HOME > 枕草子 > 枕草子(1段) 春はあけぼの 品詞分解と現代語訳

枕草子(1段) 春はあけぼの 品詞分解と現代語訳

Sponsored Links
 今回は、「枕草子 春はあけぼの 1段(冒頭)」の原文・現代語訳(口語訳)・品詞分解(文法的説明)・語句の意味・文法解説・鑑賞・おすすめ書籍などについて紹介します。


「枕草子(まくらのそうし) 春はあけぼの 1段 」(清少納言)

 ※枕草子は伝本・注釈書によって章段の区切り方が違うことを常識として知っておいて下さい。
   1段は問題ありませんが、枕草子は段数ではなく、作品名や冒頭の文章で検索しましょうね。


<原文>

◇全文の「現代仮名遣い・発音・読み方(ひらがな)」は下記の別サイトからどうぞ。
《⇒現代仮名遣いサイトへ行く》

 春はあけぼの。やうやう白くなりゆく山ぎは少しあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。

 夏は夜(よる)。月のころはさらなり、闇(やみ)もなほ、蛍(ほたる)の多く飛びちがひたる。また、ただ一つ二つなど、ほのかにうち光りて行く(ゆく)もをかし。雨など降るもをかし。

 秋は夕暮れ(ゆふぐれ)。夕日のさして山の端(やまのは)いと近うなりたるに、烏(からす)の寝どころへ行くとて、三つ四つ、二つ三つなど、飛び急ぐさへあはれなり。まいて雁(かり)などのつらねたるが、いと小さく見ゆるは、いとをかし。日入りはてて、風の音(おと)、虫の音(ね)など、はたいふべきにあらず。

 冬はつとめて。雪の降りたるはいふべきにもあらず。霜(しも)のいと白きも、またさらでもいと寒きに、火など急ぎおこして、炭もてわたるも、いとつきづきし。昼になりて、ぬるくゆるびもていけば、火桶(ひをけ)の火も白き灰がちになりてわろし。


<現代語訳>

 春は明け方(が趣がある)。しだいに白んで行く山の稜線に近い空が少し赤みを帯びて、紫がかった雲が細くたなびいているの(が趣がある)。

 夏は夜(が趣がある)。月の出ているころはいうまでもないが、(月が出ない)闇の夜であっても、蛍がたくさん飛び交っているの(は趣がある)。また、ほんの一匹二匹など(の蛍)が、かすかに光って飛んでいくのも趣がある。(そんな夏の夜は、いつもだったら嫌だと思う)雨などが降るのも趣がある。

 秋は夕暮れ(が趣がある)。夕日がさして、山の端にたいそう近くなっている時に、烏がねぐらへ帰ろうとして、三羽四羽、二羽三羽など飛び急ぐのまでも、しみじみとした趣がある。まして、雁などで列をなしているのが、たいそう小さく見えるのはとても趣がある。日がすっかり沈んで、風の音や虫の音など(が聞こえるの)は、これもまたいうまでもな(く趣が深)い。

 冬は早朝(が趣がある)。雪が降り積もっている朝はいうまでもない。霜が(降りて)たいそう白い朝も、また、そうでなくても、とても寒い朝に、火などを急いでおこして、炭を持って(各部屋に)配ってまわるのも、たいそう(冬の朝に)似つかわしい(光景だ)。昼になって、寒気がだんだんゆるんでいくと、火桶の火も白い灰が目立つようになって、よくない。
Sponsored Links
<作者>

清少納言(「現」せいしょうなごん・「歴」せいせうなごん)
966年頃~1020年代頃。平安時代中期の歌人・随筆文学作者。枕草子は随筆文学の傑作。父は清原元輔、曾祖父は清原深養父。清少納言は女房名で姓の「清」と家格を表す「少納言」に由来するといわれる。橘則光と結婚し則長を生むが離婚。993年頃から一条天皇の中宮定子に仕えた。和漢の才能に優れ、約10歳年下の定子に愛されたが、定子の父である関白藤原道隆の死とともに権力は道長に移り、定子は24歳の若さで悲運の死を遂げる。定子の死後は宮仕えを辞し、藤原棟世と再婚したというが、晩年は不遇であったともいわれている。


