HOME > 徒然草 > 徒然草(89段) 奥山に猫またといふものありて 品詞分解と訳

徒然草(89段) 奥山に猫またといふものありて 品詞分解と訳

Sponsored Links
 今回は、「徒然草 第89段 奥山に猫またといふものありて」の原文・現代語訳(口語訳)・品詞分解(文法的説明)・語句の意味・文法解説・係り結び・鑑賞・おすすめ書籍などについて紹介します。


「徒然草(つれづれぐさ) 第89段 奥山に猫またといふものありて」(兼好法師・吉田兼好・卜部兼好)


<原文>

◇全文の「現代仮名遣い・発音・読み方(ひらがな)」は下記の別サイトからどうぞ。
《⇒現代仮名遣いサイトへ行く》

 「奥山に、猫またといふものありて、人を食らふなる」と人の言ひけるに、「山ならねども、これらにも、猫の経上がり(へあがり)て、猫またになりて、人とることはあなるものを」と言ふ者ありけるを、何阿弥陀仏(なにあみだぶつ)とかや、連歌し(れんがし)ける法師(ほふし)の、行願寺(ぎやうぐわんじ)の辺(ほとり)にありけるが聞きて、ひとり歩か(ありか)ん身は心すべきことにこそと思ひけるころしも、ある所にて夜(よ)更くる(ふくる)まで連歌して、ただひとり帰り(かへり)けるに、小川(こがは)の端(はた)にて、音に聞きし猫また、あやまたず足もとへふと寄り来て、やがてかきつくままに、頸(くび)のほどを食はんとす。

 肝心(きもこころ)も失せ(うせ)て、防か(ふせか)んとするに力もなく、足も立たず、小川へ転び入りて、「助けよや、猫また、よやよや」と叫べば、家々より、松どもともして走り寄りて見れば、このわたりに見知れる僧なり。「こはいかに」とて、川の中より抱き(いだき)起したれば、連歌の賭物(かけもの)取りて、扇(あふぎ)、小箱など懐(ふところ)に持ちたりけるも、水に入りぬ。希有(けう)にして助かりたるさまにて、這ふ這ふ(はふはふ)家(いへ)に入り(いり)にけり。

 飼ひける犬の、暗けれど主(ぬし)を知りて、飛びつきたりけるとぞ。


<現代語訳>

 「山の奥に、猫またというものがいて、人を食うそうだ」とある人が言ったところ、「山ではなくても、このあたりにも、猫が年をとって変化して、猫またという化け物になって、人を取って食うことがあるそうだよ」と言う人がいたのを、何阿弥陀仏とかいう、連歌をやっていた僧で、行願寺のあたりに住んでいた者が聞いて、一人で出歩くような身としては注意しなければならないことであると思っていたちょうどその頃に、ある所で夜が更けるまで連歌をして、たった一人で帰ってきたところ、小川のほとりで、噂に聞いていた猫またが、ねらいどおりに(まっすぐ)僧の足元へさっと寄って来て、いきなり飛びつくと同時に、僧の首のあたりを食おうとする。

 僧は正気も失って、猫またを防ごうとする力も入らず、足も立たなくて、小川に転がり込んで、「助けてくれ、猫まただ、おおい、おおい 」と叫ぶので、近くの家々から、人々がたいまつに火をつけて走り寄って見ると、このあたりで見知っている僧であった。「これは一体どうしたのだ 」と言って、人々が川の中から僧を抱き起こしたところ、連歌の会の賞品として手に入れた、扇、小箱など着物の懐に入れて持っていた物も、 水につかってしまった。 僧は奇跡的にも助かったという様子で、這うようにして家に入ってしまった。

 実は、この僧が飼っていた犬が、暗かったけれども飼い主だとわかって、飛びついたのだということである。


<徒然草(つれづれぐさ)>

作者=兼好法師(けんこうほうし)・兼好(けんこう)は法号、俗名=卜部兼好(うらべかねよし)、通称=吉田兼好(よしだけんこう)・生家が京都吉田神社の神官であることに由来。

