HOME > 万葉集 > 万葉集 熟田津に船乗りせむと月待てば 品詞分解と訳

万葉集 熟田津に船乗りせむと月待てば 品詞分解と訳

Sponsored Links
 今回は、「万葉集」収録和歌の現代語訳(口語訳・意味)・品詞分解・語句文法解説・修辞法(表現技法)・おすすめ書籍などについて紹介します。


万葉集 巻1・8 額田王(ぬかたのおおきみ)

額田王の歌


熟田津に船乗りせむと月待てば潮もかなひぬ今は漕ぎ出でな


<平仮名> (歴史的仮名遣い)

にきたつに ふなのりせむと つきまてば しほもかなひぬ いまはこぎいでな


<万葉仮名>

熟田津尓 船乗世武登 月待者 潮毛可奈比沼 今者許藝乞菜


<現代語訳>

熟田津で船出をしようと月の出るのを待っていると、月も出、潮も満ちてきた。さあ今こそ漕ぎ出そう。

(661年、斉明天皇・中大兄皇子らが唐・新羅と戦う百済を援護する目的で遠征した折、その途中に停泊した伊予の熟田津で、同行した額田王が作った歌と考えられているが、斉明天皇の作との説もある。)


<品詞分解・語句文法解説>

熟田津(にきたつ) :名詞 愛媛県松山市にあった港とする説が一般的。

に :格助詞

船乗りせ :動詞サ行変格活用「船乗りす」の未然形

む :意志の助動詞「む」の終止形

と :格助詞

月 :名詞

待て :動詞タ行四段活用「待つ」の已然形

ば :順接確定条件(偶然的条件)の接続助詞 ~すると。

潮(しほ) :名詞

も :係助詞

かなひ :動詞ハ行四段活用「かなふ」の連用形 思いどおりになる。

ぬ :完了の助動詞「ぬ」の終止形

今 :名詞

は :係助詞

漕ぎ出で :動詞ダ行下二段活用「漕ぎ出づ」の未然形

な :意志・願望・勧誘を表す上代(奈良時代以前)の終助詞
※「意志」とする説(漕ぎ出そう)、「勧誘」とする説(漕ぎ出そうよ)がある。
Sponsored Links
<作者>

額田王(ぬかたのおおきみ)
生没年未詳(637年頃~690年以後)。飛鳥時代の女流歌人。万葉集第一期。鏡王の娘。歌風は優艶および雄渾(ゆうこん=雄大で勢いがあること)。初め大海人皇子(天武天皇)の妻となって十市皇女を生み、後に大海人皇子(天武天皇)の兄である中大兄皇子(天智天皇)の寵愛を受けたとされる。額田王をめぐる天智天皇と大海人皇子の確執が壬申の乱(672年)の遠因との説もある。


<古典文法の基礎知識>

「古文」を苦手科目から得意科目にする古典文法の基礎知識です。

◇「現代仮名遣い」のルールについては、「現代仮名遣い・発音(読み方)の基礎知識」の記事をどうぞ。

◇「用言の活用と見分け」については、「用言(動詞・形容詞・形容動詞)の活用と見分け方」の記事をどうぞ。

◇「助動詞・助詞の意味」や「係り結び」・「準体法」などについては、「古典文法の必須知識」 の記事をどうぞ。

◇「助動詞の活用と接続」については、「助動詞の活用と接続の覚え方」の記事をどうぞ。

◇「音便」や「敬語(敬意の方向など)」については、 「音便・敬語の基礎知識」の記事をどうぞ。


<和歌の基礎知識>

◎和歌の文法、用語、和歌集、歌風などについては、「和歌の文法・用語の基礎知識」をどうぞ。

◎和歌の修辞法(表現技法)については、「和歌の修辞法(表現技法)の基礎知識」をどうぞ。


<修辞法(表現技法)>

句切れ :四句切れ


<和歌索引>

◆ブログ内の和歌を探す時は、カテゴリーではなく下に示す各一覧を利用してね。

和歌:ブログ収録・歌別一覧
和歌:ブログ収録・作者別一覧
万葉集:ブログ収録和歌一覧
古今集:ブログ収録和歌一覧
新古今集:ブログ収録和歌一覧
小倉百人一首:歌番号順一覧
伊勢物語:ブログ収録和歌一覧
ヨルタモリ:日本古典文学講座:百人一首一覧


<古文や和歌の学習書と古語辞典>

古文や和歌を学ぶための学習書や古語辞典については、おすすめ書籍を紹介した下の各記事を見てね。
《古文・和歌の学習書の記事へ⇒》

《品詞分解付き対訳書の記事へ⇒》

《古語辞典の記事へ⇒》
Sponsored Links
◇関連記事 (前後の7記事を表示)
 その他の記事は、右サイドメニューの「カテゴリ」(和歌などは索引)からどうぞ。
 

Comment (コメント)

 (任意) 未入力時 = よみ人しらず
 (任意) 入力時もコメント欄には非表示
 (必須) 管理人承認後に表示
Private

Categories (カテゴリ)
Search This Blog (ブログ内検索)
Featured Posts (特集・古典の基礎知識)
◆ 古典を得意科目にする記事
My Recommended Books (おすすめ書籍)
◆ 辞書と学習書の記事
Popular Posts (人気記事)
All Posts (すべての記事)
This and That (あれこれ)
  • ブログ記事に誤字や記述間違い等がある場合は、コメント欄から教えてください。
  • このブログのリンクはご自由にどうぞ。
    その際に連絡の必要はありません。
  • 古典作品の解説や和歌の鑑賞文などを目的とした中学生の読者さんもいるようですね。

    このブログの古典文法などは、詳しい文法的説明を求める高校生以上の読者を想定して書いています。一般の中学生には必要のない知識なので、わからなくても気にしないでね。
About This Blog (このブログについて)

んば

Author:んば
Since May 9,2014


くらすらん
暮らす欄くらすらむClass Run

この絵は私のお気に入りで
アンリ・ルソー『眠るジプシーの女』