<品詞分解(文法的説明=文法解釈)>

◇主要な品詞を色別表示にした見やすい品詞分解を別サイトに作成しました。
《⇒品詞色別表示の品詞分解サイトへ行く》

 ※活用の基本形を、ひらがなで示した。動詞は、品詞名を省略した。

 春はあけぼの。やうやう白くなりゆく山ぎは少しあかりて、
 春【名詞】 は【係助詞】 あけぼの【名詞】。 やうやう【副詞】 白く【形容詞・ク活用「しろし」の連用形】 なりゆく【カ行四段活用「なりゆく」の連体形】 山ぎは【名詞】 少し【副詞】 あかり【ラ行四段活用「あかる」の連用形】 て【接続助詞】、

紫だちたる雲の細くたなびきたる。
紫だち【タ行四段活用「むらさきだつ」の連用形】 たる【完了の助動詞「たり」の連体形】 雲【名詞】 の【格助詞】 細く【形容詞・ク活用「ほそし」の連用形】 たなびき【カ行四段活用「たなびく」の連用形】 たる【存続の助動詞「たり」の連体形】。

 夏は夜。月のころはさらなり、闇もなほ、蛍の多く飛びちがひたる。
 夏【名詞】 は【係助詞】 夜【名詞】。 月【名詞】 の【格助詞】 ころ【名詞】 は【係助詞】 さらなり【形容動詞・ナリ活用「さらなり」の連用形】、 闇【名詞】 も【係助詞】 なほ【副詞】、 蛍【名詞】 の【格助詞】 多く【形容詞・ク活用「おほし」の連用形】 飛びちがひ【ハ行四段活用「とびちがふ」の連用形】 たる【存続の助動詞「たり」の連体形】。
※「さらなり」を終止形とする説もあるが、ここは「中止法(連用形)」とした。

また、ただ一つ二つなど、ほのかにうち光りて行くもをかし。雨など降るもをかし。
また【接続詞】、 ただ【副詞】 一つ【名詞】 二つ【名詞】 など【副助詞】、 ほのかに【形容動詞・ナリ活用「ほのかなり」の連用形】 うち光り【ラ行四段活用「うちひかる」の連用形】 て【接続助詞】 行く【カ行四段活用「ゆく」の連体形】 も【係助詞】 をかし【形容詞・シク活用「をかし」の終止形】。 雨【名詞】 など【副助詞】 降る【ラ行四段活用「ふる」の連体形】 も【係助詞】 をかし【形容詞・シク活用「をかし」の終止形】。

Sponsored Links


 秋は夕暮れ。夕日のさして山の端いと近うなりたるに、
 秋【名詞】 は【係助詞】 夕暮れ【名詞】。 夕日【名詞】 の【格助詞】 さし【サ行四段活用「さす」の連用形】 て【接続助詞】 山の端【名詞】 いと【副詞】 近う【形容詞・ク活用「ちかし」の連用形:「近く」のウ音便】 なり【ラ行四段活用「なる」の連用形】 たる【存続の助動詞「たり」の連体形】 に【格助詞】、 

烏の寝どころへ行くとて、三つ四つ、二つ三つなど、飛び急ぐさへあはれなり。
烏【名詞】 の【格助詞】 寝どころ【名詞】 へ【格助詞】 行く【カ行四段活用「ゆく」の連体形】 と【格助詞】 て【接続助詞】、 三つ【名詞】 四つ【名詞】、 二つ【名詞】 三つ【名詞】 など【副助詞】、 飛び急ぐ【ガ行四段活用「とびいそぐ」の連体形】 さへ【副助詞】 あはれなり【形容動詞・ナリ活用「あはれなり」の終止形】。
※とて【格助詞】とする立場もある。
※「行く」を、終止形とする説もある。

まいて雁などのつらねたるが、いと小さく見ゆるは、いとをかし。
まいて【副詞:「まして」のイ音便】 雁【名詞】 など【副助詞】 の【格助詞】 つらね【ナ行下二段活用「つらぬ」の連用形】 たる【存続の助動詞「たり」の連体形】 が【格助詞】、 いと【副詞】 小さく【形容詞・ク活用「ちひさし」の連用形】 見ゆる【ヤ行下二段活用「みゆ」の連体形】 は【係助詞】、 いと【副詞】 をかし【形容詞・シク活用「をかし」の終止形】。