文学ジャンル=随筆。

成立=鎌倉時代末期。

「枕草子」(平安時代中期)、「方丈記」(鎌倉時代初期)とともに日本三大随筆のひとつ。

隠者文学(いんじゃぶんがく)=俗世間を離れ、仏道修行や悠々自適の生活を送る者による文学作品の総称。代表的な作者は兼好法師・鴨長明・西行など。
Sponsored Links
<品詞分解(文法的説明=文法解釈)>

◇主要な品詞を色別表示にした見やすい品詞分解を別サイトに作成しました。
《⇒品詞色別表示の品詞分解サイトへ行く》

 ※活用の基本形を、ひらがなで示した。動詞は、品詞名を省略した。
 
 「奥山に、猫またといふものありて、人を食らふなる」と人の言ひけるに、
 「奥山【名詞】 に【格助詞】、 猫また【名詞】 と【格助詞】 いふ【ハ行四段活用「いふ」の連体形】 もの【名詞】 あり【ラ行変格活用「あり」の連用形】 て【接続助詞】、 人【名詞】 を【格助詞】 食らふ【ハ行四段活用「くらふ」の終止形】 なる【伝聞の助動詞「なり」の連体形】」  と【格助詞】 人【名詞】 の【格助詞】 言ひ【ハ行四段活用「いふ」の連用形】 ける【過去の助動詞「けり」の連体形】 に【接続助詞】、

「山ならねども、これらにも、猫の経上がりて、
「山【名詞】 なら【断定の助動詞「なり」の未然形】 ね【打消の助動詞「ず」の已然形】 ども【接続助詞】、 これら【代名詞】 に【格助詞】 も【係助詞】、 猫【名詞】 の【格助詞】 経上がり【ラ行四段活用「へあがる」の連用形】 て【接続助詞】、

猫またになりて、人とることはあなるものを」
猫また【名詞】 に【格助詞】 なり【ラ行四段活用「なる」の連用形】 て【接続助詞】、 人【名詞】 とる【ラ行四段活用「とる」の連体形】 こと【名詞】 は【係助詞】 あ【ラ行変格活用「あり」の連体形:「ある」の撥音便無表記】 なる【伝聞の助動詞「なり」の連体形】 ものを【終助詞】」
※ものを【逆接の接続助詞】とする説もある。

と言ふ者ありけるを、何阿弥陀仏とかや、連歌しける法師の、
と【格助詞】 言ふ【ハ行四段活用「いふ」の連体形】 者【名詞】 あり【ラ行変格活用「あり」の連用形】 ける【過去の助動詞「けり」の連体形】 を【格助詞】、 何阿弥陀仏【名詞】 と【格助詞】 か【係助詞】 や【間投助詞】、 連歌し【サ行変格活用「れんがす」の連用形】 ける【過去の助動詞「けり」の連体形】 法師【名詞】 の【格助詞】、 
※連歌【名詞】+し【サ行変格活用「す」の連用形】とする場合もある。以下も同じ。
※か【係助詞】+や【係助詞】とする場合もある。

行願寺の辺にありけるが聞きて、
行願寺【名詞】 の【格助詞】 辺【名詞】 に【格助詞】 あり【ラ行変格活用「あり」の連用形】 ける【過去の助動詞「けり」の連体形】 が【格助詞】 聞き【カ行四段活用「きく」の連用形】 て【接続助詞】、

ひとり歩かん身は心すべきことにこそと思ひけるころしも、
ひとり【名詞】 歩か【カ行四段活用「ありく」の未然形】 ん【婉曲の助動詞「む」の連体形】 身【名詞】 は【係助詞】 心す【サ行変格活用「こころす」の終止形】 べき【当然の助動詞「べし」の連体形】 こと【名詞】 に【断定の助動詞「なり」の連用形】 こそ【係助詞】 と【格助詞】 思ひ【ハ行四段活用「おもふ」の連用形】 ける【過去の助動詞「けり」の連体形】 ころ【名詞】 しも【副助詞】、

