HOME > 小倉百人一首 > 百人一首(18) 住の江の岸に寄る波よるさへや 品詞分解と訳

百人一首(18) 住の江の岸に寄る波よるさへや 品詞分解と訳

Sponsored Links
 今回は、「小倉百人一首」収録和歌(歌番号 18番)の現代語訳(口語訳・意味)・品詞分解・語句文法解説・修辞法(表現技法)・作者・出典・英訳・MP3音声・おすすめ書籍などについて紹介します。


小倉百人一首 歌番号(18) 藤原敏行朝臣
 
     
住の江の岸に寄る波よるさへや 夢の通ひ路人目よくらむ


<平仮名> (歴史的仮名遣い)

すみのえの きしによるなみ よるさへや ゆめのかよひぢ ひとめよくらむ


<読み(発音)>

スミノエノ キシニヨルナミ ヨルサエヤ ユメノカヨイジ ヒトメヨクラン


<音声> ※音声はDownloadして自由に使って下さい。

百人一首018.mp3
(クリックすると、ちょっと音痴なカワイイ棒読みちゃんが歌を読んでくれます。)


<現代語訳>

住の江の岸に寄る波のようにあなたのそばに寄りたいと思っているのに、昼間はやむを得ないとしても夜の夢の通い路にも、どうしてあなたは人目を避けようとして、通ってくださらないのだろうか。

(恋しい人に夢の中でさえ会えない気持ちを女性の立場に立って詠んだ歌。)


<英訳>

The waves are gathered
On the shore of Sumi Bay,
And in the gathered night,
When in dreams I go to you,
I hide from people's eyes.
  
『University of Virginia Library Japanese Text Initiative, Ogura Hyakunin Isshu 100 Poems by 100 Poets 』 より英訳を引用


<出典>

古今集・巻12・恋歌2・559 「寛平の御時、后の宮の歌合の歌・藤原敏行朝臣」

宇多天皇の寛平年間に、后の宮(宇多天皇の生母・班子女王)が催された歌合の歌。
(后の宮を藤原基経の娘で、皇后温子とする説もある。)
Sponsored Links
<品詞分解・語句文法解説>

住の江(すみのえ) :歌枕 今の大阪府住吉区付近の入り江。

の :格助詞

岸 :名詞

に :格助詞

寄る :動詞ラ行四段活用「寄る」の連体形

波 :名詞

よる :動詞ラ行四段活用「寄る」の連体形 / 名詞 「夜」

さへ :副助詞 ~までも。

や :疑問の係助詞

夢 :名詞

の :格助詞

通ひ路(かよひぢ) :名詞

人目(ひとめ) :名詞

よく :動詞カ行上二段活用「避く(よく)」の終止形

らむ :現在の原因推量の助動詞「らむ」の連体形 どうして~なのだろうか。

※助動詞「らむ」については、下にリンクを付けてある「古典文法の必須知識」を読んでね。

Sponsored Links


<文法特記>

『 人目よく 』には二説ある。
①相手が人目を避ける。
②作者自身が人目を避ける。

相手を責める①が一般的な解釈。


<古典文法の基礎知識>

「古文」を苦手科目から得意科目にする古典文法の基礎知識です。

◇「現代仮名遣い」のルールについては、「現代仮名遣い・発音(読み方)の基礎知識」の記事をどうぞ。

◇「用言の活用と見分け」については、「用言(動詞・形容詞・形容動詞)の活用と見分け方」の記事をどうぞ。

◇「助動詞・助詞の意味」や「係り結び」・「準体法」などについては、「古典文法の必須知識」 の記事をどうぞ。

◇「助動詞の活用と接続」については、「助動詞の活用と接続の覚え方」の記事をどうぞ。

◇「音便」や「敬語(敬意の方向など)」については、 「音便・敬語の基礎知識」の記事をどうぞ。


<作者>

藤原敏行(ふじわらのとしゆき)
生年不詳~901 or 907年。平安前期の歌人。藤原富士麿の子。右兵衛督従四位上。宇多天皇時代の宮廷歌人で、能書家としても知られる。三十六歌仙の一人。朝臣(あそん)は、五位以上の人の姓名につける敬称。