日入りはてて、風の音、虫の音など、はたいふべきにあらず。
日【名詞】 入りはて【タ行下二段活用「いりはつ」の連用形】 て【接続助詞】、 風【名詞】 の【格助詞】 音【名詞】、 虫【名詞】 の【格助詞】 音【名詞】 など【副助詞】、 はた【副詞】 いふ【ハ行四段活用「いふ」の終止形】 べき【当然の助動詞「べし」の連体形】 に【断定の助動詞「なり」の連用形】 あら【ラ行変格活用「あり」の未然形】 ず【打消の助動詞「ず」の終止形】。

 冬はつとめて。雪の降りたるはいふべきにもあらず。
 冬【名詞】 は【係助詞】 つとめて【名詞】。 雪【名詞】 の【格助詞】 降り【ラ行四段活用「ふる」の連用形】 たる【存続の助動詞「たり」の連体形】 は【係助詞】 いふ【ハ行四段活用「いふ」の終止形】 べき【当然の助動詞「べし」の連体形】 に【断定の助動詞「なり」の連用形】 も【係助詞】 あら【ラ行変格活用「あり」の未然形】 ず【打消の助動詞「ず」の終止形】。 

霜のいと白きも、またさらでもいと寒きに、
霜【名詞】 の【格助詞】 いと【副詞】 白き【形容詞・ク活用「しろし」の連体形】 も【係助詞】、 また【接続詞】 さら【ラ行変格活用「さり」の未然形】 で【接続助詞】 も【係助詞】 いと【副詞】 寒き【形容詞・ク活用「さむし」の連体形】 に【格助詞】、 

火など急ぎおこして、炭もてわたるも、いとつきづきし。
火【名詞】 など【副助詞】 急ぎ【ガ行四段活用「いそぐ」の連用形】 おこし【サ行四段活用「おこす」の連用形】 て【接続助詞】、 炭【名詞】 も【タ行四段活用「もつ」の連用形:「もち」の促音便無表記】 て【接続助詞】 わたる【ラ行四段活用「わたる」の連体形】 も【係助詞】、 いと【副詞】 つきづきし【形容詞・シク活用「つきづきし」の終止形】。
※急ぎおこし【サ行四段活用「いそぎおこす」の連用形】複合動詞とする場合もある。

昼になりて、ぬるくゆるびもていけば、火桶の火も白き灰がちになりてわろし。
昼【名詞】 に【格助詞】 なり【ラ行四段活用「なる」の連用形】 て【接続助詞】、 ぬるく【形容詞・ク活用「ぬるし」の連用形】 ゆるびもていけ【カ行四段活用「ゆるびもていく」の已然形】 ば【接続助詞】、 火桶【名詞】 の【格助詞】 火【名詞】 も【係助詞】、 白き【形容詞・ク活用「しろし」の連体形】 灰がちに【形容動詞・ナリ活用「はひがちなり」の連用形】 なり【ラ行四段活用「なる」の連用形】 て【接続助詞】 わろし【形容詞・ク活用「わろし」の終止形】。
※ゆるび【バ行四段活用「ゆるぶ」の連用形】+もていけ【カ行四段活用「もていく」の已然形】とする場合もある。