ある所にて夜更くるまで連歌して、ただひとり帰りけるに、
ある【連体詞】 所【名詞】 にて【格助詞】 夜【名詞】 更くる【カ行下二段活用「ふく」の連体形】 まで【副助詞】 連歌し【サ行変格活用「れんがす」の連用形】 て【接続助詞】、 ただ【副詞】 ひとり【名詞】 帰り【ラ行四段活用「かへる」の連用形】 ける【過去の助動詞「けり」の連体形】 に【接続助詞】、
※に【格助詞】「(帰って来た)時に、」とする場合もある。

小川の端にて、音に聞きし猫また、あやまたず足もとへふと寄り来て、
小川【名詞】 の【格助詞】 端【名詞】 にて【格助詞】、 音【名詞】 に【格助詞】 聞き【カ行四段活用「きく」の連用形】 し【過去の助動詞「き」の連体形】 猫また【名詞】、 あやまた【タ行四段活用「あやまつ」の未然形】 ず【打消の助動詞「ず」の連用形】 足もと【名詞】 へ【格助詞】 ふと【副詞】 寄り来【カ行変格活用「よりく」の連用形】 て【接続助詞】、

やがてかきつくままに、頸のほどを食はんとす。
やがて【副詞】 かきつく【カ行四段活用「かきつく」の連体形】 まま【名詞】 に【格助詞】、 頸【名詞】 の【格助詞】 ほど【名詞】 を【格助詞】 食は【ハ行四段活用「くふ」の未然形】 ん【意志の助動詞「む」の終止形】 と【格助詞】 す【サ行変格活用「す」の終止形】。

Sponsored Links


 肝心も失せて、防かんとするに力もなく、足も立たず、小川へ転び入りて、
 肝心【名詞】 も【係助詞】 失せ【サ行下二段活用「うす」の連用形】 て【接続助詞】、 防か【カ行四段活用「ふせく」の未然形】 ん【意志の助動詞「む」の終止形】 と【格助詞】 する【サ行変格活用「す」の連体形】 に【接続助詞】 力【名詞】 も【係助詞】 なく【形容詞・ク活用「なし」の連用形】、 足【名詞】 も【係助詞】 立た【タ行四段活用「たつ」の未然形】 ず【打消の助動詞「ず」の連用形】、 小川【名詞】 へ【格助詞】 転び入り【ラ行四段活用「ころびいる」の連用形】 て【接続助詞】、
※「防か」を濁音の「防が」【ガ行四段活用「ふせぐ」の未然形】とする説もある。

「助けよや、猫また、よやよや」と叫べば、家々より、松どもともして走り寄りて見れば、
「助けよ【カ行下二段活用「たすく」の命令形】 や【間投助詞】、 猫また【名詞】、 よや【感動詞】 よや【感動詞】」  と【格助詞】 叫べ【バ行四段活用「さけぶ」の已然形】 ば【接続助詞】、 家々【名詞】 より【格助詞】、 松ども【名詞】 ともし【サ行四段活用「ともす」の連用形】 て【接続助詞】 走り寄り【ラ行四段活用「はしりよる」の連用形】 て【接続助詞】 見れ【マ行上一段活用「みる」の已然形】 ば【接続助詞】、

このわたりに見知れる僧なり。「こはいかに」とて、川の中より抱き起したれば、
こ【代名詞】 の【格助詞】 わたり【名詞】 に【格助詞】 見知れ【ラ行四段活用「みしる」の已然形】 る【存続の助動詞「り」の連体形】 僧【名詞】 なり【断定の助動詞「なり」の終止形】。  「こ【代名詞】 は【係助詞】 いかに【副詞】」 と【格助詞】 て【接続助詞】、 川【名詞】 の【格助詞】 中【名詞】 より【格助詞】 抱き起し【サ行四段活用「いだきおこす」の連用形】 たれ【完了の助動詞「たり」の已然形】 ば【接続助詞】、
※とて【格助詞】とする立場もある。

