HOME > 小倉百人一首 > 百人一首(21) 今来むと言ひしばかりに長月の 品詞分解と訳

百人一首(21) 今来むと言ひしばかりに長月の 品詞分解と訳

Sponsored Links
 今回は、「小倉百人一首」収録和歌(歌番号 21番)の現代語訳(口語訳・意味)・品詞分解・語句文法解説・修辞法(表現技法)・作者・出典・英訳・MP3音声・おすすめ書籍などについて紹介します。


小倉百人一首 歌番号(21) 素性法師
 
  
今来むと言ひしばかりに長月の 有明の月を待ち出でつるかな


<平仮名> (歴史的仮名遣い)

いまこむと いひしばかりに ながつきの ありあけのつきを まちいでつるかな


<読み(発音)>

イマコント イイシバカリニ ナガツキノ アリアケノツキヲ マチイデツルカナ


<音声> ※音声はDownloadして自由に使って下さい。

百人一首021.mp3
(クリックすると、ちょっと音痴なカワイイ棒読みちゃんが歌を読んでくれます。)


<現代語訳>

今すぐ行くと、あなたがおっしゃったばかりに、九月の秋の夜長を、有明の月が出る頃まであなたのことを待ちつくしたことです。

(素性法師が女性の立場を想像して詠んだ歌。この歌の解釈をめぐる説については下段を参照のこと。)


<英訳>

Just because she said,
"In a moment I will come,"
I've awaited her
Until the moon of daybreak,
In the long month, has appeared.
  
『University of Virginia Library Japanese Text Initiative, Ogura Hyakunin Isshu 100 Poems by 100 Poets 』 より英訳を引用


<出典>

古今集・巻14・恋歌4・691 「題しらず・素性法師」


<作者>

素性法師(そせいほうし)
859年~923年頃の人。平安前期の歌人。俗名は良岑玄利(よしみねのはるとし)。遍照の子。宇多天皇に用いられ権律師になった。三十六歌仙の一人。
Sponsored Links
<品詞分解・語句文法解説>

今 :副詞 すぐに。

来(こ) :動詞カ行変格活用「来(く)」の未然形

む :意志の助動詞「む」の終止形

と :格助詞

言ひ :動詞ハ行四段活用「言ふ」の連用形

し :過去の助動詞「き」の連体形

ばかり :副助詞

に :格助詞

長月(ながつき) :名詞 陰暦九月 (この歌では長い夜のイメージも併せ持つ)

の :格助詞

有明(ありあけ) :名詞

の :格助詞

月 :名詞

を :格助詞

待ち出で(まちいで) :動詞ダ行下二段活用「待ち出づ(まちいづ)」の連用形

つる :完了の助動詞「つ」の連体形

かな :詠嘆の終助詞

Sponsored Links


<文法特記>

『 有明の月 』⇔「夕月夜(ゆふづくよ)」
陰暦十六日以後に、夜遅く出て、夜明け以後も空に残っている月。


<古典文法の基礎知識>

「古文」を苦手科目から得意科目にする古典文法の基礎知識です。

◇「現代仮名遣い」のルールについては、「現代仮名遣い・発音(読み方)の基礎知識」の記事をどうぞ。

◇「用言の活用と見分け」については、「用言(動詞・形容詞・形容動詞)の活用と見分け方」の記事をどうぞ。

◇「助動詞・助詞の意味」や「係り結び」・「準体法」などについては、「古典文法の必須知識」 の記事をどうぞ。

◇「助動詞の活用と接続」については、「助動詞の活用と接続の覚え方」の記事をどうぞ。

◇「音便」や「敬語(敬意の方向など)」については、 「音便・敬語の基礎知識」の記事をどうぞ。


<和歌の基礎知識>

◎和歌の文法、用語、和歌集、歌風などについては、「和歌の文法・用語の基礎知識」をどうぞ。

◎和歌の修辞法(表現技法)については、「和歌の修辞法(表現技法)の基礎知識」をどうぞ。


<修辞法(表現技法)>

※句切れを含め、修辞は特にありません。

Sponsored Links


<私の一言>

今回は、歌番号17番の関連項目でも紹介した、素性法師の歌です。

この歌は、待っても来ない人と、待ってもいないのに出た月の対比が良いのでしょうね。

ちなみに、この歌の「待つ」の解釈には二説あって、

①宵から暁までとする一夜説。(藤原顕昭・契沖)
②何か月も待ち暮らしているうちに、九月下旬の有明の月の頃になったとする月来説。(藤原定家)

このブログの訳は①を採用しました。


<和歌索引>

◆ブログ内の和歌を探す時は、カテゴリーではなく下に示す各一覧を利用してね。

和歌:ブログ収録・歌別一覧
和歌:ブログ収録・作者別一覧
万葉集:ブログ収録和歌一覧
古今集:ブログ収録和歌一覧
新古今集:ブログ収録和歌一覧
小倉百人一首:歌番号順一覧
伊勢物語:ブログ収録和歌一覧
ヨルタモリ:日本古典文学講座:百人一首一覧


<古文や和歌の学習書と古語辞典>

古文や和歌を学ぶための学習書や古語辞典については、おすすめ書籍を紹介した下の各記事を見てね。
《古文・和歌の学習書の記事へ⇒》

《品詞分解付き対訳書の記事へ⇒》

《古語辞典の記事へ⇒》
Sponsored Links
◇関連記事 (前後の7記事を表示)
 その他の記事は、右サイドメニューの「カテゴリ」(和歌などは索引)からどうぞ。
 

Comment (コメント)

 (任意) 未入力時 = よみ人しらず
 (任意) 入力時もコメント欄には非表示
 (必須) 管理人承認後に表示
Private

Categories (カテゴリ)
Search This Blog (ブログ内検索)
Featured Posts (特集・古典の基礎知識)
◆ 古典を得意科目にする記事
My Recommended Books (おすすめ書籍)
◆ 辞書と学習書の記事
Popular Posts (人気記事)
All Posts (すべての記事)
This and That (あれこれ)
  • ブログ記事に誤字や記述間違い等がある場合は、コメント欄から教えてください。
  • このブログのリンクはご自由にどうぞ。
    その際に連絡の必要はありません。
  • 古典作品の解説や和歌の鑑賞文などを目的とした中学生の読者さんもいるようですね。

    このブログの古典文法などは、詳しい文法的説明を求める高校生以上の読者を想定して書いています。一般の中学生には必要のない知識なので、わからなくても気にしないでね。
About This Blog (このブログについて)

んば

Author:んば
Since May 9,2014


くらすらん
暮らす欄くらすらむClass Run

この絵は私のお気に入りで
アンリ・ルソー『眠るジプシーの女』