Sponsored Links


<古典文法の基礎知識>

「古文」を苦手科目から得意科目にする古典文法の基礎知識です。

◆「現代仮名遣い」のルールについては、「現代仮名遣い・発音(読み方)の基礎知識」の記事をどうぞ。

◆「用言の活用と見分け」については、「用言(動詞・形容詞・形容動詞)の活用と見分け方」の記事をどうぞ。

◆「助動詞・助詞の意味」や「係り結び」・「準体法」などについては、「古典文法の必須知識」 の記事をどうぞ。

◆「助動詞の活用と接続」については、「助動詞の活用と接続の覚え方」の記事をどうぞ。

◆「音便」や「敬語(敬意の方向など)」については、 「音便・敬語の基礎知識」の記事をどうぞ。


<語句・文法解説>

■準体法や「たり」などの主な助動詞の意味、接続助詞「ば」などについては、上にリンクを付けてある「古典文法の必須知識」を読んでね。

あけぼの :夜がほんのり明けてくる頃。

◆春はあけぼの。 :余情感を表す「体言止め」。
あとに、「をかし」や「いとをかし」を補って解釈するのが一般的で、夏以下も同じ。

やうやう :次第に。 

山ぎは(山際) :山に接する空の部分。 ⇔ 山の端(やまのは)。
※この山は、平安京の東に南北に連なる山々である如意岳から稲荷山までの東山のこと。

「紫だち」の「だち」 :接尾語 ~のようになる。~がかる。

たなびく :雲や霞などが横に長く引く。

◆「雲の細くたなびきたる。」
「雲の」の「の」が主格の格助詞なので、主格の格助詞「が」「の」が用いられて文が終始する場合は、それに呼応して述語は連体形「(たなびき)たる。」となり余情・詠嘆を表す。「連体形止め」の一形態。
「たる」が準体法なので、あとに「様子」や体言の代用をする準体格の格助詞「の」などを補って訳出する。
また、さらに、「をかし」や「いとをかし」を補って解釈するのが一般的。
あとの「蛍の多く飛びちがひたる。」も同じ。

◆さらなり :いうもでもない。 「言ふもさらなり」を略した表現。
※「さらなり」のあとが読点「、」なので、中止法(連用形)としたが、あとを句点「。」とする本もあるので、その場合は終止形と判断したい。(※ただし、読点の場合でも挿入句なので終止形で下に続くとする説もある。)
「中止法」=連用形で文を一旦中止して、さらにあとに続けて行く用法で、あとの文には対等の関係で続くことが多い。

なほ :それでもやはり。

◆無理に訳出しなくてもよい主な接頭語 :「うち」、「たち」、「かき」、「さし」
「うち光り」の「うち」 :接頭語:①語調を整える語②ほんの少し

山の端(やまのは) :空に接する山の部分。 ⇔ 山際(やまぎは)。

いと :たいそう。非常に。
             
近う :「近く」のウ音便。

◆「烏の寝どころへ行くとて」の「の」 :主格の格助詞 ~が。
主格の格助詞「の」に呼応して述語「行く」は連体形となる。
(※ただし、「行く」を終止形とする解説書も多い。)

さへ :~までも。

まいて :「まして」のイ音便。

◇「雁と烏 どちらが素晴らしいのか」というカワイイ検索ワードがあったので・・・、中学生かなぁ。
「烏の~さへ~。まいて雁などの~」と書いてあるので・・・、素晴らしいのは雁ですよぉ。
秋の夕暮れは、あの嫌なカラスまでも趣がある。まして古くから歌などにも詠まれる素晴らしい雁など・・・って感じ。

◆同格の格助詞
「雁などのつらねたるが」の「の」 :同格の格助詞 ~で。
※「雁などのつらねたる(雁)が」(雁などで列をなしているのが)
「たる」のあとは「雁が」と訳すとクドイので、体言の代用をする準体格の格助詞「の」で代用。
◇ただし、もし試験に出たら、『私は同格の格助詞「の」を知ってますよぉ~』ってアピールするために、「雁など列をなしているが」ってクドク訳してね。

はた :これもまた。

つとめて :早朝。人が動き出す時分。

「雪の降りたる」の「たる」 :準体法なので、この場合は「朝」などを補って訳出する。
このあとの、「白き(朝)」や「寒き(朝)」も同じ。

さらでも :そうでなくても。 =(雪や霜が降っていなくても)。
※「さ(副詞)+あら(ラ変)+で(接続助詞)+も(係助詞)」の約まった形。

「炭もて」の「もて」 :「もちて」→「もって」→「もて」と促音便「っ」が無表記化したもの。

つきづきし :似つかわしい。

「ゆるびもていけ」 :「緩ぶ(ゆるぶ)=緩ふ」(バ・四)+「もて行く」(カ・四)の複合動詞。
※「もて行く」 :次第に~していく。 「もて」=接頭語。次第に~(する)。だんだん~(なる)。

火桶 :丸火鉢。

「灰がちに」の「がちに」 :名詞や動詞の連用形に付いて、形容動詞化する接尾語「がちなり」。
そうなりやすい。~が目立つようになる。

わろし :(相対的に他と比べて・以前と比べて)よくない。
ここでは、以下の①のほかに②のニュアンスも含む。
①灰が目立つようになって見た目の風情がなくなって《よくない》
②寒さが緩んで人の緊張感がなくなって《よくない》


