報収集もせず、現地での周辺情報にも鈍感で、視野が狭く早合点する、他者に手取り足取り指導されなけば正しい道が歩めないような奴にはなるな、と言うことでしょうね・・・(笑)

ちなみに、この坊主は、仁和寺の老僧のようなので、それなりに高僧なのでしょうが、ある程度の学識教養のある者でも、閉鎖社会にいると世間知らずになるのは昔も今も同じですねぇ・・・。
あなたの近くにも、そんな人たちが・・・、ほら、学校で働いている・・・(笑)

予想テスト問題は、気分が乗ったら、いずれ追記します。


<このブログに収録済みの品詞分解作品>

 品詞分解:ブログ収録作品一覧


<古文の学習書と古語辞典>

 古文を学ぶための学習書や古語辞典については、おすすめ書籍を紹介した下の各記事を見てね。
 《⇒古文学習書の記事へ》 

 《⇒品詞分解付き対訳書の記事へ》 

 《⇒古語辞典の記事へ》
Sponsored Links
◇関連記事 (前後の7記事を表示)
 その他の記事は、右サイドメニューの「カテゴリ」(和歌などは索引)からどうぞ。
 

Comment (コメント)

 (任意) 未入力時 = よみ人しらず
 (任意) 入力時もコメント欄には非表示
 (必須) 管理人承認後に表示
Private

Categories (カテゴリ)
Search This Blog (ブログ内検索)
Featured Posts (特集・古典の基礎知識)
◆ 古典を得意科目にする記事
My Recommended Books (おすすめ書籍)
◆ 辞書と学習書の記事
Popular Posts (人気記事)
All Posts (すべての記事)
This and That (あれこれ)
  • ブログ記事に誤字や記述間違い等がある場合は、コメント欄から教えてください。
  • このブログのリンクはご自由にどうぞ。
    その際に連絡の必要はありません。
  • 古典作品の解説や和歌の鑑賞文などを目的とした中学生の読者さんもいるようですね。

    このブログの古典文法などは、詳しい文法的説明を求める高校生以上の読者を想定して書いています。一般の中学生には必要のない知識なので、わからなくても気にしないでね。
About This Blog (このブログについて)

んば

Author:んば
Since May 9,2014


くらすらん
暮らす欄くらすらむClass Run

この絵は私のお気に入りで
アンリ・ルソー『眠るジプシーの女』