<和歌の基礎知識>

◎和歌の文法、用語、和歌集、歌風などについては、「和歌の文法・用語の基礎知識」をどうぞ。

◎和歌の修辞法(表現技法)については、「和歌の修辞法(表現技法)の基礎知識」をどうぞ。

Sponsored Links


<修辞法(表現技法)・係り結び>

・歌枕 :住の江

・序詞 :第二句までが、「よる」を導く序詞

・掛詞 :「よる」が、「寄る」と「夜」の掛詞
※「よる」を掛詞としないで、単に「夜」とする説もある。
その場合は、「住の江の岸に寄る波のよるではないが、夜の夢の通い路にも~」と解釈する。

・係り結び :「や」→「らむ」

※「修辞法」が分からない人は、上にリンクをつけてある「修辞法の基礎知識」を、「係り結び」が分からない人は、「文法・用語の基礎知識」を読んでね。


<関連>

※古今集で一つ前に収録されている同じ歌合での藤原敏行の歌

古今集・巻12・恋歌2・558 「寛平の御時、后の宮の歌合の歌・藤原敏行朝臣」


恋ひわびてうち寝るなかに行き通ふ夢の直路はうつつならなむ


(恋に苦しみ悩んで寝た時に夢の中で行き来した、その夢のまっすぐな道が現実であってほしい。)


直路(ただち or ただぢ) :まっすぐな道


<私の一言>

古今集での一つ前の歌では好きな人に夢の中でなら会えているのに、小倉百人一首に収録された歌では夢の中でさえも会えなくなってしまったんですね。

「よる」の同音反復によって、なかなか恋人に会えない「やるせなさ」が巧みに表現された歌ですね。


<和歌索引>

◆ブログ内の和歌を探す時は、カテゴリーではなく下に示す各一覧を利用してね。

和歌:ブログ収録・歌別一覧
和歌:ブログ収録・作者別一覧
万葉集:ブログ収録和歌一覧
古今集:ブログ収録和歌一覧
新古今集:ブログ収録和歌一覧
小倉百人一首:歌番号順一覧
伊勢物語:ブログ収録和歌一覧
ヨルタモリ:日本古典文学講座:百人一首一覧


<古文や和歌の学習書と古語辞典>

古文や和歌を学ぶための学習書や古語辞典については、おすすめ書籍を紹介した下の各記事を見てね。
《古文・和歌の学習書の記事へ⇒》

《品詞分解付き対訳書の記事へ⇒》

《古語辞典の記事へ⇒》
Sponsored Links
◇関連記事 (前後の7記事を表示)
 その他の記事は、右サイドメニューの「カテゴリ」(和歌などは索引)からどうぞ。
 

Comment (コメント)

 (任意) 未入力時 = よみ人しらず
 (任意) 入力時もコメント欄には非表示
 (必須) 管理人承認後に表示
Private

Categories (カテゴリ)
Search This Blog (ブログ内検索)
Featured Posts (特集・古典の基礎知識)
◆ 古典を得意科目にする記事
My Recommended Books (おすすめ書籍)
◆ 辞書と学習書の記事
Popular Posts (人気記事)
All Posts (すべての記事)
This and That (あれこれ)
  • ブログ記事に誤字や記述間違い等がある場合は、コメント欄から教えてください。
  • このブログのリンクはご自由にどうぞ。
    その際に連絡の必要はありません。
  • 古典作品の解説や和歌の鑑賞文などを目的とした中学生の読者さんもいるようですね。

    このブログの古典文法などは、詳しい文法的説明を求める高校生以上の読者を想定して書いています。一般の中学生には必要のない知識なので、わからなくても気にしないでね。
About This Blog (このブログについて)

んば

Author:んば
Since May 9,2014


くらすらん
暮らす欄くらすらむClass Run

この絵は私のお気に入りで
アンリ・ルソー『眠るジプシーの女』