連歌の賭物取りて、扇、小箱など懐に持ちたりけるも、水に入りぬ。
連歌【名詞】 の【格助詞】 賭物【名詞】 取り【ラ行四段活用「とる」の連用形】 て【接続助詞】、 扇【名詞】、 小箱【名詞】 など【副助詞】 懐【名詞】 に【格助詞】 持ち【タ行四段活用「もつ」の連用形】 たり【存続の助動詞「たり」の連用形】 ける【過去の助動詞「けり」の連体形】 も【係助詞】、 水【名詞】 に【格助詞】 入り【ラ行四段活用「いる」の連用形】 ぬ【完了の助動詞「ぬ」の終止形】。

希有にして助かりたるさまにて、這ふ這ふ家に入りにけり。
希有に【形容動詞・ナリ活用「けうなり」の連用形】 して【接続助詞】 助かり【ラ行四段活用「たすかる」の連用形】 たる【完了の助動詞「たり」の連体形】 さま【名詞】 にて【格助詞】、 這ふ這ふ【副詞】 家【名詞】 に【格助詞】 入り【ラ行四段活用「いる」の連用形】 に【完了の助動詞「ぬ」の連用形】 けり【過去の助動詞「けり」の終止形】。

 飼ひける犬の、暗けれど主を知りて、飛びつきたりけるとぞ。
 飼ひ【ハ行四段活用「かふ」の連用形】 ける【過去の助動詞「けり」の連体形】 犬【名詞】 の【格助詞】、 暗けれ【形容詞・ク活用「くらし」の已然形】 ど【接続助詞】、 主【名詞】 を【格助詞】 知り【ラ行四段活用「しる」の連用形】 て【接続助詞】、 飛びつき【カ行四段活用「とびつく」の連用形】 たり【完了の助動詞「たり」の連用形】 ける【過去の助動詞「けり」の連体形】 と【格助詞】 ぞ【係助詞】。

Sponsored Links


<古典文法の基礎知識>

「古文」を苦手科目から得意科目にする古典文法の基礎知識です。

◆「現代仮名遣い」のルールについては、「現代仮名遣い・発音(読み方)の基礎知識」の記事をどうぞ。

◆「用言の活用と見分け」については、「用言(動詞・形容詞・形容動詞)の活用と見分け方」の記事をどうぞ。

◆「助動詞・助詞の意味」や「係り結び」・「準体法」などについては、「古典文法の必須知識」 の記事をどうぞ。

◆「助動詞の活用と接続」については、「助動詞の活用と接続の覚え方」の記事をどうぞ。

◆「音便」や「敬語(敬意の方向など)」については、 「音便・敬語の基礎知識」の記事をどうぞ。


<語句・文法解説>

■準体法、「む」・「り」・「たり」などの主な助動詞の意味、接続助詞「ば」などについては、上にリンクを付けてある「古典文法の必須知識」を読んでね。

「人を食らふなる。」 :余情・詠嘆を表す連体形止め。

「人の言ひけるに」の「の」 :主格の格助詞(~が。)
最後の文、「飼ひける犬の、」の「の」も同じ。

経上がる(へあがる) :年をとって変化する。 「経(ふ)」+「上がる」の複合動詞

あなる :「あるなる」→「あんなる」→「あなる」と変化した撥音便「ん」の無表記。 
※読む時は「アンナル」と撥音便の「ン」を加えて読むのがルール。
間違っても「アナル」と読まないようにね(笑)