<文法特記>

◇「をかし」と「あはれなり」のニュアンスの違い

ともに「趣深い」と訳すことが出来るが、
「をかし」=知的で上品な感覚で、滑稽の要素もある。
「あはれなり」=「あはれ」が「ああ、はれ」に由来するので、感動を表す感覚で、悲しい時にも用いる。

をかし :おもしろい。趣がある。風情がある。魅力的だ。
あはれなり :しみじみと感動する。しみじみと趣深い。


◇古文を解釈するときには、中止法(連用形)、準体法・連体形止め(連体形)、格助詞「の(が)」の用法に注意すること。


<枕草子の文学ジャンル・内容分類>

「枕草子」(平安時代中期)の文学ジャンル=「随筆」(日本最古の随筆)。
「方丈記」(鎌倉時代初期)、「徒然草」(鎌倉時代末期)とともに日本三大随筆のひとつ。
「をかし」の文学(枕草子) ⇔ 「あはれ」の文学(源氏物語)

枕草子の内容は、大きく分類すると3つの章段から構成されている。

「類聚的章段」 :類聚(るいじゅ・るいじゅう)=同じ種類の事柄を集めること。
「随想的章段」 :四季折々の自然や人事などを観察。
「日記的章段」 :中宮定子周辺の宮廷生活の様子を回想。「回想的章段」ともいう。

「類聚的章段」(=ものづくし) :「うつくしきもの」(もの型)、「木の花は」(は型)など。

「随想的章段」 :「春はあけぼの」、「九月ばかり」など。
※「春はあけぼの」は、趣のあるものを集めた類聚的章段とも言える。

「日記的章段」 :「中納言参りたまひて」、「雪のいと高う降りたるを」など。


<鑑賞・私の一言>

四季折々の風物を、独自の視点から、体言止めや連体形止めを用いた簡潔な文体で表現している所が評価されているのでしょうね。

たまに、この章段の覚え方を検索している人たちがいるようなので・・・。
語学のまとまった例文や古典文法の活用などを覚える時と同じで、50回音読する根気があれば自然に覚えられます。
頭の不器用な人は・・・80回ね(笑)

日本人の教養として、この「春はあけぼの」や徒然草、方丈記、平家物語、奥の細道、土佐日記、源氏物語などの冒頭文は覚えておきましょうね。
大人になっても、これらをサラッと言えるのは、ちょっとカッチョイイものです。

予想テスト問題は、気分が乗ったらいずれ追記します。


<このブログに収録済みの品詞分解作品>

 品詞分解:ブログ収録作品一覧


<古文の学習書と古語辞典>

 古文を学ぶための学習書や古語辞典については、おすすめ書籍を紹介した下の各記事を見てね。
 《⇒古文学習書の記事へ》 

 《⇒品詞分解付き対訳書の記事へ》 

 《⇒古語辞典の記事へ》
Sponsored Links
◇関連記事 (前後の7記事を表示)
 その他の記事は、右サイドメニューの「カテゴリ」(和歌などは索引)からどうぞ。
 

Comment (コメント)

 (任意) 未入力時 = よみ人しらず
 (任意) 入力時もコメント欄には非表示
 (必須) 管理人承認後に表示
Private

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

↑の方へ

こんばんは。

お役に立てて幸いです!

またお越しください^_^
Categories (カテゴリ)
Search This Blog (ブログ内検索)
Featured Posts (特集・古典の基礎知識)
◆ 古典を得意科目にする記事
My Recommended Books (おすすめ書籍)
◆ 辞書と学習書の記事
Popular Posts (人気記事)
All Posts (すべての記事)
This and That (あれこれ)
  • ブログ記事に誤字や記述間違い等がある場合は、コメント欄から教えてください。
  • このブログのリンクはご自由にどうぞ。
    その際に連絡の必要はありません。
  • 古典作品の解説や和歌の鑑賞文などを目的とした中学生の読者さんもいるようですね。

    このブログの古典文法などは、詳しい文法的説明を求める高校生以上の読者を想定して書いています。一般の中学生には必要のない知識なので、わからなくても気にしないでね。
About This Blog (このブログについて)

んば

Author:んば
Since May 9,2014


くらすらん
暮らす欄くらすらむClass Run

この絵は私のお気に入りで
アンリ・ルソー『眠るジプシーの女』