ものを :詠嘆の終助詞 ~だなあ。~のになあ。

「と言ふ者ありけるを」の「ける」 :準体法なので、この場合は体言の代用をする準体格の格助詞「の」などを補って「いたを」と訳出する。

何阿弥陀仏 :中世に阿弥陀仏の上に一字を置いて名をつけることが流行した。
観阿弥や世阿弥はその省略形。「何某(なにがし)の阿弥陀仏」、「何とか阿弥陀仏」の意味。

とかや :連語:と(格助詞)+か(係助詞)+や(間投助詞) ~とかいう。
※係助詞「か」を係りとし、結びの省略とする説もある。
その場合「言へる・言ひける」などが省略されているとする。
「言へ」(四段「言ふ」の已然形)+「る」(完了の助動詞「り」の連体形)
「言ひ」(四段「言ふ」の連用形)+「ける」(過去の助動詞「けり」の連体形)

連歌し :名詞「連歌」+サ変「す」の複合動詞
あとで出てくる、「寄り来」は、四段「寄る」+カ変「来」の複合動詞
※カ変「来」・サ変「す」は造語力が強いので複合動詞が多い。

◆「連歌しける法師、行願寺の辺にありけるが」で、「法師の」の「の」 :同格の格助詞 ~で。
「連歌しける法師の、行願寺の辺にありける(法師)が」(連歌をやっていた僧で、行願寺のあたりに住んでいた僧が)
「連歌しける」=「行願寺の辺にありける」→同じ法師のことを表している。
「ありける」のあとは「僧が」と訳してクドイ場合は、「者」や体言の代用をする準体格の格助詞「の」で代用。
◇ただし、試験のときは、「連歌をやっていた僧、行願寺のあたりに住んでいたが」とクドク訳して、私は同格の格助詞を知ってますよぉってアピールしてね。

「歩かん身」の「ん」 :婉曲の助動詞 ~ような。
※推量の助動詞「む」の意味については、

「心すべきことにこそ」の「こそ」 :結びの省略 「あれ」が省略されている。

しも :強意の副助詞 ちょうど。 (強意の副助詞「し」+係助詞「も」が1語になったもの。) 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆解釈特記 :「あやまたず」

「あやまたず」 :①約束や予想にたがわず。②ねらいたがわず。

※二通りの解釈説があり、このブログでは一般的な②の解釈を採用。
①猫またが、「(僧の)予想どおりに」足元へさっと寄って来て、
②猫またが、「ねらいどおりに(まっすぐに)」足元へさっと寄って来て、
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆「あやまたず 連用形 なぜ」という検索ワードがあったので・・・
「あやまた・ず(連用形)」のあとが「足もと(名詞)」なのに、という疑問だと思うのですが・・・
「あやまたず」は、「足もとに」に係っているのではなく、「寄り来て」に係っているからです。

やがて :すぐに。いきなり。

「かきつくままに」の「ままに」 :~と同時に。~やいなや。

かきつく :しがみつく。

肝心 :正気。

「力もなく、足も立たず、」 :連用形中止法。「転び入りて」に係る。
※「連用形中止法」=連用形で文を一旦中止して、さらにあとに続けて行く用法。

よや :おおい。

「松ども」の「ども」 :同じようなものが複数あることを表わす接尾語。
ちなみに、「松」は松明(たいまつ)の略。「松ども」は、人々が手に手に松明を持っているイメージ。

◆「見知れる僧なり 已然 命令」という検索ワードがあったので・・・
 完了(存続)の助動詞「り」は、「さみしい(サ未四已)り」ですから、一般的には四段動詞の已然形・サ変の未然形に接続するとされていますが、四段動詞に対しては、「已然形接続説」と「命令形接続説」があります。
 ちなみに、上代(奈良時代以前)のサ変命令形には「せよ」だけではなく「せ」もあったとされていることから、サ変に対しても未然形接続説と命令形接続説があります。
 古典文法や古文解釈には意見が分かれるものもあるということです。
 なお、このブログの文法解釈は、一般的な「サ未四已」を採用しています。

「こはいかに」 :これは一体どうしたのだ
※後に「しつる」or「せし」などが省略されている。
「し」(サ変「す」連用形)+「つる」(完了助動詞「つ」の連体形)
「せ」(サ変「す」未然形)+「し」(過去助動詞「き」の連体形)」 
助動詞「き」は、カ変・サ変には特殊接続(こし、こしか、きし、きしか、せし、せしか、しき)。
この場合、疑問の副詞(陳述の副詞)「いかに」と呼応して「つる」or「し」のように連体形となる。

賭物 :賞品。

「扇、小箱など懐に持ちたりけるも」の「ける」 :準体法なので、「の」・「もの」などを補って訳出。

這ふ這ふ(はふはふ) :はうようにして。やっとのことで。這う這うの体(ほうほうのてい)で。

「入りにけり」の「にけり(過去)」 :「に」が完了の助動詞である形。他に「にき(過去)」「にたり(存続)」

「飼ひける犬の」の「の」 主格の格助詞(~が。)
主格の格助詞「が」「の」が用いられて文が終始する場合(「~飛びつきたりける」までが引用文)は、それに呼応して述語は連体形「(飛びつきたり)ける」となり余情・詠嘆を表す。「連体形止め」の一形態。

「飛びつきたりけるとぞ」の「ぞ」 :係助詞の「ぞ」のあとは、結びの省略。
※「言ふ・聞く」などが省略されている。


<係り結び>

・心すべきことに「こそ」→結びの省略。「あれ」などが省略されている。

・飛びつきたりけると「ぞ」→結びの省略。「言ふ」・「聞く」などが省略されている。

※と「か」や→結びの省略とする説もある。
その場合「言へる」または「言ひける」などの文節が省略されているとする。

※こは「いかに」→疑問の副詞「いかに」に呼応した結びの省略。「しつる」または「せし」などの文節が省略されている。

◇係り結びが分からない人は上にリンクを付けてある「古典文法の必須知識」を読んでね。


<鑑賞・私の一言>

噂通りに「猫また」に襲われたと思い込んだ連歌坊主、しかし、それは主人の帰りを喜んで飛びついた飼い犬だったという滑稽談ですね。
「幽霊の正体見たり枯れ尾花」ってことですね。

予想テスト問題などは、気分が乗ったら、いずれ追記します。


<このブログに収録済みの品詞分解作品>

 品詞分解:ブログ収録作品一覧


<古文の学習書と古語辞典>

 古文を学ぶための学習書や古語辞典については、おすすめ書籍を紹介した下の各記事を見てね。
 《⇒古文学習書の記事へ》 

 《⇒品詞分解付き対訳書の記事へ》 

 《⇒古語辞典の記事へ》
Sponsored Links
◇関連記事 (前後の7記事を表示)
 その他の記事は、右サイドメニューの「カテゴリ」(和歌などは索引)からどうぞ。
 

Comment (コメント)

 (任意) 未入力時 = よみ人しらず
 (任意) 入力時もコメント欄には非表示
 (必須) 管理人承認後に表示
Private

Categories (カテゴリ)
Search This Blog (ブログ内検索)
Featured Posts (特集・古典の基礎知識)
◆ 古典を得意科目にする記事
My Recommended Books (おすすめ書籍)
◆ 辞書と学習書の記事
Popular Posts (人気記事)
All Posts (すべての記事)
This and That (あれこれ)
  • ブログ記事に誤字や記述間違い等がある場合は、コメント欄から教えてください。
  • このブログのリンクはご自由にどうぞ。
    その際に連絡の必要はありません。
  • 古典作品の解説や和歌の鑑賞文などを目的とした中学生の読者さんもいるようですね。

    このブログの古典文法などは、詳しい文法的説明を求める高校生以上の読者を想定して書いています。一般の中学生には必要のない知識なので、わからなくても気にしないでね。
About This Blog (このブログについて)

んば

Author:んば
Since May 9,2014


くらすらん
暮らす欄くらすらむClass Run

この絵は私のお気に入りで
アンリ・ルソー『眠るジプシーの女』